☆ 総合案内(そろばん式脳トレーニング教室/そろばん教室)
  ⇒ WakuWaku@Soroban/川西珠算学院

☆ 初めての方はお読み下さい
  ⇒ 当ブログの脳トレーニングについて
  ⇒ 当ブログの脳トレーニングをご利用される方へ

☆ そろばん教材ダウンロード
  ⇒ コチラから

☆ そろばん式脳トレーニングの本
  ⇒ そろばん式 脳トレーニングBOOK

  ⇒ 脳がどんどん若返るそろばん不要のそろばん式トレーニング

2006年11月24日

脳トレーニング239 平仮名読み替え (5)

 現在の脳トレーニングは読み替え系のトレーニング、「平仮名読み替え」です。

課題となる表には20個のマスがあり、その中に一文字の平仮名が入っています。これを以下のルールに従って読み替えていきます。


【ルール】
1.
赤い文字では、その文字を五十音の「○行の○」という風に読み替えます。例えば、「き」であれば、「カ行」の「き」、「に」であれば「ナ行」の「に」という風に読み替えます。


2.
黒い文字では、直近の赤い文字からみて五十音順では前か後に読み替えます。



例題がこのテーマの第1回にあるので、初めての方はまずはそちらに取り組んでみて下さい。


  第1回はコチラ





焦る必要はないので、できるだけ間違えないようにしっかりと考えながら取り組んで下さい。そして、できるだけリズムよく読み替えていけるように頑張って下さいね。また、課題文をプリントアウトして、前には○、後には×と書いていくのもいいでしょう。

では、課題に取り組んで下さい。


ランキングチェック
今日の課題はコチラ
posted by わくわく先生 at 22:41 | 大阪 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 脳トレ−読み替え系
2006年11月22日

脳トレーニング238 平仮名読み替え (4)

 現在の脳トレーニングは読み替え系のトレーニング、「平仮名読み替え」です。

課題となる表には20個のマスがあり、その中に一文字の平仮名が入っています。これを以下のルールに従って読み替えていきます。


【ルール】
1.
赤い文字では、その文字を五十音の「○行の○」という風に読み替えます。例えば、「き」であれば、「カ行」の「き」、「に」であれば「ナ行」の「に」という風に読み替えます。


2.
黒い文字では、直近の赤い文字からみて五十音順では前か後に読み替えます。



例題がこのテーマの第1回にあるので、初めての方はまずはそちらに取り組んでみて下さい。


  第1回はコチラ





焦る必要はないので、できるだけ間違えないようにしっかりと考えながら取り組んで下さい。そして、できるだけリズムよく読み替えていけるように頑張って下さいね。また、課題文をプリントアウトして、前には○、後には×と書いていくのもいいでしょう。

では、課題に取り組んで下さい。


ランキングチェック
今日の課題はコチラ
posted by わくわく先生 at 15:31 | 大阪 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 脳トレ−読み替え系
2006年11月21日

脳トレーニング237 平仮名読み替え (3)

 現在の脳トレーニングは読み替え系のトレーニング、「平仮名読み替え」です。

課題となる表には20個のマスがあり、その中に一文字の平仮名が入っています。これを以下のルールに従って読み替えていきます。


【ルール】
1.
赤い文字では、その文字を五十音の「○行の○」という風に読み替えます。例えば、「き」であれば、「カ行」の「き」、「に」であれば「ナ行」の「に」という風に読み替えます。


2.
黒い文字では、直近の赤い文字からみて五十音順では前か後に読み替えます。



例題がこのテーマの第1回にあるので、初めての方はまずはそちらに取り組んでみて下さい。


  第1回はコチラ





焦る必要はないので、できるだけ間違えないようにしっかりと考えながら取り組んで下さい。そして、できるだけリズムよく読み替えていけるように頑張って下さいね。また、課題文をプリントアウトして、前には○、後には×と書いていくのもいいでしょう。

では、課題に取り組んで下さい。


ランキングチェック
今日の課題はコチラ
posted by わくわく先生 at 13:25 | 大阪 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 脳トレ−読み替え系
2006年11月20日

脳トレーニング236 平仮名読み替え (2)

 現在の脳トレーニングは読み替え系のトレーニング、「平仮名読み替え」です。

課題となる表には20個のマスがあり、その中に一文字の平仮名が入っています。これを以下のルールに従って読み替えていきます。


【ルール】
1.
赤い文字では、その文字を五十音の「○行の○」という風に読み替えます。例えば、「き」であれば、「カ行」の「き」、「に」であれば「ナ行」の「に」という風に読み替えます。


2.
黒い文字では、直近の赤い文字からみて五十音順では前か後に読み替えます。



例題がこのテーマの第1回にあるので、初めての方はまずはそちらに取り組んでみて下さい。


  第1回はコチラ





焦る必要はないので、できるだけ間違えないようにしっかりと考えながら取り組んで下さい。そして、できるだけリズムよく読み替えていけるように頑張って下さいね。また、課題文をプリントアウトして、前には○、後には×と書いていくのもいいでしょう。

では、課題に取り組んで下さい。


ランキングチェック
今日の課題はコチラ
posted by わくわく先生 at 23:00 | 大阪 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 脳トレ−読み替え系
2006年11月17日

脳トレーニング235 平仮名読み替え (1)

 今日からの脳トレーニングは読み替え系のトレーニング、「平仮名読み替え」です。

課題となる表には20個のマスがあり、その中に一文字の平仮名が入っています。これを以下のルールに従って読み替えていきます。


【ルール】
1.
赤い文字では、その文字を五十音の「○行の○」という風に読み替えます。例えば、「き」であれば、「カ行」の「き」、「に」であれば「ナ行」の「に」という風に読み替えます。


2.
黒い文字では、直近の赤い文字からみて五十音順では前か後に読み替えます。



ちょっと練習してみましょう。


【例題】

  き  そ    み  や


「に」は赤文字ですから、「ナ行」の「に」と読み替えます。

「き」は黒字ですから、直近の赤字である「に」と比べて五十音順で前か後かに読み替えます。「き」は五十音順では「に」よりも前になりますから、ココでは「前」と読み替えることになります。

