☆ 総合案内(そろばん式脳トレーニング教室/そろばん教室)
  ⇒ WakuWaku@Soroban/川西珠算学院

☆ 初めての方はお読み下さい
  ⇒ 当ブログの脳トレーニングについて
  ⇒ 当ブログの脳トレーニングをご利用される方へ

☆ そろばん教材ダウンロード
  ⇒ コチラから

☆ そろばん式脳トレーニングの本
  ⇒ そろばん式 脳トレーニングBOOK

  ⇒ 脳がどんどん若返るそろばん不要のそろばん式トレーニング

2006年08月08日

脳トレーニング165 指計算〜入門編 (1)

 今日からは、また新しいシリーズの脳トレーニングです。

以前やった脳トレーニングの「指体操パターンB」というのを覚えてらっしゃいますか?


 忘れた方、このブログを最近始められた方はコチラをご参照の上、復習して下さい。

  ⇒ 指体操パターンB


指体操パターンBでは、片手で9までの数字を作りましたが、今回はこの指の使い方で簡単な計算をしてみましょう。


今日は1回目なので人差し指から小指までを使って計算します。念の為、簡単に1〜4がどういう状態かを示します。(画像はクリックすれば拡大します)

 1 ⇒ 060417_1.jpg 

 2 ⇒ 060417_2.jpg

 3 ⇒ 060417_3.jpg

 4 ⇒ 060417_4.jpg



これを踏まえて、まずは例題をやりましょう。


例題1)

 2 + 1 + 1


暗算で簡単に答えは4とわかりますが、必ず指を使って答えを導き出して下さい。


まずは2なので、

060417_2.jpg


ですね。これに1を足すので、薬指の1を足して

060417_3.jpg

となります。


さらに1を足すので今度は小指の1を足して

060417_4.jpg

となります。



もう1問例題をやりましょう。

例題2)

 3 − 2 + 1


まずは3なので、

060417_3.jpg

ですね。
ここから2を引くので薬指と中指の2本を戻して

060417_1.jpg

となります。
ここに1を足すので中指の1を足して

060417_2.jpg

ですね。


さぁ、要領はわかりましたか?
普通に頭の中で暗算でやるととても簡単な問題ですが、一つ一つ考えながら、かつ指をしっかりと動かしながらやることが非常に大切です。これだけであなたの脳は活性化します。

今日は一番簡単な初歩の問題ですが、毎日少しずつ難しくなりますので、頑張ってチャレンジして下さいね。


では、今日の問題を始めましょう。

ランキングチェック
==============================================
今日の課題をやる前に・・・

 当サイトはブログランキングに参加しています。
 当サイトの脳トレーニングが役に立った、面白かったいう方は
 1日1回ランキングへの投票をお願いします。

     ⇒ コチラをクリック
(クリックで投票となります。)

一人でも多くの方にこのブログを知ってもらい、一人でも多くの方を認知症から救うためにもご協力お願い致します。
==============================================


では、本日の課題です。

【課題】
1. 2 + 1 + 1

2. 1 + 2 − 3

3. 1 + 3 − 2

4. 2 + 2 − 3

5. 3 + 1 − 2

6. 4 − 3 + 2

7. 1 − 1 + 2

8. 4 − 4 + 3

9. 1 + 2 − 1

10. 4 − 2 − 1




posted by わくわく先生 at 20:04 | 大阪 ☀ | Comment(1) | TrackBack(0) | 脳トレ−指計算系
この記事へのコメント
とってもおもしろいです。私は小さい頃指先を使うとよいと母からそろばんを薦められ5年間習いました。今は自分が母となりましたが、子供たちにはそろばんを習わせていません。そのせいか暗算が不得意です。指でそろばんをはじくように計算する私を笑います。頭にそろばんがあるという事もよくわからないようです。でもこの指体操のトレーニングは良い。とっても良いと思います。子供にも教えてやります。
Posted by あけちゃん at 2007年05月29日 17:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。