☆ 総合案内(そろばん式脳トレーニング教室/そろばん教室)
  ⇒ WakuWaku@Soroban/川西珠算学院

☆ 初めての方はお読み下さい
  ⇒ 当ブログの脳トレーニングについて
  ⇒ 当ブログの脳トレーニングをご利用される方へ

☆ そろばん教材ダウンロード
  ⇒ コチラから

☆ そろばん式脳トレーニングの本
  ⇒ そろばん式 脳トレーニングBOOK

  ⇒ 脳がどんどん若返るそろばん不要のそろばん式トレーニング

2009年11月30日

脳トレーニング799 蟻と犬と象、大きい小さいの読み替え 〜動画編(5)

現在のトレーニングは、「蟻と犬と象、大きい小さいの読み替え 〜動画編」です。



 課題となる動画を再生すると「蟻」、「犬」、「象」、「大きい」、「小さい」のいずれかが書かれた画面が出てきます。画面は一定の間隔で変わります。これを以下のルールで声に出して読みあげていきます。

1.
「蟻」、「犬」、「象」と書いてあるマスは、前のマスより大きい生物なら「大きい」と言い換え、前のマスより小さい生物だったら「小さい」と言い換えます。
2.
「大きい」、「小さい」と書いてあるマスは、「大きい」だったら、「蟻」、「犬」、「象」のうち、前のマスの生物より大きいものに、逆に「小さい」だったら、「蟻」、「犬」、「象」のうち、前のマスの生物より小さいもに言い換えます。



このテーマの1回目に例題があるので、初めての方はまずはそちらをごご覧ください。

 ⇒ 蟻と犬と象、大きい小さいの読み替え 〜動画編(1)



今回はルールに従って文字を読み替えるトレーニングです。
そろばんでも一定のルールに従ってトレーニングをしますが、
脳がルールに慣れてしまうと効果は減少してしまいます。
このように慣れないルールに従って与えられた課題をこなしていくというトレーニングは脳に刺激を与えるのに非常に効果的です。

しっかりとはっきりと声に出してトレーニングをしましょう。

さて、準備はいいですか?
要領が理解できたら今日の課題をクリックしてチャレンジします。
今日の画面の変わる速度は「普通」です。
ルールを頭にしっかりと入れてから取り組みましょう。



今日の課題
posted by わくわく先生 at 07:00 | 大阪 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 脳トレ−読み替え系
2009年11月27日

脳トレーニング798 蟻と犬と象、大きい小さいの読み替え 〜動画編(4)

現在のトレーニングは、「蟻と犬と象、大きい小さいの読み替え 〜動画編」です。



 課題となる動画を再生すると「蟻」、「犬」、「象」、「大きい」、「小さい」のいずれかが書かれた画面が出てきます。画面は一定の間隔で変わります。これを以下のルールで声に出して読みあげていきます。

1.
「蟻」、「犬」、「象」と書いてあるマスは、前のマスより大きい生物なら「大きい」と言い換え、前のマスより小さい生物だったら「小さい」と言い換えます。
2.
「大きい」、「小さい」と書いてあるマスは、「大きい」だったら、「蟻」、「犬」、「象」のうち、前のマスの生物より大きいものに、逆に「小さい」だったら、「蟻」、「犬」、「象」のうち、前のマスの生物より小さいもに言い換えます。



このテーマの1回目に例題があるので、初めての方はまずはそちらをごご覧ください。

 ⇒ 蟻と犬と象、大きい小さいの読み替え 〜動画編(1)



今回はルールに従って文字を読み替えるトレーニングです。
そろばんでも一定のルールに従ってトレーニングをしますが、
脳がルールに慣れてしまうと効果は減少してしまいます。
このように慣れないルールに従って与えられた課題をこなしていくというトレーニングは脳に刺激を与えるのに非常に効果的です。

しっかりとはっきりと声に出してトレーニングをしましょう。

さて、準備はいいですか?
要領が理解できたら今日の課題をクリックしてチャレンジします。
今日の画面の変わる速度は「やや遅い」です。
ルールを頭にしっかりと入れてから取り組みましょう。



今日の課題
posted by わくわく先生 at 04:00 | 大阪 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 脳トレ−読み替え系
2009年11月26日

