☆ 総合案内(そろばん式脳トレーニング教室/そろばん教室)
  ⇒ WakuWaku@Soroban/川西珠算学院

☆ 初めての方はお読み下さい
  ⇒ 当ブログの脳トレーニングについて
  ⇒ 当ブログの脳トレーニングをご利用される方へ

☆ そろばん教材ダウンロード
  ⇒ コチラから

☆ そろばん式脳トレーニングの本
  ⇒ そろばん式 脳トレーニングBOOK

  ⇒ 脳がどんどん若返るそろばん不要のそろばん式トレーニング

2006年05月31日

脳トレーニング117 右脳ゲーム(パターンA) (3)

 現在の脳トレーニングでは右脳を鍛えています。難しい課題ですが頑張ってチャレンジしてみましょう。脳を使っていることを実感できると思います。間違ってもいいので脳を目一杯使うこと、脳を疲れるほど使うことが大切です。


 今回は3×3の9マスの枠に白・黒の石を順番に置いていくという課題でしたね。やり方はこのテーマの1回目を参考にして下さいね。



  1回目はこちら



では、今日の課題をはじめましょう。かなり脳は疲れると思いますが、それだけあなたの脳は活性化しますから頑張って下さいね。



【指示文】
1.左下に白
2.中央上に白
3.中央に黒
4.右中央に黒
5.右上に白
6.右下に黒
7.左中央に白
8.左上に黒
9.中央下に黒



ランキングチェック
解答はこちら
posted by わくわく先生 at 13:42 | 大阪 | Comment(0) | 脳トレ−右脳トレーニング系
2006年05月30日

脳トレーニング116 右脳ゲーム(パターンA) (2)

 現在の脳トレーニングでは右脳を鍛えています。難しい課題ですが頑張ってチャレンジしてみましょう。脳を使っていることを実感できると思います。間違ってもいいので脳を目一杯使うこと、脳を疲れるほど使うことが大切です。


 今回は3×3の9マスの枠に白・黒の石を順番に置いていくという課題でしたね。やり方はこのテーマの1回目を参考にして下さいね。



  1回目はこちら



では、今日の課題をはじめましょう。かなり脳は疲れると思いますが、それだけあなたの脳は活性化しますから頑張って下さいね。



【指示文】
1.右下に黒
2.中央に黒
3.右中央に白
4.中央上に黒
5.左上に白
6.右上に白
7.左下に黒
8.中央下に白
9.左中央に黒



ランキングチェック
解答はこちら
posted by わくわく先生 at 20:02 | 大阪 ☀ | Comment(0) | 脳トレ−右脳トレーニング系
2006年05月29日

脳トレーニング115 右脳ゲーム(パターンA) (1)

 今日からの脳トレーニングは右脳を鍛えましょう。このブログでは右脳トレーニング系は初登場になりますね。

今回の課題は少し難しいですが頑張ってチャレンジしてみましょう。脳を使っていることを実感できるはずです。間違っても構いませんので脳を目一杯使うこと、脳を疲れさせることが大切です。



まずは以下のような3×3の9マスの枠を頭に浮かべて下さい。

050529_00.jpg



このマスの中に白か黒の石を順番に置いていきます。どのマスにどちらの石を置いていくかの指示がされますので、それを頭の中に思い浮かべているマスに順に置いていきます。

もし余裕のある方は、オセロゲームのように、縦・横・ナナメで反対の色に挟まれた石を、挟んだ石の色に変えて見て下さい。(この要領でやる方はオセロ方式で例題を見て下さい)

余裕のない方は、指示文の順番通りに石を置いていくだけでも構いません。それだけでも十分に脳は疲れるほど働くはずです。また、9つのマスを紙に書いてそれを眺めながらやっていっても良いでしょう(ただし、指示文に書いてある白黒を書き込んで行くのはやめましょう)。



