☆ 総合案内(そろばん式脳トレーニング教室/そろばん教室)
  ⇒ WakuWaku@Soroban/川西珠算学院

☆ 初めての方はお読み下さい
  ⇒ 当ブログの脳トレーニングについて
  ⇒ 当ブログの脳トレーニングをご利用される方へ

☆ そろばん教材ダウンロード
  ⇒ コチラから

☆ そろばん式脳トレーニングの本
  ⇒ そろばん式 脳トレーニングBOOK

  ⇒ 脳がどんどん若返るそろばん不要のそろばん式トレーニング

2007年04月16日

脳トレーニング315 そろばん式指計算(入門)〜動画編 (1)

 今日からの脳トレーニングは「そろばん式指計算(入門)〜動画編」です。

 本日の課題となる動画を再生すると数字(「1」〜「4」または「−1」〜「〜4」)が次々と出てきます。前回までやった指体操方式の指の使い方で、これらの数字を計算していきます。今日からの5回は人差し指から小指までを使って計算します。念の為、簡単に1〜4がどういう状態かを示します。(画像はクリックすれば拡大します)



 1 ⇒ 060417_1.jpg 

 2 ⇒ 060417_2.jpg

 3 ⇒ 060417_3.jpg

 4 ⇒ 060417_4.jpg




これを踏まえて、まずは例題をやりましょう。


例題)

 3 − 2 + 1


暗算で簡単に答えは2とわかりますが、必ず指を使って答えを導き出して下さい。

まずは3なので、

060417_3.jpg

です。
ここから2を引くので薬指と中指の2本を戻して

060417_1.jpg

となります。
ここに1を足すので中指の1を足して

060417_2.jpg

ですね。



「3」は小指が一緒についてきて作りにくいと思いますが、「3」はちゃんと作れなくても構いません(小指が多少一緒についてきても結構です)。ただ、画像のように指を作っている意識だけはしっかりと持って下さい。


全部で10個の数字が出てきます。「1」〜「4」の数字のところでは足し算をします(指を立てます)。「−1」〜「−4」の数字のところでは引き算をします(指を折ります)。足し算のところでは「+」の記号は使いませんので注意して下さい。



今日の数字が変わっていく速度は「遅い」です。画面はゆっくりとしか変わりません。どの指を何本立てる(折る)のかをしっかりと意識して取り組んでみて下さい。もし、難しいと感じる方は、まずは動画ではないバージョンをやってみると良いでしょう。

 ⇒ そろばん式指計算(入門編) (1)
 ⇒ そろばん式指計算(入門編) (2)




毎回少しずつ速度が上がっていきます。頑張って挑戦してみて下さいね。



では、本日の課題に進みましょう。



ランキングチェック
【本日の課題】

下記の動画はサンプルであり、下記画面内での再生は速度が不安定で、画像も乱れがちになります。右下のDOWNLOADボタンを押して、一旦動画をご自身のパソコンに保存してから課題に取り組むことをおすすめします。



答えはいくつになりましたか?
(解答は少し下にあります)



==============================================
解答を確認する前に・・・

 当サイトはブログランキングに参加しています。
 当サイトの脳トレーニングが役に立っている、面白いと思って下さる方は
 1日1回ランキングへの投票をお願いします。

     ⇒ コチラをクリック
(クリックで投票となります。)

一人でも多くの方にこのブログを知ってもらい、一人でも多くの方を認知症から救うためにもご協力お願い致します。
==============================================





【解答】

今日の答えは「2」でした。





このブログのトップへ



posted by わくわく先生 at 20:21 | 大阪 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 脳トレ−指計算系
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。