脳トレーニング797 蟻と犬と象、大きい小さいの読み替え 〜動画編(3)

現在のトレーニングは、「蟻と犬と象、大きい小さいの読み替え 〜動画編」です。



 課題となる動画を再生すると「蟻」、「犬」、「象」、「大きい」、「小さい」のいずれかが書かれた画面が出てきます。画面は一定の間隔で変わります。これを以下のルールで声に出して読みあげていきます。

1.
「蟻」、「犬」、「象」と書いてあるマスは、前のマスより大きい生物なら「大きい」と言い換え、前のマスより小さい生物だったら「小さい」と言い換えます。
2.
「大きい」、「小さい」と書いてあるマスは、「大きい」だったら、「蟻」、「犬」、「象」のうち、前のマスの生物より大きいものに、逆に「小さい」だったら、「蟻」、「犬」、「象」のうち、前のマスの生物より小さいもに言い換えます。



このテーマの1回目に例題があるので、初めての方はまずはそちらをごご覧ください。

 ⇒ 蟻と犬と象、大きい小さいの読み替え 〜動画編(1)



今回はルールに従って文字を読み替えるトレーニングです。
そろばんでも一定のルールに従ってトレーニングをしますが、
脳がルールに慣れてしまうと効果は減少してしまいます。
このように慣れないルールに従って与えられた課題をこなしていくというトレーニングは脳に刺激を与えるのに非常に効果的です。

しっかりとはっきりと声に出してトレーニングをしましょう。

さて、準備はいいですか?
要領が理解できたら今日の課題をクリックしてチャレンジします。
今日の画面の変わる速度は「やや遅い」です。
ルールを頭にしっかりと入れてから取り組みましょう。



今日の課題
posted by わくわく先生 at 05:00 | 大阪 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 脳トレ−読み替え系
2009年11月25日

脳トレーニング796 蟻と犬と象、大きい小さいの読み替え 〜動画編(2)

現在のトレーニングは、「蟻と犬と象、大きい小さいの読み替え 〜動画編」です。



 課題となる動画を再生すると「蟻」、「犬」、「象」、「大きい」、「小さい」のいずれかが書かれた画面が出てきます。画面は一定の間隔で変わります。これを以下のルールで声に出して読みあげていきます。

1.
「蟻」、「犬」、「象」と書いてあるマスは、前のマスより大きい生物なら「大きい」と言い換え、前のマスより小さい生物だったら「小さい」と言い換えます。
2.
「大きい」、「小さい」と書いてあるマスは、「大きい」だったら、「蟻」、「犬」、「象」のうち、前のマスの生物より大きいものに、逆に「小さい」だったら、「蟻」、「犬」、「象」のうち、前のマスの生物より小さいもに言い換えます。



このテーマの1回目に例題があるので、初めての方はまずはそちらをごご覧ください。

 ⇒ 蟻と犬と象、大きい小さいの読み替え 〜動画編(1)



今回はルールに従って文字を読み替えるトレーニングです。
そろばんでも一定のルールに従ってトレーニングをしますが、
脳がルールに慣れてしまうと効果は減少してしまいます。
このように慣れないルールに従って与えられた課題をこなしていくというトレーニングは脳に刺激を与えるのに非常に効果的です。

しっかりとはっきりと声に出してトレーニングをしましょう。

さて、準備はいいですか?
要領が理解できたら今日の課題をクリックしてチャレンジします。
今日の画面の変わる速度は「遅い」です。
ルールを頭にしっかりと入れてから取り組みましょう。



今日の課題
posted by わくわく先生 at 06:00 | 大阪 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 脳トレ−読み替え系
2009年11月24日

脳トレーニング795 蟻と犬と象、大きい小さいの読み替え 〜動画編(1)

今日からのトレーニングは、「蟻と犬と象、大きい小さいの読み替え 〜動画編」です。



 課題となる動画を再生すると「蟻」、「犬」、「象」、「大きい」、「小さい」のいずれかが書かれた画面が出てきます。画面は一定の間隔で変わります。これを以下のルールで声に出して読みあげていきます。