「そ」も黒字ですから、これも直近の赤字である「に」と比べます。「そ」は五十音順では「に」より前ですからココでも「前」と読み替えます。

「て」は赤字ですから、「タ行」の「て」と読み替えます。

「み」は黒字です。直近の赤字である「て」と比べると五十音順では後になりますから、「後」と読み替えます。

「や」も黒字ですので、直近の赤字「て」と五十音順で比べ、「後」と読み替えます。



要領はわかりましたか?
焦る必要はないので、できるだけ間違えないようにしっかりと考えながら取り組んで下さい。そして、できるだけリズムよく読み替えていけるように頑張って下さいね。また、課題文をプリントアウトして、前には○、後には×と書いていくのもいいでしょう。

では、課題に取り組んで下さい。


ランキングチェック
今日の課題はコチラ
posted by わくわく先生 at 18:26 | 大阪 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 脳トレ−読み替え系
2006年05月26日

脳トレーニング114 本数の読み替え (10)

例えば、さくらの本数を数える時は、


  1本、2本、3本、・・・、10本


と数えますね。

読み方は、


 1本(いっぽん  = 1PON)
 2本(にほん   = 2HON)
 3本(さんぼん  = 3BON)
 4本(よんほん  = 4HON)
 5本(ごほん   = 5HON)
 6本(ろっぽん  = 6PON)
 7本(ななほん  = 7HON)
 8本(はっぽん  = 8PON)
 9本(きゅうほん = 9HON)
  ・
  ・
  ・


※表記上、濁点と半濁点がわかりにくいのでローマ字でも示しています。





1本の時は、「ぽん(PON)」
2本の時は、「ほん(HON)」
3本の時は、「ぼん(BON)」
  ・
  ・
  ・



数字によって、「ぽん(PON)」であったり「ほん(HON)」であったり「ぼん(BON)」であったりします。


現在の脳トレーニングのテーマはこんなことを利用しての脳トレーニングです。



下記には15個の数字が書いてあります。書いてあるのは数字だけですが、それぞれを、○本という数え方に頭の中で変換します。そして、「ぽん(PON)」の時は「○」を、「ほん(HON)」の時は「△」を、「ぼん(BON)」の時は「×」を書いていって下さい。

 印刷のできる方は、このページを印刷して、その数字の上に「○」「△」「×」を書いていって下さい。プリンタが無いなど印刷できる環境の無い方は、まずは紙に15個の数字を書いて、書いた数字の上に「○」「△」「×」を書いていって下さい。


※8本は「はちほん(8HON)」とも「はっぽん(8PON)」とも数えられますが、ココでは「はっぽん(8PON)」と数えることにします。また、他にも方言によって違う数え方をする場合もあるかと思いますが、上記の例に沿った数え方をして下さい。



 さぁ、要領はわかりましたか?


もう一度ルールを再確認。

 ぽん(PON)と数える時は「○」
 ほん(HON)と数える時は「△」
 ぼん(BON)と数える時は「×」


です。

大切なことは上記のルールをしっかり覚えること、および覚えたルールを引き出す為に脳を使うことです。これが脳の訓練になります。

おもしろそうだけど、難しいから今回のはやめとうこうと思ったあなた。それでは脳は衰えるばかりですよ。脳の筋肉を鍛えるには、毎日、脳を使うことが一番大切なことです。頑張りましょう。




さぁ、よろしいですか?
では、はじめましょう。



6  2  5  3  7


4  1  9  8  2


3  6  5  2  1





答えは一番下に。
==============================================
答え合わせをする前に・・・

 当サイトはブログランキングに参加しています。
 当サイトの脳トレーニングが役に立った、面白かったいう方は
 1日1回ランキングへの投票をお願いします。

     ⇒ コチラをクリック
(クリックで投票となります。)

 毎日、こうして脳トレーニングを更新する気になれるのも、
 皆様方の応援があってこそです。ありがとうございます。

==============================================




【解答】
○  △  △  ×  △

△  ○  △  ○  △

×  ○  △  △  ○
posted by わくわく先生 at 13:42 | 大阪 ☁ | Comment(0) | 脳トレ−読み替え系
2006年05月25日

脳トレーニング113 本数の読み替え (9)

例えば、さくらの本数を数える時は、


  1本、2本、3本、・・・、10本


と数えますね。

読み方は、


 1本(いっぽん  = 1PON)
 2本(にほん   = 2HON)
 3本(さんぼん  = 3BON)
 4本(よんほん  = 4HON)
 5本(ごほん   = 5HON)
 6本(ろっぽん  = 6PON)
 7本(ななほん  = 7HON)
 8本(はっぽん  = 8PON)
 9本(きゅうほん = 9HON)
  ・
  ・
  ・


※表記上、濁点と半濁点がわかりにくいのでローマ字でも示しています。





1本の時は、「ぽん(PON)」
2本の時は、「ほん(HON)」
3本の時は、「ぼん(BON)」
  ・
  ・
  ・



数字によって、「ぽん(PON)」であったり「ほん(HON)」であったり「ぼん(BON)」であったりします。


現在の脳トレーニングのテーマはこんなことを利用しての脳トレーニングです。



下記には15個の数字が書いてあります。書いてあるのは数字だけですが、それぞれを、○本という数え方に頭の中で変換します。そして、「ぽん(PON)」の時は「○」を、「ほん(HON)」の時は「△」を、「ぼん(BON)」の時は「×」を書いていって下さい。

 印刷のできる方は、このページを印刷して、その数字の上に「○」「△」「×」を書いていって下さい。プリンタが無いなど印刷できる環境の無い方は、まずは紙に15個の数字を書いて、書いた数字の上に「○」「△」「×」を書いていって下さい。


※8本は「はちほん(8HON)」とも「はっぽん(8PON)」とも数えられますが、ココでは「はっぽん(8PON)」と数えることにします。また、他にも方言によって違う数え方をする場合もあるかと思いますが、上記の例に沿った数え方をして下さい。



 さぁ、要領はわかりましたか?