ちょっと例題をやってみましょう。

【指示文】
1.左上に白
2.右下に黒
3.左下に白
4.左中央に黒
5.右上に白
6.中央上に黒
7.中央に白
8.右中央に黒
9.中央下に白



指示文「1.左上に白」での頭の中のマス。

050529_01.jpg





指示文「2.右下に黒」での頭の中のマス。

050529_02.jpg





指示文「3.左下に白」での頭の中のマス。

050529_03.jpg





指示文「4.左中央に黒」での頭の中のマス。

050529_04.jpg





指示文「5.右上に白」での頭の中のマス。

050529_05.jpg





指示文「6.中央上に黒」での頭の中のマス。

050529_06.jpg





指示文「7.中央に白」での頭の中のマス。

050529_07.jpg





指示文「8.右中央に黒」での頭の中のマス。

050529_08-1.jpg





指示文「8.右中央に黒」で頭の中のマス。(オセロ方式の場合)
黒にはさまれた中央の白が黒に変わっています。

050529_08-2.jpg





指示文「9.中央下に白」で頭の中のマス。
050529_09-1.jpg





指示文「9.中央下に白」で頭の中のマス。(オセロ方式の場合)
050529_09-2.jpg





さぁ、要領はわかりましたか?
かなり脳は疲れるはずですが、それだけあなたの脳は活性化しますよ。


では、今日の課題をはじめましょう。



【指示文】
1.右中央に白
2.左上に黒
3.中央下に白
4.右上に黒
5.中央に黒
6.左中央に白
7.中央上に黒
8.右下に白
9.左下に黒



ランキングチェック
解答はこちら
posted by わくわく先生 at 19:50 | 大阪 ☔ | Comment(1) | 脳トレ−右脳トレーニング系
2006年05月26日

脳トレーニング114 本数の読み替え (10)

例えば、さくらの本数を数える時は、


  1本、2本、3本、・・・、10本


と数えますね。

読み方は、


 1本(いっぽん  = 1PON)
 2本(にほん   = 2HON)
 3本(さんぼん  = 3BON)
 4本(よんほん  = 4HON)
 5本(ごほん   = 5HON)
 6本(ろっぽん  = 6PON)
 7本(ななほん  = 7HON)
 8本(はっぽん  = 8PON)
 9本(きゅうほん = 9HON)
  ・
  ・
  ・


※表記上、濁点と半濁点がわかりにくいのでローマ字でも示しています。





1本の時は、「ぽん(PON)」
2本の時は、「ほん(HON)」
3本の時は、「ぼん(BON)」
  ・
  ・
  ・



数字によって、「ぽん(PON)」であったり「ほん(HON)」であったり「ぼん(BON)」であったりします。


現在の脳トレーニングのテーマはこんなことを利用しての脳トレーニングです。



下記には15個の数字が書いてあります。書いてあるのは数字だけですが、それぞれを、○本という数え方に頭の中で変換します。そして、「ぽん(PON)」の時は「○」を、「ほん(HON)」の時は「△」を、「ぼん(BON)」の時は「×」を書いていって下さい。

 印刷のできる方は、このページを印刷して、その数字の上に「○」「△」「×」を書いていって下さい。プリンタが無いなど印刷できる環境の無い方は、まずは紙に15個の数字を書いて、書いた数字の上に「○」「△」「×」を書いていって下さい。


※8本は「はちほん(8HON)」とも「はっぽん(8PON)」とも数えられますが、ココでは「はっぽん(8PON)」と数えることにします。また、他にも方言によって違う数え方をする場合もあるかと思いますが、上記の例に沿った数え方をして下さい。



 さぁ、要領はわかりましたか?


もう一度ルールを再確認。

 ぽん(PON)と数える時は「○」
 ほん(HON)と数える時は「△」
 ぼん(BON)と数える時は「×」


です。

大切なことは上記のルールをしっかり覚えること、および覚えたルールを引き出す為に脳を使うことです。これが脳の訓練になります。

おもしろそうだけど、難しいから今回のはやめとうこうと思ったあなた。それでは脳は衰えるばかりですよ。脳の筋肉を鍛えるには、毎日、脳を使うことが一番大切なことです。頑張りましょう。




さぁ、よろしいですか?
では、はじめましょう。



6  2  5  3  7


4  1  9  8  2


3  6  5  2  1





答えは一番下に。
==============================================
答え合わせをする前に・・・

 当サイトはブログランキングに参加しています。
 当サイトの脳トレーニングが役に立った、面白かったいう方は
 1日1回ランキングへの投票をお願いします。

     ⇒ コチラをクリック
(クリックで投票となります。)

 毎日、こうして脳トレーニングを更新する気になれるのも、
 皆様方の応援があってこそです。ありがとうございます。

==============================================




【解答】
○  △  △  ×  △

△  ○  △  ○  △

×  ○  △  △  ○
posted by わくわく先生 at 13:42 | 大阪 ☁ | Comment(0) | 脳トレ−読み替え系
2006年05月25日