1.
「蟻」、「犬」、「象」と書いてあるマスは、前のマスより大きい生物なら「大きい」と言い換え、前のマスより小さい生物だったら「小さい」と言い換えます。
2.
「大きい」、「小さい」と書いてあるマスは、「大きい」だったら、「蟻」、「犬」、「象」のうち、前のマスの生物より大きいものに、逆に「小さい」だったら、「蟻」、「犬」、「象」のうち、前のマスの生物より小さいもに言い換えます。



今日は1回目なので例題を示しておきましょう。



(例1)
蟻 ⇒ 象 ⇒ 犬 ⇒ 小さい ⇒ 象

1つ目の「蟻」はこのまま「蟻」と読み上げます。
2つ目の「象」は、1つ目の「蟻」より大きいので、ここは「大きい」と読み替えます。
3つ目の「犬」は、2つ目の「象」より小さいので、ここは「小さい」と読み替えます。
4つ目は「小さい」となっているので、ここは前のマスの「犬」より小さい「蟻」と読み替えます。
5つ目の「象」は、4つ目で言い換えた「蟻」より大きいので、ここは「大きい」と読み替えます。


このように言い換えます。

もう1問、例題をやりましょう。



(例2)
犬 ⇒ 大きい ⇒ 蟻 ⇒ 象 ⇒ 犬

1つ目の「犬」はこのまま「犬」と読み上げます。
2つ目は「大きい」となっているので、ここは前のマスの「犬」より大きい「象」。
3つ目の「蟻」は、2つ目で言い換えた「象」より小さいので、ここは「小さい」。
4つ目の「象」は、3つ目の「蟻」より大きいので、ここは「大きい」。
5つ目の「犬」は、4つ目の「象」より小さいので、ここは「小さい」。



今回はルールに従って文字を読み替えるトレーニングです。
そろばんでも一定のルールに従ってトレーニングをしますが、
脳がルールに慣れてしまうと効果は減少してしまいます。
このように慣れないルールに従って与えられた課題をこなしていくというトレーニングは脳に刺激を与えるのに非常に効果的です。

しっかりとはっきりと声に出してトレーニングをしましょう。

さて、準備はいいですか?
要領が理解できたら今日の課題をクリックしてチャレンジします。
今日の画面の変わる速度は「遅い」です。
ルールを頭にしっかりと入れてから取り組みましょう。



今日の課題
posted by わくわく先生 at 07:00 | 大阪 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 脳トレ−読み替え系
2009年11月10日

脳トレーニング794 各列の珠の数は? 〜動画応用編(10)

現在のトレーニングは、「各列の珠の数は? 〜動画応用編」です。

頭の中に、次の映像を思い浮かべて下さい。

091010_000.jpg



そろばんのようなイラストですね。
ここでは2つの珠(たま)の列が三列あります。

各列ごとに
黄色の部分に珠が2つ寄ってる状態を「2」
黄色の部分に珠が1つだけ寄ってる状態を「1」
黄色の部分に珠が寄っていない状態を「0」

とします。
ここでは各列が「0」か「1」か「2」の3通りありますね。
これを動画の画面に出てくる指示に従って頭の中で動かします。

珠を黄色の部分に寄せることを「+」で表し、
逆に珠を黄色の部分から遠ざけることを「−」で表します。
最初は各列とも「0」の状態から始めます。
画面では3つのマスのいずれかに
「+2」「+1」「−2」「−1」が指示されますから、
該当する列の珠を頭の中で動かします。


動画ではないトレーニングもありますので、初めての方は
まずは以下の例題から取り組んでみましょう。

 ⇒ 各列の珠の数は?(1)



今回のトレーニングも右脳のトレーニングになります。
頭の中に浮かべた映像を変化させて行きます。
そろばん式の暗算とは、こういったトレーニングの延長になります。

このトレーニングでは一度に2箇所または3箇所の珠を同時に動かしますので、前回までのトレーニングより難易度はアップしています。
理屈ではなく頭の中の映像を変化させるということを強く意識してトレーニングしてみましょう。


要領が理解できたら今日の課題をクリックしてチャレンジします。
今日の画面の変わる速度は「早い」です。
しっかりと頭の中に映像を思い浮かべることを意識して取り組みましょう。


今日の課題
posted by わくわく先生 at 14:00 | 大阪 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 脳トレ−右脳トレーニング系
2009年11月09日

脳トレーニング793 各列の珠の数は? 〜動画応用編(9)