もう一度ルールを再確認。

 ぽん(PON)と数える時は「○」
 ほん(HON)と数える時は「△」
 ぼん(BON)と数える時は「×」


です。

大切なことは上記のルールをしっかり覚えること、および覚えたルールを引き出す為に脳を使うことです。これが脳の訓練になります。

おもしろそうだけど、難しいから今回のはやめとうこうと思ったあなた。それでは脳は衰えるばかりですよ。脳の筋肉を鍛えるには、毎日、脳を使うことが一番大切なことです。頑張りましょう。




さぁ、よろしいですか?
では、はじめましょう。



5  8  2  6  4


3  1  9  8  7


6  5  3  4  2





答えは一番下に。
==============================================
答え合わせをする前に・・・

 当サイトはブログランキングに参加しています。
 当サイトの脳トレーニングが役に立った、面白かったいう方は
 1日1回ランキングへの投票をお願いします。

     ⇒ コチラをクリック
(クリックで投票となります。)

 毎日、こうして脳トレーニングを更新する気になれるのも、
 皆様方の応援があってこそです。ありがとうございます。

==============================================




【解答】
△  ○  △  ○  △

×  ○  △  ○  △

○  △  ×  △  △
posted by わくわく先生 at 12:15 | 大阪 ☀ | Comment(0) | 脳トレ−読み替え系
2006年05月24日

脳トレーニング112 本数の読み替え (8)

例えば、さくらの本数を数える時は、


  1本、2本、3本、・・・、10本


と数えますね。

読み方は、


 1本(いっぽん  = 1PON)
 2本(にほん   = 2HON)
 3本(さんぼん  = 3BON)
 4本(よんほん  = 4HON)
 5本(ごほん   = 5HON)
 6本(ろっぽん  = 6PON)
 7本(ななほん  = 7HON)
 8本(はっぽん  = 8PON)
 9本(きゅうほん = 9HON)
  ・
  ・
  ・


※表記上、濁点と半濁点がわかりにくいのでローマ字でも示しています。





1本の時は、「ぽん(PON)」
2本の時は、「ほん(HON)」
3本の時は、「ぼん(BON)」
  ・
  ・
  ・



数字によって、「ぽん(PON)」であったり「ほん(HON)」であったり「ぼん(BON)」であったりします。


現在の脳トレーニングのテーマはこんなことを利用しての脳トレーニングです。



下記には15個の数字が書いてあります。書いてあるのは数字だけですが、それぞれを、○本という数え方に頭の中で変換します。そして、「ぽん(PON)」の時は「○」を、「ほん(HON)」の時は「△」を、「ぼん(BON)」の時は「×」を書いていって下さい。

 印刷のできる方は、このページを印刷して、その数字の上に「○」「△」「×」を書いていって下さい。プリンタが無いなど印刷できる環境の無い方は、まずは紙に15個の数字を書いて、書いた数字の上に「○」「△」「×」を書いていって下さい。


※8本は「はちほん(8HON)」とも「はっぽん(8PON)」とも数えられますが、ココでは「はっぽん(8PON)」と数えることにします。また、他にも方言によって違う数え方をする場合もあるかと思いますが、上記の例に沿った数え方をして下さい。



 さぁ、要領はわかりましたか?


もう一度ルールを再確認。

 ぽん(PON)と数える時は「○」
 ほん(HON)と数える時は「△」
 ぼん(BON)と数える時は「×」


です。

大切なことは上記のルールをしっかり覚えること、および覚えたルールを引き出す為に脳を使うことです。これが脳の訓練になります。

おもしろそうだけど、難しいから今回のはやめとうこうと思ったあなた。それでは脳は衰えるばかりですよ。脳の筋肉を鍛えるには、毎日、脳を使うことが一番大切なことです。頑張りましょう。




さぁ、よろしいですか?
では、はじめましょう。



8  7  3  6  2


1  5  9  6  4


1  8  5  3  9





答えは一番下に。
==============================================
答え合わせをする前に・・・

 当サイトはブログランキングに参加しています。
 当サイトの脳トレーニングが役に立った、面白かったいう方は
 1日1回ランキングへの投票をお願いします。

     ⇒ コチラをクリック
(クリックで投票となります。)

 毎日、こうして脳トレーニングを更新する気になれるのも、
 皆様方の応援があってこそです。ありがとうございます。

==============================================




【解答】
○  △  ×  ○  △

○  △  △  ○  △

○  ○  △  ×  △
posted by わくわく先生 at 12:43 | 大阪 🌁 | Comment(0) | 脳トレ−読み替え系
2006年05月23日

脳トレーニング111 本数の読み替え (7)

例えば、さくらの本数を数える時は、


  1本、2本、3本、・・・、10本


と数えますね。

読み方は、


 1本(いっぽん  = 1PON)
 2本(にほん   = 2HON)
 3本(さんぼん  = 3BON)
 4本(よんほん  = 4HON)
 5本(ごほん   = 5HON)
 6本(ろっぽん  = 6PON)
 7本(ななほん  = 7HON)
 8本(はっぽん  = 8PON)
 9本(きゅうほん = 9HON)
  ・
  ・
  ・


※表記上、濁点と半濁点がわかりにくいのでローマ字でも示しています。





1本の時は、「ぽん(PON)」
2本の時は、「ほん(HON)」
3本の時は、「ぼん(BON)」
  ・
  ・
  ・



数字によって、「ぽん(PON)」であったり「ほん(HON)」であったり「ぼん(BON)」であったりします。


現在の脳トレーニングのテーマはこんなことを利用しての脳トレーニングです。



下記には15個の数字が書いてあります。書いてあるのは数字だけですが、それぞれを、○本という数え方に頭の中で変換します。そして、「ぽん(PON)」の時は「○」を、「ほん(HON)」の時は「△」を、「ぼん(BON)」の時は「×」を書いていって下さい。

 印刷のできる方は、このページを印刷して、その数字の上に「○」「△」「×」を書いていって下さい。プリンタが無いなど印刷できる環境の無い方は、まずは紙に15個の数字を書いて、書いた数字の上に「○」「△」「×」を書いていって下さい。


※8本は「はちほん(8HON)」とも「はっぽん(8PON)」とも数えられますが、ココでは「はっぽん(8PON)」と数えることにします。また、他にも方言によって違う数え方をする場合もあるかと思いますが、上記の例に沿った数え方をして下さい。



 さぁ、要領はわかりましたか?


