☆ 総合案内(そろばん式脳トレーニング教室/そろばん教室)
  ⇒ WakuWaku@Soroban/川西珠算学院

☆ 初めての方はお読み下さい
  ⇒ 当ブログの脳トレーニングについて
  ⇒ 当ブログの脳トレーニングをご利用される方へ

☆ そろばん教材ダウンロード
  ⇒ コチラから

☆ そろばん式脳トレーニングの本
  ⇒ そろばん式 脳トレーニングBOOK

  ⇒ 脳がどんどん若返るそろばん不要のそろばん式トレーニング

2006年08月28日

脳トレーニング179 指計算〜初級編 (5)

 現在の脳トレーニングのテーマは「指計算〜初級編」です。入門編から一歩進んだ内容となりますので、入門編をやっていない方は、まずは「指体操パターンB」と「指計算〜入門編」、および前回までの「指計算〜初級編」の復習をやって下さい。


 ⇒ 指体操パターンB


 ⇒ 指計算〜入門編(1)
 ⇒ 指計算〜入門編(2)
 ⇒ 指計算〜入門編(3)
 ⇒ 指計算〜入門編(4)
 ⇒ 指計算〜入門編(5)
 ⇒ 指計算〜入門編(6)
 ⇒ 指計算〜入門編(7)
 ⇒ 指計算〜入門編(8)
 ⇒ 指計算〜入門編(9)
 ⇒ 指計算〜入門編(10)


 ⇒ 指計算〜初級編(1)
 ⇒ 指計算〜初級編(2)
 ⇒ 指計算〜初級編(3)
 ⇒ 指計算〜初級編(4)




 さて、前回までは5指である右手の親指は繰り上がり、繰り下がりには使いませんでしたが、今回からはこの5指を使った繰り上がり、繰り下がりも出てきます。


 まずは例題をやってみましょう。

(例題)
 4 + 3 + 5 =



まずは「4」なので

060417_4.jpg



ですね。

これに「3」を加えるので、

060417_7.jpg



となります。
必ず5指の親指を立てるのと、1指の2本(この例題では薬指と小指)を折るのを同時に行います。



この「7」に「5」を加えるので、

060822_L1.jpg  060417_2.jpg



となりますね。
ここでも必ず、10指である左手の人差し指を立てるのと、5指(右手の親指)を折るのは同時にやりましょう。



今日の課題では、5指を使った繰り上がり、繰り下がりが出てきますが、繰り上がりおよび繰り下がりの時は右手の1指と5指を一緒に動かすことはありません。よって、まだそこまで難しくはありませんが、一回一回の計算の時に、動かす必要のある指を、しっかりと同時に動かすことだけは意識して取り組みましょう。



簡単な計算なので、頭の中で簡単に計算できると思いますが、必ず一つ一つしっかりと考えながら、かつ指をしっかりと動かしながらやることが非常に大切です。あなたの脳はこれだけでかなり活性化します。



さて、準備はよろしいですか?
では本日の課題に取り組みましょう。

ランキングチェック
==============================================
今日の課題をやる前に・・・

 当サイトはブログランキングに参加しています。
 当サイトの脳トレーニングが役に立った、面白かったいう方は
 1日1回ランキングへの投票をお願いします。

     ⇒ コチラをクリック
(クリックで投票となります。)

一人でも多くの方にこのブログを知ってもらい、一人でも多くの方を認知症から救うためにもご協力お願い致します。
==============================================


では、本日の課題です。

【課題】
1.  3 + 3 + 5 =

2.  2 + 6 + 5 =

3.  4 + 4 + 5 =

4.  1 + 6 + 5 =

5.  7 + 5 + 2 =

6. 12 − 5 + 1 =

7.  9 + 5 − 3 =

8.  7 + 5 + 2 =

9. 13 − 5 + 8 =

10.11 − 5 + 2 =



【解答】
1. 11
2. 13
3. 13
4. 12
5. 14
6.  8
7. 11
8. 14
9. 16
10. 8

このブログのトップへ





posted by わくわく先生 at 15:20 | 大阪 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 脳トレ−指計算系
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。