現在のトレーニングは、「各列の珠の数は? 〜動画応用編」です。

頭の中に、次の映像を思い浮かべて下さい。

091010_000.jpg



そろばんのようなイラストですね。
ここでは2つの珠(たま)の列が三列あります。

各列ごとに
黄色の部分に珠が2つ寄ってる状態を「2」
黄色の部分に珠が1つだけ寄ってる状態を「1」
黄色の部分に珠が寄っていない状態を「0」

とします。
ここでは各列が「0」か「1」か「2」の3通りありますね。
これを動画の画面に出てくる指示に従って頭の中で動かします。

珠を黄色の部分に寄せることを「+」で表し、
逆に珠を黄色の部分から遠ざけることを「−」で表します。
最初は各列とも「0」の状態から始めます。
画面では3つのマスのいずれかに
「+2」「+1」「−2」「−1」が指示されますから、
該当する列の珠を頭の中で動かします。


動画ではないトレーニングもありますので、初めての方は
まずは以下の例題から取り組んでみましょう。

 ⇒ 各列の珠の数は?(1)



今回のトレーニングも右脳のトレーニングになります。
頭の中に浮かべた映像を変化させて行きます。
そろばん式の暗算とは、こういったトレーニングの延長になります。

このトレーニングでは一度に2箇所または3箇所の珠を同時に動かしますので、前回までのトレーニングより難易度はアップしています。
理屈ではなく頭の中の映像を変化させるということを強く意識してトレーニングしてみましょう。


要領が理解できたら今日の課題をクリックしてチャレンジします。
今日の画面の変わる速度は「早い」です。
しっかりと頭の中に映像を思い浮かべることを意識して取り組みましょう。


今日の課題
posted by わくわく先生 at 15:00 | 大阪 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 脳トレ−右脳トレーニング系
2009年11月08日

脳トレーニング792 各列の珠の数は? 〜動画応用編(8)

現在のトレーニングは、「各列の珠の数は? 〜動画応用編」です。

頭の中に、次の映像を思い浮かべて下さい。

091010_000.jpg



そろばんのようなイラストですね。
ここでは2つの珠(たま)の列が三列あります。

各列ごとに
黄色の部分に珠が2つ寄ってる状態を「2」
黄色の部分に珠が1つだけ寄ってる状態を「1」
黄色の部分に珠が寄っていない状態を「0」

とします。
ここでは各列が「0」か「1」か「2」の3通りありますね。
これを動画の画面に出てくる指示に従って頭の中で動かします。

珠を黄色の部分に寄せることを「+」で表し、
逆に珠を黄色の部分から遠ざけることを「−」で表します。
最初は各列とも「0」の状態から始めます。
画面では3つのマスのいずれかに
「+2」「+1」「−2」「−1」が指示されますから、
該当する列の珠を頭の中で動かします。


動画ではないトレーニングもありますので、初めての方は
まずは以下の例題から取り組んでみましょう。

 ⇒ 各列の珠の数は?(1)



今回のトレーニングも右脳のトレーニングになります。
頭の中に浮かべた映像を変化させて行きます。
そろばん式の暗算とは、こういったトレーニングの延長になります。

このトレーニングでは一度に2箇所または3箇所の珠を同時に動かしますので、前回までのトレーニングより難易度はアップしています。
理屈ではなく頭の中の映像を変化させるということを強く意識してトレーニングしてみましょう。


要領が理解できたら今日の課題をクリックしてチャレンジします。
今日の画面の変わる速度は「やや早い」です。
しっかりと頭の中に映像を思い浮かべることを意識して取り組みましょう。


今日の課題
posted by わくわく先生 at 16:00 | 大阪 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 脳トレ−右脳トレーニング系
2009年11月07日

脳トレーニング791 各列の珠の数は? 〜動画応用編(7)