もう一度ルールを再確認。

 ぽん(PON)と数える時は「○」
 ほん(HON)と数える時は「△」
 ぼん(BON)と数える時は「×」


です。

大切なことは上記のルールをしっかり覚えること、および覚えたルールを引き出す為に脳を使うことです。これが脳の訓練になります。

おもしろそうだけど、難しいから今回のはやめとうこうと思ったあなた。それでは脳は衰えるばかりですよ。脳の筋肉を鍛えるには、毎日、脳を使うことが一番大切なことです。頑張りましょう。




さぁ、よろしいですか?
では、はじめましょう。



7  3  5  2  8


9  7  1  3  5


3  6  2  7  1





答えは一番下に。
==============================================
答え合わせをする前に・・・

 当サイトはブログランキングに参加しています。
 当サイトの脳トレーニングが役に立った、面白かったいう方は
 1日1回ランキングへの投票をお願いします。

     ⇒ コチラをクリック
(クリックで投票となります。)

 毎日、こうして脳トレーニングを更新する気になれるのも、
 皆様方の応援があってこそです。ありがとうございます。

==============================================




【解答】
△  ×  △  △  ○

△  △  ○  ×  △

×  ○  △  △  ○
posted by わくわく先生 at 13:09 | 大阪 ☔ | Comment(0) | 脳トレ−読み替え系
2006年05月22日

脳トレーニング110 本数の読み替え (6)

例えば、さくらの本数を数える時は、


  1本、2本、3本、・・・、10本


と数えますね。

読み方は、


 1本(いっぽん  = 1PON)
 2本(にほん   = 2HON)
 3本(さんぼん  = 3BON)
 4本(よんほん  = 4HON)
 5本(ごほん   = 5HON)
 6本(ろっぽん  = 6PON)
 7本(ななほん  = 7HON)
 8本(はっぽん  = 8PON)
 9本(きゅうほん = 9HON)
  ・
  ・
  ・


※表記上、濁点と半濁点がわかりにくいのでローマ字でも示しています。





1本の時は、「ぽん(PON)」
2本の時は、「ほん(HON)」
3本の時は、「ぼん(BON)」
  ・
  ・
  ・



数字によって、「ぽん(PON)」であったり「ほん(HON)」であったり「ぼん(BON)」であったりします。


現在の脳トレーニングのテーマはこんなことを利用しての脳トレーニングです。



下記には15個の数字が書いてあります。書いてあるのは数字だけですが、それぞれを、○本という数え方に頭の中で変換します。そして、「ぽん(PON)」の時は「○」を、「ほん(HON)」の時は「△」を、「ぼん(BON)」の時は「×」を書いていって下さい。

 印刷のできる方は、このページを印刷して、その数字の上に「○」「△」「×」を書いていって下さい。プリンタが無いなど印刷できる環境の無い方は、まずは紙に15個の数字を書いて、書いた数字の上に「○」「△」「×」を書いていって下さい。


※8本は「はちほん(8HON)」とも「はっぽん(8PON)」とも数えられますが、ココでは「はっぽん(8PON)」と数えることにします。また、他にも方言によって違う数え方をする場合もあるかと思いますが、上記の例に沿った数え方をして下さい。



 さぁ、要領はわかりましたか?


もう一度ルールを再確認。

 ぽん(PON)と数える時は「○」
 ほん(HON)と数える時は「△」
 ぼん(BON)と数える時は「×」


です。

大切なことは上記のルールをしっかり覚えること、および覚えたルールを引き出す為に脳を使うことです。これが脳の訓練になります。

おもしろそうだけど、難しいから今回のはやめとうこうと思ったあなた。それでは脳は衰えるばかりですよ。脳の筋肉を鍛えるには、毎日、脳を使うことが一番大切なことです。頑張りましょう。




さぁ、よろしいですか?
では、はじめましょう。



1  3  2  6  7


8  9  4  5  3


7  6  5  3  1





答えは一番下に。
==============================================
答え合わせをする前に・・・

 当サイトはブログランキングに参加しています。
 当サイトの脳トレーニングが役に立った、面白かったいう方は
 1日1回ランキングへの投票をお願いします。

     ⇒ コチラをクリック
(クリックで投票となります。)

 毎日、こうして脳トレーニングを更新する気になれるのも、
 皆様方の応援があってこそです。ありがとうございます。

==============================================




【解答】
○  ×  △  ○  △

○  △  △  △  ×

△  ○  △  ×  ○
posted by わくわく先生 at 12:02 | 大阪 ☁ | Comment(0) | 脳トレ−読み替え系
2006年05月19日

脳トレーニング109 本数の読み替え (5)

例えば、さくらの本数を数える時は、


  1本、2本、3本、・・・、10本


と数えますね。

読み方は、


 1本(いっぽん  = 1PON)
 2本(にほん   = 2HON)
 3本(さんぼん  = 3BON)
 4本(よんほん  = 4HON)
 5本(ごほん   = 5HON)
 6本(ろっぽん  = 6PON)
 7本(ななほん  = 7HON)
 8本(はっぽん  = 8PON)
 9本(きゅうほん = 9HON)
  ・
  ・
  ・


※表記上、濁点と半濁点がわかりにくいのでローマ字でも示しています。





1本の時は、「ぽん(PON)」
2本の時は、「ほん(HON)」
3本の時は、「ぼん(BON)」
  ・
  ・
  ・



数字によって、「ぽん(PON)」であったり「ほん(HON)」であったり「ぼん(BON)」であったりします。


現在の脳トレーニングのテーマはこんなことを利用しての脳トレーニングです。



下記には15個の数字が書いてあります。書いてあるのは数字だけですが、それぞれを、○本という数え方に頭の中で変換します。そして、「ぽん(PON)」の時は「○」を、「ほん(HON)」の時は「△」を、「ぼん(BON)」の時は「×」を書いていって下さい。

 印刷のできる方は、このページを印刷して、その数字の上に「○」「△」「×」を書いていって下さい。プリンタが無いなど印刷できる環境の無い方は、まずは紙に15個の数字を書いて、書いた数字の上に「○」「△」「×」を書いていって下さい。


※8本は「はちほん(8HON)」とも「はっぽん(8PON)」とも数えられますが、ココでは「はっぽん(8PON)」と数えることにします。また、他にも方言によって違う数え方をする場合もあるかと思いますが、上記の例に沿った数え方をして下さい。



 さぁ、要領はわかりましたか?