脳トレーニング113 本数の読み替え (9)

例えば、さくらの本数を数える時は、


  1本、2本、3本、・・・、10本


と数えますね。

読み方は、


 1本(いっぽん  = 1PON)
 2本(にほん   = 2HON)
 3本(さんぼん  = 3BON)
 4本(よんほん  = 4HON)
 5本(ごほん   = 5HON)
 6本(ろっぽん  = 6PON)
 7本(ななほん  = 7HON)
 8本(はっぽん  = 8PON)
 9本(きゅうほん = 9HON)
  ・
  ・
  ・


※表記上、濁点と半濁点がわかりにくいのでローマ字でも示しています。





1本の時は、「ぽん(PON)」
2本の時は、「ほん(HON)」
3本の時は、「ぼん(BON)」
  ・
  ・
  ・



数字によって、「ぽん(PON)」であったり「ほん(HON)」であったり「ぼん(BON)」であったりします。


現在の脳トレーニングのテーマはこんなことを利用しての脳トレーニングです。



下記には15個の数字が書いてあります。書いてあるのは数字だけですが、それぞれを、○本という数え方に頭の中で変換します。そして、「ぽん(PON)」の時は「○」を、「ほん(HON)」の時は「△」を、「ぼん(BON)」の時は「×」を書いていって下さい。

 印刷のできる方は、このページを印刷して、その数字の上に「○」「△」「×」を書いていって下さい。プリンタが無いなど印刷できる環境の無い方は、まずは紙に15個の数字を書いて、書いた数字の上に「○」「△」「×」を書いていって下さい。


※8本は「はちほん(8HON)」とも「はっぽん(8PON)」とも数えられますが、ココでは「はっぽん(8PON)」と数えることにします。また、他にも方言によって違う数え方をする場合もあるかと思いますが、上記の例に沿った数え方をして下さい。



 さぁ、要領はわかりましたか?


もう一度ルールを再確認。

 ぽん(PON)と数える時は「○」
 ほん(HON)と数える時は「△」
 ぼん(BON)と数える時は「×」


です。

大切なことは上記のルールをしっかり覚えること、および覚えたルールを引き出す為に脳を使うことです。これが脳の訓練になります。

おもしろそうだけど、難しいから今回のはやめとうこうと思ったあなた。それでは脳は衰えるばかりですよ。脳の筋肉を鍛えるには、毎日、脳を使うことが一番大切なことです。頑張りましょう。




さぁ、よろしいですか?
では、はじめましょう。



5  8  2  6  4


3  1  9  8  7


6  5  3  4  2





答えは一番下に。
==============================================
答え合わせをする前に・・・

 当サイトはブログランキングに参加しています。
 当サイトの脳トレーニングが役に立った、面白かったいう方は
 1日1回ランキングへの投票をお願いします。

     ⇒ コチラをクリック
(クリックで投票となります。)

 毎日、こうして脳トレーニングを更新する気になれるのも、
 皆様方の応援があってこそです。ありがとうございます。

==============================================




【解答】
△  ○  △  ○  △

×  ○  △  ○  △

○  △  ×  △  △
posted by わくわく先生 at 12:15 | 大阪 ☀ | Comment(0) | 脳トレ−読み替え系
2006年05月24日

脳トレーニング112 本数の読み替え (8)

例えば、さくらの本数を数える時は、


  1本、2本、3本、・・・、10本


と数えますね。

読み方は、


 1本(いっぽん  = 1PON)
 2本(にほん   = 2HON)
 3本(さんぼん  = 3BON)
 4本(よんほん  = 4HON)
 5本(ごほん   = 5HON)
 6本(ろっぽん  = 6PON)
 7本(ななほん  = 7HON)
 8本(はっぽん  = 8PON)
 9本(きゅうほん = 9HON)
  ・
  ・
  ・


※表記上、濁点と半濁点がわかりにくいのでローマ字でも示しています。





1本の時は、「ぽん(PON)」
2本の時は、「ほん(HON)」
3本の時は、「ぼん(BON)」
  ・
  ・
  ・



数字によって、「ぽん(PON)」であったり「ほん(HON)」であったり「ぼん(BON)」であったりします。


現在の脳トレーニングのテーマはこんなことを利用しての脳トレーニングです。



下記には15個の数字が書いてあります。書いてあるのは数字だけですが、それぞれを、○本という数え方に頭の中で変換します。そして、「ぽん(PON)」の時は「○」を、「ほん(HON)」の時は「△」を、「ぼん(BON)」の時は「×」を書いていって下さい。