現在のトレーニングは、「各列の珠の数は? 〜動画応用編」です。

頭の中に、次の映像を思い浮かべて下さい。

091010_000.jpg



そろばんのようなイラストですね。
ここでは2つの珠(たま)の列が三列あります。

各列ごとに
黄色の部分に珠が2つ寄ってる状態を「2」
黄色の部分に珠が1つだけ寄ってる状態を「1」
黄色の部分に珠が寄っていない状態を「0」

とします。
ここでは各列が「0」か「1」か「2」の3通りありますね。
これを動画の画面に出てくる指示に従って頭の中で動かします。

珠を黄色の部分に寄せることを「+」で表し、
逆に珠を黄色の部分から遠ざけることを「−」で表します。
最初は各列とも「0」の状態から始めます。
画面では3つのマスのいずれかに
「+2」「+1」「−2」「−1」が指示されますから、
該当する列の珠を頭の中で動かします。


動画ではないトレーニングもありますので、初めての方は
まずは以下の例題から取り組んでみましょう。

 ⇒ 各列の珠の数は?(1)



今回のトレーニングも右脳のトレーニングになります。
頭の中に浮かべた映像を変化させて行きます。
そろばん式の暗算とは、こういったトレーニングの延長になります。

このトレーニングでは一度に2箇所または3箇所の珠を同時に動かしますので、前回までのトレーニングより難易度はアップしています。
理屈ではなく頭の中の映像を変化させるということを強く意識してトレーニングしてみましょう。


要領が理解できたら今日の課題をクリックしてチャレンジします。
今日の画面の変わる速度は「やや早い」です。
しっかりと頭の中に映像を思い浮かべることを意識して取り組みましょう。


今日の課題
posted by わくわく先生 at 17:00 | 大阪 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 脳トレ−右脳トレーニング系
2009年11月06日

脳トレーニング790 各列の珠の数は? 〜動画応用編(6)

現在のトレーニングは、「各列の珠の数は? 〜動画応用編」です。

頭の中に、次の映像を思い浮かべて下さい。

091010_000.jpg



そろばんのようなイラストですね。
ここでは2つの珠(たま)の列が三列あります。

各列ごとに
黄色の部分に珠が2つ寄ってる状態を「2」
黄色の部分に珠が1つだけ寄ってる状態を「1」
黄色の部分に珠が寄っていない状態を「0」

とします。
ここでは各列が「0」か「1」か「2」の3通りありますね。
これを動画の画面に出てくる指示に従って頭の中で動かします。

珠を黄色の部分に寄せることを「+」で表し、
逆に珠を黄色の部分から遠ざけることを「−」で表します。
最初は各列とも「0」の状態から始めます。
画面では3つのマスのいずれかに
「+2」「+1」「−2」「−1」が指示されますから、
該当する列の珠を頭の中で動かします。


動画ではないトレーニングもありますので、初めての方は
まずは以下の例題から取り組んでみましょう。

 ⇒ 各列の珠の数は?(1)



今回のトレーニングも右脳のトレーニングになります。
頭の中に浮かべた映像を変化させて行きます。
そろばん式の暗算とは、こういったトレーニングの延長になります。

このトレーニングでは一度に2箇所または3箇所の珠を同時に動かしますので、前回までのトレーニングより難易度はアップしています。
理屈ではなく頭の中の映像を変化させるということを強く意識してトレーニングしてみましょう。


要領が理解できたら今日の課題をクリックしてチャレンジします。
今日の画面の変わる速度は「普通」です。
しっかりと頭の中に映像を思い浮かべることを意識して取り組みましょう。


今日の課題
posted by わくわく先生 at 18:00 | 大阪 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 脳トレ−右脳トレーニング系
2009年11月05日

脳トレーニング789 各列の珠の数は? 〜動画応用編(5)

現在のトレーニングは、「各列の珠の数は? 〜動画応用編」です。

頭の中に、次の映像を思い浮かべて下さい。

091010_000.jpg



そろばんのようなイラストですね。
ここでは2つの珠(たま)の列が三列あります。

各列ごとに
黄色の部分に珠が2つ寄ってる状態を「2」
黄色の部分に珠が1つだけ寄ってる状態を「1」
黄色の部分に珠が寄っていない状態を「0」

とします。
ここでは各列が「0」か「1」か「2」の3通りありますね。
これを動画の画面に出てくる指示に従って頭の中で動かします。

珠を黄色の部分に寄せることを「+」で表し、
逆に珠を黄色の部分から遠ざけることを「−」で表します。
最初は各列とも「0」の状態から始めます。
画面では3つのマスのいずれかに
「+2」「+1」「−2」「−1」が指示されますから、
該当する列の珠を頭の中で動かします。