もう一度ルールを再確認。

 ぽん(PON)と数える時は「○」
 ほん(HON)と数える時は「△」
 ぼん(BON)と数える時は「×」


です。

大切なことは上記のルールをしっかり覚えること、および覚えたルールを引き出す為に脳を使うことです。これが脳の訓練になります。

おもしろそうだけど、難しいから今回のはやめとうこうと思ったあなた。それでは脳は衰えるばかりですよ。脳の筋肉を鍛えるには、毎日、脳を使うことが一番大切なことです。頑張りましょう。




さぁ、よろしいですか?
では、はじめましょう。



9  3  6  7  5


1  2  8  4  3


4  9  3  6  2





答えは一番下に。
==============================================
答え合わせをする前に・・・

 当サイトはブログランキングに参加しています。
 当サイトの脳トレーニングが役に立った、面白かったいう方は
 1日1回ランキングへの投票をお願いします。

     ⇒ コチラをクリック
(クリックで投票となります。)

 毎日、こうして脳トレーニングを更新する気になれるのも、
 皆様方の応援があってこそです。ありがとうございます。

==============================================




【解答】
△  ×  ○  △  △

○  △  ○  △  ×

△  △  ×  ○  △
posted by わくわく先生 at 13:08 | 大阪 ☔ | Comment(0) | 脳トレ−読み替え系
2006年05月18日

脳トレーニング108 本数の読み替え (4)

例えば、さくらの本数を数える時は、


  1本、2本、3本、・・・、10本


と数えますね。

読み方は、


 1本(いっぽん  = 1PON)
 2本(にほん   = 2HON)
 3本(さんぼん  = 3BON)
 4本(よんほん  = 4HON)
 5本(ごほん   = 5HON)
 6本(ろっぽん  = 6PON)
 7本(ななほん  = 7HON)
 8本(はっぽん  = 8PON)
 9本(きゅうほん = 9HON)
  ・
  ・
  ・


※表記上、濁点と半濁点がわかりにくいのでローマ字でも示しています。





1本の時は、「ぽん(PON)」
2本の時は、「ほん(HON)」
3本の時は、「ぼん(BON)」
  ・
  ・
  ・



数字によって、「ぽん(PON)」であったり「ほん(HON)」であったり「ぼん(BON)」であったりします。


現在の脳トレーニングのテーマはこんなことを利用しての脳トレーニングです。



下記には15個の数字が書いてあります。書いてあるのは数字だけですが、それぞれを、○本という数え方に頭の中で変換します。そして、「ぽん(PON)」の時は「○」を、「ほん(HON)」の時は「△」を、「ぼん(BON)」の時は「×」を書いていって下さい。

 印刷のできる方は、このページを印刷して、その数字の上に「○」「△」「×」を書いていって下さい。プリンタが無いなど印刷できる環境の無い方は、まずは紙に15個の数字を書いて、書いた数字の上に「○」「△」「×」を書いていって下さい。


※8本は「はちほん(8HON)」とも「はっぽん(8PON)」とも数えられますが、ココでは「はっぽん(8PON)」と数えることにします。また、他にも方言によって違う数え方をする場合もあるかと思いますが、上記の例に沿った数え方をして下さい。



 さぁ、要領はわかりましたか?


もう一度ルールを再確認。

 ぽん(PON)と数える時は「○」
 ほん(HON)と数える時は「△」
 ぼん(BON)と数える時は「×」


です。

大切なことは上記のルールをしっかり覚えること、および覚えたルールを引き出す為に脳を使うことです。これが脳の訓練になります。

おもしろそうだけど、難しいから今回のはやめとうこうと思ったあなた。それでは脳は衰えるばかりですよ。脳の筋肉を鍛えるには、毎日、脳を使うことが一番大切なことです。頑張りましょう。




さぁ、よろしいですか?
では、はじめましょう。



4  7  1  3  8


9  5  6  2  3


6  4  3  7  1





答えは一番下に。
==============================================
答え合わせをする前に・・・

 当サイトはブログランキングに参加しています。
 当サイトの脳トレーニングが役に立った、面白かったいう方は
 1日1回ランキングへの投票をお願いします。

     ⇒ コチラをクリック
(クリックで投票となります。)

 毎日、こうして脳トレーニングを更新する気になれるのも、
 皆様方の応援があってこそです。ありがとうございます。

==============================================




【解答】
△  △  ○  ×  ○

△  △  ○  △  ×

○  △  ×  △  ○
posted by わくわく先生 at 12:24 | 大阪 ☁ | Comment(2) | 脳トレ−読み替え系
2006年05月17日

脳トレーニング107 本数の読み替え (3)

例えば、さくらの本数を数える時は、


  1本、2本、3本、・・・、10本


と数えますね。

読み方は、


 1本(いっぽん  = 1PON)
 2本(にほん   = 2HON)
 3本(さんぼん  = 3BON)
 4本(よんほん  = 4HON)
 5本(ごほん   = 5HON)
 6本(ろっぽん  = 6PON)
 7本(ななほん  = 7HON)
 8本(はっぽん  = 8PON)
 9本(きゅうほん = 9HON)
  ・
  ・
  ・


※表記上、濁点と半濁点がわかりにくいのでローマ字でも示しています。





1本の時は、「ぽん(PON)」
2本の時は、「ほん(HON)」
3本の時は、「ぼん(BON)」
  ・
  ・
  ・



数字によって、「ぽん(PON)」であったり「ほん(HON)」であったり「ぼん(BON)」であったりします。


現在の脳トレーニングのテーマはこんなことを利用しての脳トレーニングです。



下記には15個の数字が書いてあります。書いてあるのは数字だけですが、それぞれを、○本という数え方に頭の中で変換します。そして、「ぽん(PON)」の時は「○」を、「ほん(HON)」の時は「△」を、「ぼん(BON)」の時は「×」を書いていって下さい。

 印刷のできる方は、このページを印刷して、その数字の上に「○」「△」「×」を書いていって下さい。プリンタが無いなど印刷できる環境の無い方は、まずは紙に15個の数字を書いて、書いた数字の上に「○」「△」「×」を書いていって下さい。


※8本は「はちほん(8HON)」とも「はっぽん(8PON)」とも数えられますが、ココでは「はっぽん(8PON)」と数えることにします。また、他にも方言によって違う数え方をする場合もあるかと思いますが、上記の例に沿った数え方をして下さい。



 さぁ、要領はわかりましたか?