 印刷のできる方は、このページを印刷して、その数字の上に「○」「△」「×」を書いていって下さい。プリンタが無いなど印刷できる環境の無い方は、まずは紙に15個の数字を書いて、書いた数字の上に「○」「△」「×」を書いていって下さい。


※8本は「はちほん(8HON)」とも「はっぽん(8PON)」とも数えられますが、ココでは「はっぽん(8PON)」と数えることにします。また、他にも方言によって違う数え方をする場合もあるかと思いますが、上記の例に沿った数え方をして下さい。



 さぁ、要領はわかりましたか?


もう一度ルールを再確認。

 ぽん(PON)と数える時は「○」
 ほん(HON)と数える時は「△」
 ぼん(BON)と数える時は「×」


です。

大切なことは上記のルールをしっかり覚えること、および覚えたルールを引き出す為に脳を使うことです。これが脳の訓練になります。

おもしろそうだけど、難しいから今回のはやめとうこうと思ったあなた。それでは脳は衰えるばかりですよ。脳の筋肉を鍛えるには、毎日、脳を使うことが一番大切なことです。頑張りましょう。




さぁ、よろしいですか?
では、はじめましょう。



8  7  3  6  2


1  5  9  6  4


1  8  5  3  9





答えは一番下に。
==============================================
答え合わせをする前に・・・

 当サイトはブログランキングに参加しています。
 当サイトの脳トレーニングが役に立った、面白かったいう方は
 1日1回ランキングへの投票をお願いします。

     ⇒ コチラをクリック
(クリックで投票となります。)

 毎日、こうして脳トレーニングを更新する気になれるのも、
 皆様方の応援があってこそです。ありがとうございます。

==============================================




【解答】
○  △  ×  ○  △

○  △  △  ○  △

○  ○  △  ×  △
posted by わくわく先生 at 12:43 | 大阪 🌁 | Comment(0) | 脳トレ−読み替え系
2006年05月23日

脳トレーニング111 本数の読み替え (7)

例えば、さくらの本数を数える時は、


  1本、2本、3本、・・・、10本


と数えますね。

読み方は、


 1本(いっぽん  = 1PON)
 2本(にほん   = 2HON)
 3本(さんぼん  = 3BON)
 4本(よんほん  = 4HON)
 5本(ごほん   = 5HON)
 6本(ろっぽん  = 6PON)
 7本(ななほん  = 7HON)
 8本(はっぽん  = 8PON)
 9本(きゅうほん = 9HON)
  ・
  ・
  ・


※表記上、濁点と半濁点がわかりにくいのでローマ字でも示しています。





1本の時は、「ぽん(PON)」
2本の時は、「ほん(HON)」
3本の時は、「ぼん(BON)」
  ・
  ・
  ・



数字によって、「ぽん(PON)」であったり「ほん(HON)」であったり「ぼん(BON)」であったりします。


現在の脳トレーニングのテーマはこんなことを利用しての脳トレーニングです。



下記には15個の数字が書いてあります。書いてあるのは数字だけですが、それぞれを、○本という数え方に頭の中で変換します。そして、「ぽん(PON)」の時は「○」を、「ほん(HON)」の時は「△」を、「ぼん(BON)」の時は「×」を書いていって下さい。

 印刷のできる方は、このページを印刷して、その数字の上に「○」「△」「×」を書いていって下さい。プリンタが無いなど印刷できる環境の無い方は、まずは紙に15個の数字を書いて、書いた数字の上に「○」「△」「×」を書いていって下さい。


※8本は「はちほん(8HON)」とも「はっぽん(8PON)」とも数えられますが、ココでは「はっぽん(8PON)」と数えることにします。また、他にも方言によって違う数え方をする場合もあるかと思いますが、上記の例に沿った数え方をして下さい。



 さぁ、要領はわかりましたか?