動画ではないトレーニングもありますので、初めての方は
まずは以下の例題から取り組んでみましょう。

 ⇒ 各列の珠の数は?(1)



今回のトレーニングも右脳のトレーニングになります。
頭の中に浮かべた映像を変化させて行きます。
そろばん式の暗算とは、こういったトレーニングの延長になります。

このトレーニングでは一度に2箇所または3箇所の珠を同時に動かしますので、前回までのトレーニングより難易度はアップしています。
理屈ではなく頭の中の映像を変化させるということを強く意識してトレーニングしてみましょう。


要領が理解できたら今日の課題をクリックしてチャレンジします。
今日の画面の変わる速度は「普通」です。
しっかりと頭の中に映像を思い浮かべることを意識して取り組みましょう。


今日の課題
posted by わくわく先生 at 19:00 | 大阪 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 脳トレ−右脳トレーニング系
2009年11月04日

脳トレーニング788 各列の珠の数は? 〜動画応用編(4)

現在のトレーニングは、「各列の珠の数は? 〜動画応用編」です。

頭の中に、次の映像を思い浮かべて下さい。

091010_000.jpg



そろばんのようなイラストですね。
ここでは2つの珠(たま)の列が三列あります。

各列ごとに
黄色の部分に珠が2つ寄ってる状態を「2」
黄色の部分に珠が1つだけ寄ってる状態を「1」
黄色の部分に珠が寄っていない状態を「0」

とします。
ここでは各列が「0」か「1」か「2」の3通りありますね。
これを動画の画面に出てくる指示に従って頭の中で動かします。

珠を黄色の部分に寄せることを「+」で表し、
逆に珠を黄色の部分から遠ざけることを「−」で表します。
最初は各列とも「0」の状態から始めます。
画面では3つのマスのいずれかに
「+2」「+1」「−2」「−1」が指示されますから、
該当する列の珠を頭の中で動かします。


動画ではないトレーニングもありますので、初めての方は
まずは以下の例題から取り組んでみましょう。

 ⇒ 各列の珠の数は?(1)



今回のトレーニングも右脳のトレーニングになります。
頭の中に浮かべた映像を変化させて行きます。
そろばん式の暗算とは、こういったトレーニングの延長になります。

このトレーニングでは一度に2箇所または3箇所の珠を同時に動かしますので、前回までのトレーニングより難易度はアップしています。
理屈ではなく頭の中の映像を変化させるということを強く意識してトレーニングしてみましょう。


要領が理解できたら今日の課題をクリックしてチャレンジします。
今日の画面の変わる速度は「やや遅い」です。
しっかりと頭の中に映像を思い浮かべることを意識して取り組みましょう。


今日の課題
posted by わくわく先生 at 20:00 | 大阪 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 脳トレ−右脳トレーニング系
2009年11月03日

脳トレーニング787 各列の珠の数は? 〜動画応用編(3)

現在のトレーニングは、「各列の珠の数は? 〜動画応用編」です。

頭の中に、次の映像を思い浮かべて下さい。

091010_000.jpg



そろばんのようなイラストですね。
ここでは2つの珠(たま)の列が三列あります。

各列ごとに
黄色の部分に珠が2つ寄ってる状態を「2」
黄色の部分に珠が1つだけ寄ってる状態を「1」
黄色の部分に珠が寄っていない状態を「0」

とします。
ここでは各列が「0」か「1」か「2」の3通りありますね。
これを動画の画面に出てくる指示に従って頭の中で動かします。

珠を黄色の部分に寄せることを「+」で表し、
逆に珠を黄色の部分から遠ざけることを「−」で表します。
最初は各列とも「0」の状態から始めます。
画面では3つのマスのいずれかに
「+2」「+1」「−2」「−1」が指示されますから、
該当する列の珠を頭の中で動かします。


動画ではないトレーニングもありますので、初めての方は
まずは以下の例題から取り組んでみましょう。

 ⇒ 各列の珠の数は?(1)



今回のトレーニングも右脳のトレーニングになります。
頭の中に浮かべた映像を変化させて行きます。
そろばん式の暗算とは、こういったトレーニングの延長になります。

このトレーニングでは一度に2箇所または3箇所の珠を同時に動かしますので、前回までのトレーニングより難易度はアップしています。
理屈ではなく頭の中の映像を変化させるということを強く意識してトレーニングしてみましょう。