もう一度ルールを再確認。

 ぽん(PON)と数える時は「○」
 ほん(HON)と数える時は「△」
 ぼん(BON)と数える時は「×」


です。

大切なことは上記のルールをしっかり覚えること、および覚えたルールを引き出す為に脳を使うことです。これが脳の訓練になります。

おもしろそうだけど、難しいから今回のはやめとうこうと思ったあなた。それでは脳は衰えるばかりですよ。脳の筋肉を鍛えるには、毎日、脳を使うことが一番大切なことです。頑張りましょう。




さぁ、よろしいですか?
では、はじめましょう。



5  1  7  6  9


3  2  1  4  8


7  6  3  2  1





答えは一番下に。
==============================================
答え合わせをする前に・・・

 当サイトはブログランキングに参加しています。
 当サイトの脳トレーニングが役に立った、面白かったいう方は
 1日1回ランキングへの投票をお願いします。

     ⇒ コチラをクリック
(クリックで投票となります。)

 毎日、こうして脳トレーニングを更新する気になれるのも、
 皆様方の応援のおかげです。ありがとうございます。

==============================================




【解答】
△  ○  △  ○  △

×  △  ○  △  ○

△  ○  ×  △  ○
posted by わくわく先生 at 12:46 | 大阪 🌁 | Comment(0) | 脳トレ−読み替え系
2006年05月16日

脳トレーニング106 本数の読み替え (2)

例えば、さくらの本数を数える時は、


  1本、2本、3本、・・・、10本


と数えますね。

読み方は、


 1本(いっぽん  = 1PON)
 2本(にほん   = 2HON)
 3本(さんぼん  = 3BON)
 4本(よんほん  = 4HON)
 5本(ごほん   = 5HON)
 6本(ろっぽん  = 6PON)
 7本(ななほん  = 7HON)
 8本(はっぽん  = 8PON)
 9本(きゅうほん = 9HON)
  ・
  ・
  ・


※表記上、濁点と半濁点がわかりにくいのでローマ字でも示しています。





1本の時は、「ぽん(PON)」
2本の時は、「ほん(HON)」
3本の時は、「ぼん(BON)」
  ・
  ・
  ・



数字によって、「ぽん(PON)」であったり「ほん(HON)」であったり「ぼん(BON)」であったりします。


現在の脳トレーニングのテーマはこんなことを利用しての脳トレーニングです。



下記には15個の数字が書いてあります。書いてあるのは数字だけですが、それぞれを、○本という数え方に頭の中で変換します。そして、「ぽん(PON)」の時は「○」を、「ほん(HON)」の時は「△」を、「ぼん(BON)」の時は「×」を書いていって下さい。

 印刷のできる方は、このページを印刷して、その数字の上に「○」「△」「×」を書いていって下さい。プリンタが無いなど印刷できる環境の無い方は、まずは紙に15個の数字を書いて、書いた数字の上に「○」「△」「×」を書いていって下さい。


※8本は「はちほん(8HON)」とも「はっぽん(8PON)」とも数えられますが、ココでは「はっぽん(8PON)」と数えることにします。また、他にも方言によって違う数え方をする場合もあるかと思いますが、上記の例に沿った数え方をして下さい。



 さぁ、要領はわかりましたか?


もう一度ルールを再確認。

 ぽん(PON)と数える時は「○」
 ほん(HON)と数える時は「△」
 ぼん(BON)と数える時は「×」


です。

大切なことは上記のルールをしっかり覚えること、および覚えたルールを引き出す為に脳を使うことです。これが脳の訓練になります。

おもしろそうだけど、難しいから今回のはやめとうこうと思ったあなた。それでは脳は衰えるばかりですよ。脳の筋肉を鍛えるには、毎日、脳を使うことが一番大切なことです。頑張りましょう。




さぁ、よろしいですか?
では、はじめましょう。



2  5  8  4  3


6  9  3  1  7


6  3  9  4  1





答えは一番下に。
==============================================
答え合わせをする前に・・・

 当サイトはブログランキングに参加しています。
 当サイトの脳トレーニングが役に立った、面白かったいう方は
 1日1回ランキングへの投票をお願いします。

     ⇒ コチラをクリック
(クリックで投票となります。)
==============================================




【解答】
△  △  ○  △  ×

○  △  ×  ○  △

○  ×  △  △  ○
posted by わくわく先生 at 13:33 | 大阪 ☁ | Comment(0) | 脳トレ−読み替え系
2006年05月15日

脳トレーニング105 本数の読み替え (1)

先週までの脳トレーニングでは、さくらの本数を数えましたね。


  1本、2本、3本、・・・、10本


突然ですが、日本語って難しいと思いませんか?
上記のさくらを数えてみて下さい。


 1本(いっぽん  = 1PON)
 2本(にほん   = 2HON)
 3本(さんぼん  = 3BON)
 4本(よんほん  = 4HON)
 5本(ごほん   = 5HON)
 6本(ろっぽん  = 6PON)
 7本(ななほん  = 7HON)
 8本(はっぽん  = 8PON)
 9本(きゅうほん = 9HON)
  ・
  ・
  ・


