☆ 総合案内(そろばん式脳トレーニング教室/そろばん教室)
  ⇒ WakuWaku@Soroban/川西珠算学院

☆ 初めての方はお読み下さい
  ⇒ 当ブログの脳トレーニングについて
  ⇒ 当ブログの脳トレーニングをご利用される方へ

☆ そろばん教材ダウンロード
  ⇒ コチラから

☆ そろばん式脳トレーニングの本
  ⇒ そろばん式 脳トレーニングBOOK

  ⇒ 脳がどんどん若返るそろばん不要のそろばん式トレーニング

2006年12月04日

脳トレーニング245 数字じゃんけん (1)

 今日からの脳トレーニングはじゃんけん系のトレーニング、「数字じゃんけん」です。


 じゃんけんではグー・チョキ・パーの3種類の手がありますが、それぞれの手で出す指の本数は、グー=0本、チョキ=2本、パー=5本ですね。課題の表には、0、2、4、5、7、10のいずれかの数字が黒、または赤で書かれています。この表の数字に対して、以下のルールであなたの右手と左手でじゃんけんをして下さい。


【ルール】

1.
じゃんけんで出す指の数の合計が、課題のそれぞれの数字になるようにじゃんけんをします。

2.
右手が勝つようにじゃんけんをしますが、赤数字のところでは左手が勝つようにじゃんけんをします。

3.
0、4、10はそれぞれ、グーであいこ、チョキであいこ、パーであいこです。


今日は初日ですので、まずは例題で練習してみましょう。


【例題】

061204_00.jpg


1.
5です。出す手はパーとグーですね。黒数字ですから右手が勝つようにじゃんけんします。つまり右手がパー、左手がグーですね。


2.
2です。出す手はグーとチョキになります。これも黒数字ですから右手が勝ちます。よって、右手がグー、左手がチョキですね。


3.
10。これはパーとパー。両手ともパーを出します。


4.
赤数字の2です。出す手はグーとチョキですが、赤数字なので左手が勝ちます。従って、右手がチョキ、左手がグーとなります。


5.
赤数字の7。出す手はチョキとパーで左手が勝つようにしますから、右手がパー、左手がチョキとなります。





要領は理解できましたか?では本日の課題にチャレンジしてみて下さい。

課題の表には全部で15個の数字がありますので、合計15回、自分の両手でじゃんけんをします。また、この課題は2セットやりましょう。2セット目は黒数字では左手が勝ち、赤数字では右手が勝つようにやってみます。



では、課題に取り組んで下さい。


ランキングチェック
==============================================
課題に取り組む前に・・・

 当サイトはブログランキングに参加しています。
 当サイトの脳トレーニングが役に立った、面白かったいう方は
 1日1回ランキングへの投票をお願いします。

     ⇒ コチラをクリック
(クリックで投票となります。)

一人でも多くの方にこのブログを知ってもらい、一人でも多くの方を認知症から救うためにもご協力お願い致します。
==============================================



では今日の課題です。(画像はクリックすると拡大します)

061204_01.jpg



このブログのトップへ



posted by わくわく先生 at 21:51 | 大阪 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 脳トレ−じゃんけん系
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。