要領が理解できたら今日の課題をクリックしてチャレンジします。
今日の画面の変わる速度は「やや遅い」です。
しっかりと頭の中に映像を思い浮かべることを意識して取り組みましょう。


今日の課題
posted by わくわく先生 at 21:00 | 大阪 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 脳トレ−右脳トレーニング系
2009年11月02日

脳トレーニング786 各列の珠の数は? 〜動画応用編(2)

現在のトレーニングは、「各列の珠の数は? 〜動画応用編」です。

頭の中に、次の映像を思い浮かべて下さい。

091010_000.jpg



そろばんのようなイラストですね。
ここでは2つの珠(たま)の列が三列あります。

各列ごとに
黄色の部分に珠が2つ寄ってる状態を「2」
黄色の部分に珠が1つだけ寄ってる状態を「1」
黄色の部分に珠が寄っていない状態を「0」

とします。
ここでは各列が「0」か「1」か「2」の3通りありますね。
これを動画の画面に出てくる指示に従って頭の中で動かします。

珠を黄色の部分に寄せることを「+」で表し、
逆に珠を黄色の部分から遠ざけることを「−」で表します。
最初は各列とも「0」の状態から始めます。
画面では3つのマスのいずれかに
「+2」「+1」「−2」「−1」が指示されますから、
該当する列の珠を頭の中で動かします。


動画ではないトレーニングもありますので、初めての方は
まずは以下の例題から取り組んでみましょう。

 ⇒ 各列の珠の数は?(1)



今回のトレーニングも右脳のトレーニングになります。
頭の中に浮かべた映像を変化させて行きます。
そろばん式の暗算とは、こういったトレーニングの延長になります。

このトレーニングでは一度に2箇所または3箇所の珠を同時に動かしますので、前回までのトレーニングより難易度はアップしています。
理屈ではなく頭の中の映像を変化させるということを強く意識してトレーニングしてみましょう。


要領が理解できたら今日の課題をクリックしてチャレンジします。
今日の画面の変わる速度は「遅い」です。
しっかりと頭の中に映像を思い浮かべることを意識して取り組みましょう。


今日の課題
posted by わくわく先生 at 22:00 | 大阪 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 脳トレ−右脳トレーニング系
2009年11月01日

脳トレーニング785 各列の珠の数は? 〜動画応用編(1)

現在のトレーニングは、「各列の珠の数は? 〜動画応用編」です。

頭の中に、次の映像を思い浮かべて下さい。

091010_000.jpg



そろばんのようなイラストですね。
ここでは2つの珠(たま)の列が三列あります。

各列ごとに
黄色の部分に珠が2つ寄ってる状態を「2」
黄色の部分に珠が1つだけ寄ってる状態を「1」
黄色の部分に珠が寄っていない状態を「0」

とします。
ここでは各列が「0」か「1」か「2」の3通りありますね。
これを動画の画面に出てくる指示に従って頭の中で動かします。

珠を黄色の部分に寄せることを「+」で表し、
逆に珠を黄色の部分から遠ざけることを「−」で表します。
最初は各列とも「0」の状態から始めます。
画面では3つのマスのいずれかに
「+2」「+1」「−2」「−1」が指示されますから、
該当する列の珠を頭の中で動かします。


動画ではないトレーニングもありますので、初めての方は
まずは以下の例題から取り組んでみましょう。

 ⇒ 各列の珠の数は?(1)



今回のトレーニングも右脳のトレーニングになります。
頭の中に浮かべた映像を変化させて行きます。
そろばん式の暗算とは、こういったトレーニングの延長になります。

今回からは一度に2箇所または3箇所の珠を同時に動かしますので、
前回までのトレーニングより難易度はアップしています。
理屈ではなく頭の中の映像を変化させるということを強く意識してトレーニングしてみます。


要領が理解できたら今日の課題をクリックしてチャレンジしましょう。
今日の画面の変わる速度は「遅い」です。
しっかりと頭の中に映像を思い浮かべることを意識して取り組みましょう。


今日の課題
posted by わくわく先生 at 23:00 | 大阪 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 脳トレ−右脳トレーニング系
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。