※表記上、濁点と半濁点がわかりにくいのでローマ字でも示しています。





1本の時は、「ぽん(PON)」
2本の時は、「ほん(HON)」
3本の時は、「ぼん(BON)」
  ・
  ・
  ・



数字によって、「ぽん(PON)」であったり「ほん(HON)」であったり「ぼん(BON)」であったりしますね。


今日からの脳トレーニングはこんなことを利用しての脳トレーニングです。



下記には15個の数字が書いてあります。書いてあるのは数字だけですが、それぞれを、○本という数え方に頭の中で変換します。そして、「ぽん(PON)」の時は「○」を、「ほん(HON)」の時は「△」を、「ぼん(BON)」の時は「×」を書いていって下さい。

 印刷のできる方は、このページを印刷して、その数字の上に「○」「△」「×」を書いていって下さい。プリンタが無いなど印刷できる環境の無い方は、まずは紙に15個の数字を書いて、書いた数字の上に「○」「△」「×」を書いていって下さい。


※8本は「はちほん(8HON)」とも「はっぽん(8PON)」とも数えられますが、ココでは「はっぽん(8PON)」と数えることにします。また、他にも方言によって違う数え方をする場合もあるかと思いますが、上記の例に沿った数え方をして下さい。



 さぁ、要領はわかりましたか?


もう一度ルールを再確認。

 ぽん(PON)と数える時は「○」
 ほん(HON)と数える時は「△」
 ぼん(BON)と数える時は「×」


です。

大切なことは上記のルールをしっかり覚えること、および覚えたルールを引き出す為に脳を使うことです。これが脳の訓練になります。

おもしろそうだけど、難しいから今回のはやめとうこうと思ったそこのあなた。そう、あなたです。それでは脳は衰えるばかりですよ。時間がかかっても、できなくても、挑戦することに意味があるのです。




さぁ、よろしいですか?
では、はじめましょう。



3  7  1  6  9


2  8  3  4  1


5  7  2  8  3





答えは一番下に。
==============================================
答え合わせをする前に・・・

 当サイトはブログランキングに参加しています。
 当サイトの脳トレーニングが役に立った、面白かったいう方は
 1日1回ランキングへの投票をお願いします。

     ⇒ コチラをクリック
(クリックで投票となります。)
==============================================




【解答】
×  △  ○  ○  △

△  ○  ×  △  ○

△  △  △  ○  ×
posted by わくわく先生 at 12:44 | 大阪 | Comment(0) | 脳トレ−読み替え系
2006年04月01日

脳トレーニング74 日にちの読み替え〜応用編(2)

 昨日と今日は脳トレーニングのテーマとして、「日にちの読み替え」の応用編をやっています。今日は昨日よりもさらに難しいです。何度もチャレンジしてスムーズにできるようになるまでやってみましょう。


 下記の表には、31日、1日、2日、昨日、今日、明日という6つの言葉が書いてあります。今日は1日ですね。このページを1日以外に見た方も、仮に今日は1日として下さい。

 そして一段目の左から順に読んでいきます。ここでのルールは31日、2日は、それぞれ、昨日、明日と読み替えてください。逆に、昨日、明日31日、2日と読み替えてます。

 昨日までの課題では、今日1日1日今日と読み替えていたのですが、今日、4月1日は・・・、そう。エイプリルフールですね。上手に嘘をついてみましょう。よって、今日31日2日のどちらかに、1日は、昨日明日のどちらかに読み替えます。例を示しましょう。



【例題】 

2日   昨日   明日
1日   今日   31日


(1つめ)2日と書いてあるので明日と読む。
(2つめ)昨日と書いてあるので31日と読む。
(3つめ)明日と書いてあるので2日と読む。
(4つめ)1日と書いてあるので昨日もしくは明日と読む。
(5つめ)今日と書いてあるので31日もしくは2日と読む。
(6つめ)31日と書いてあるので昨日と読む。


頭の整理はよろしいですか?では本番です。
焦らずに正確に読み上げることを優先してやって下さい。
また、できるだけ同じリズムでやるように意識して下さい。
これまでの日にちの読み替えで最も難しいですが、スムーズにできるようになるまで何度もチャレンジしてみましょう。

では、始めてください。


画像はクリックすると大きくなります。
060401_昨日今日明日.jpg




☆ 当サイトは、ブログランキングで3月31日現在、
   健康と医療(全般)部門で第4位
   健康と医療(福祉・介護 )部門で第3位です。
   ありがとうございます。

   ランキングはこちら ⇒ Blog Ranking

☆ 脳トレーニングが役に立ってるという方は
   是非、ランキングサイトへの一票をお願いします。
     ⇒ コチラをクリック (1日1クリックのみ有効)



このブログのトップへ

posted by わくわく先生 at 12:58 | 大阪 ☀ | Comment(1) | 脳トレ−読み替え系
2006年03月31日

脳トレーニング73 日にちの読み替え〜応用編(1)

 昨日までの脳トレーニングのテーマとして、「日にちの読み替え」をやっていましたが、今日と明日は、その応用編をやりましょう。昨日までよりも難しいですが、スムーズにできるようになるまで何度もチャレンジしてみて下さいね。

 下記の表には、30日、31日、1日、昨日、今日、来月という6つの言葉が書いてあります。今日は31日ですね。このページを31日以外に見た方も、仮に今日は31日として下さい。

 そして一段目の左から順に読んでいきます。ここでのルールは30日、31日、1日は、それぞれ、昨日、今日、来月と読み替えてください。逆に、昨日、今日、来月30日、31日、1日と読み替えてください。例を示しましょう。


【例題】 

1日   昨日   来月
31日   今日   30日


(1つめ)1日と書いてあるので来月と読む。
(2つめ)昨日と書いてあるので30日と読む。
(3つめ)来月と書いてあるので1日と読む。
(4つめ)31日と書いてあるので今日と読む。
(5つめ)今日と書いてあるので31日と読む。
(6つめ)30日と書いてあるので昨日と読む。


よろしいですか?では本番です。
焦らずに正確に読み上げることを優先してやって下さい。
また、できるだけ同じリズムでやるように意識して下さい。
昨日までよりも少し難しいかと思いますが、スムーズにできるようになるまで何度もチャレンジしてみましょう。

では、始めてください。


画像はクリックすると大きくなります。
060331_昨日今日明日.jpg


☆ 当サイトは、ブログランキングで3月30日現在、
   健康と医療(全般)部門で第4位
   健康と医療(福祉・介護 )部門で第3位です。
   ありがとうございます。

   ランキングはこちら ⇒ Blog Ranking

☆ 脳トレーニングが役に立ってるという方は
   是非、ランキングサイトへの一票をお願いします。
     ⇒ コチラをクリック (1日1クリックのみ有効)



このブログのトップへ

posted by わくわく先生 at 13:44 | 大阪 ☀ | Comment(0) | 脳トレ−読み替え系
2006年03月30日

脳トレーニング72 日にちの読み替え (10)

 現在の脳トレーニングのテーマは読み替えゲーム。今回は「日にちの読み替え」です。

 下記の表には、29日、30日、31日、昨日、今日、明日という6つの言葉が書いてあります。今日は30日ですね。このページを30日以外に見た方も、仮に今日は30日として下さい。

 そして一段目の左から順に読んでいきます。ここでのルールは29日、30日、31日は、それぞれ、昨日、今日、明日と読み替えてください。逆に、昨日、今日、明日29日、30日、31日と読み替えてください。例を示しましょう。


【例題】 

31日   昨日   明日
30日   今日   29日


(1つめ)31日と書いてあるので明日と読む。
(2つめ)昨日と書いてあるので29日と読む。
(3つめ)明日と書いてあるので31日と読む。
(4つめ)30日と書いてあるので今日と読む。
(5つめ)今日と書いてあるので30日と読む。
(6つめ)29日と書いてあるので昨日と読む。


よろしいですか?では本番です。
焦らずに正確に読み上げることを優先してやって下さい。
また、できるだけ同じリズムでやるように意識して下さい。
では、始めてください。


画像はクリックすると大きくなります。
060330_昨日今日明日.jpg



☆ 当サイトは、ブログランキングで3月29日現在、
   健康と医療(全般)部門で第4位
   健康と医療(福祉・介護 )部門で第4位です。
   ありがとうございます。

   ランキングはこちら ⇒ Blog Ranking

☆ 脳トレーニングが役に立ってるという方は
   是非、ランキングサイトへの一票をお願いします。
     ⇒ コチラをクリック (1日1クリックのみ有効)



このブログのトップへ

posted by わくわく先生 at 13:49 | 大阪 ☁ | Comment(1) | 脳トレ−読み替え系
2006年03月29日

脳トレーニング71 日にちの読み替え (9)

 現在の脳トレーニングのテーマは読み替えゲーム。今回は「日にちの読み替え」です。

 下記の表には、28日、29日、30日、昨日、今日、明日という6つの言葉が書いてあります。今日は29日ですね。このページを29日以外に見た方も、仮に今日は29日として下さい。

 そして一段目の左から順に読んでいきます。ここでのルールは28日、29日、30日は、それぞれ、昨日、今日、明日と読み替えてください。逆に、昨日、今日、明日28日、29日、30日と読み替えてください。例を示しましょう。


【例題】 

30日   昨日   明日
29日   今日   28日


(1つめ)30日と書いてあるので明日と読む。
(2つめ)昨日と書いてあるので28日と読む。
(3つめ)明日と書いてあるので30日と読む。
(4つめ)29日と書いてあるので今日と読む。
(5つめ)今日と書いてあるので29日と読む。
(6つめ)28日と書いてあるので昨日と読む。


よろしいですか?では本番です。
焦らずに正確に読み上げることを優先してやって下さい。
また、できるだけ同じリズムでやるように意識して下さい。
では、始めてください。


画像はクリックすると大きくなります。
060329_昨日今日明日.jpg



☆ 当サイトは、ブログランキングで3月28日現在、
   健康と医療(全般)部門で第3位
   健康と医療(福祉・介護 )部門で第7位です。
   ありがとうございます。

   ランキングはこちら ⇒ Blog Ranking

☆ 脳トレーニングが役に立ってるという方は
   是非、ランキングサイトへの一票をお願いします。
     ⇒ コチラをクリック (1日1クリックのみ有効)



このブログのトップへ

posted by わくわく先生 at 12:16 | 大阪 ☀ | Comment(0) | 脳トレ−読み替え系
2006年03月28日

脳トレーニング70 日にちの読み替え (8)

 現在の脳トレーニングのテーマは読み替えゲーム。今回は「日にちの読み替え」です。

 下記の表には、27日、28日、29日、昨日、今日、明日という6つの言葉が書いてあります。今日は28日ですね。このページを28日以外に見た方も、仮に今日は28日として下さい。

 そして一段目の左から順に読んでいきます。ここでのルールは27日、28日、29日は、それぞれ、昨日、今日、明日と読み替えてください。逆に、昨日、今日、明日27日、28日、29日と読み替えてください。例を示しましょう。


【例題】 

29日   昨日   明日
28日   今日   27日


(1つめ)29日と書いてあるので明日と読む。
(2つめ)昨日と書いてあるので27日と読む。
(3つめ)明日と書いてあるので29日と読む。
(4つめ)28日と書いてあるので今日と読む。
(5つめ)今日と書いてあるので28日と読む。
(6つめ)27日と書いてあるので昨日と読む。


よろしいですか?では本番です。
焦らずに正確に読み上げることを優先してやって下さい。
また、できるだけ同じリズムでやるように意識して下さい。
では、始めてください。


画像はクリックすると大きくなります。
060328_昨日今日明日.jpg



☆ 当サイトは、ブログランキングで3月27日現在、
   健康と医療(全般)部門で第4位
   健康と医療(福祉・介護 )部門で第9位です。
   ありがとうございます。

   ランキングはこちら ⇒ Blog Ranking

☆ 脳トレーニングが役に立ってるという方は
   是非、ランキングサイトへの一票をお願いします。
     ⇒ コチラをクリック (1日1クリックのみ有効)



このブログのトップへ

posted by わくわく先生 at 12:43 | 大阪 ☁ | Comment(0) | 脳トレ−読み替え系
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。