もう一度ルールを再確認。

 ぽん(PON)と数える時は「○」
 ほん(HON)と数える時は「△」
 ぼん(BON)と数える時は「×」


です。

大切なことは上記のルールをしっかり覚えること、および覚えたルールを引き出す為に脳を使うことです。これが脳の訓練になります。

おもしろそうだけど、難しいから今回のはやめとうこうと思ったあなた。それでは脳は衰えるばかりですよ。脳の筋肉を鍛えるには、毎日、脳を使うことが一番大切なことです。頑張りましょう。




さぁ、よろしいですか?
では、はじめましょう。



7  3  5  2  8


9  7  1  3  5


3  6  2  7  1





答えは一番下に。
==============================================
答え合わせをする前に・・・

 当サイトはブログランキングに参加しています。
 当サイトの脳トレーニングが役に立った、面白かったいう方は
 1日1回ランキングへの投票をお願いします。

     ⇒ コチラをクリック
(クリックで投票となります。)

 毎日、こうして脳トレーニングを更新する気になれるのも、
 皆様方の応援があってこそです。ありがとうございます。

==============================================




【解答】
△  ×  △  △  ○

△  △  ○  ×  △

×  ○  △  △  ○
posted by わくわく先生 at 13:09 | 大阪 ☔ | Comment(0) | 脳トレ−読み替え系
2006年05月22日

脳トレーニング110 本数の読み替え (6)

例えば、さくらの本数を数える時は、


  1本、2本、3本、・・・、10本


と数えますね。

読み方は、


 1本(いっぽん  = 1PON)
 2本(にほん   = 2HON)
 3本(さんぼん  = 3BON)
 4本(よんほん  = 4HON)
 5本(ごほん   = 5HON)
 6本(ろっぽん  = 6PON)
 7本(ななほん  = 7HON)
 8本(はっぽん  = 8PON)
 9本(きゅうほん = 9HON)
  ・
  ・
  ・


※表記上、濁点と半濁点がわかりにくいのでローマ字でも示しています。





1本の時は、「ぽん(PON)」
2本の時は、「ほん(HON)」
3本の時は、「ぼん(BON)」
  ・
  ・
  ・



数字によって、「ぽん(PON)」であったり「ほん(HON)」であったり「ぼん(BON)」であったりします。


現在の脳トレーニングのテーマはこんなことを利用しての脳トレーニングです。



下記には15個の数字が書いてあります。書いてあるのは数字だけですが、それぞれを、○本という数え方に頭の中で変換します。そして、「ぽん(PON)」の時は「○」を、「ほん(HON)」の時は「△」を、「ぼん(BON)」の時は「×」を書いていって下さい。

 印刷のできる方は、このページを印刷して、その数字の上に「○」「△」「×」を書いていって下さい。プリンタが無いなど印刷できる環境の無い方は、まずは紙に15個の数字を書いて、書いた数字の上に「○」「△」「×」を書いていって下さい。


※8本は「はちほん(8HON)」とも「はっぽん(8PON)」とも数えられますが、ココでは「はっぽん(8PON)」と数えることにします。また、他にも方言によって違う数え方をする場合もあるかと思いますが、上記の例に沿った数え方をして下さい。



 さぁ、要領はわかりましたか?


もう一度ルールを再確認。

 ぽん(PON)と数える時は「○」
 ほん(HON)と数える時は「△」
 ぼん(BON)と数える時は「×」


です。

大切なことは上記のルールをしっかり覚えること、および覚えたルールを引き出す為に脳を使うことです。これが脳の訓練になります。

おもしろそうだけど、難しいから今回のはやめとうこうと思ったあなた。それでは脳は衰えるばかりですよ。脳の筋肉を鍛えるには、毎日、脳を使うことが一番大切なことです。頑張りましょう。




さぁ、よろしいですか?
では、はじめましょう。



1  3  2  6  7


8  9  4  5  3


7  6  5  3  1





答えは一番下に。
==============================================
答え合わせをする前に・・・

 当サイトはブログランキングに参加しています。
 当サイトの脳トレーニングが役に立った、面白かったいう方は
 1日1回ランキングへの投票をお願いします。

     ⇒ コチラをクリック
(クリックで投票となります。)

 毎日、こうして脳トレーニングを更新する気になれるのも、
 皆様方の応援があってこそです。ありがとうございます。

==============================================




【解答】
○  ×  △  ○  △

○  △  △  △  ×

△  ○  △  ×  ○
posted by わくわく先生 at 12:02 | 大阪 ☁ | Comment(0) | 脳トレ−読み替え系
2006年05月19日

脳トレーニング109 本数の読み替え (5)

例えば、さくらの本数を数える時は、


  1本、2本、3本、・・・、10本


と数えますね。

読み方は、


 1本(いっぽん  = 1PON)
 2本(にほん   = 2HON)
 3本(さんぼん  = 3BON)
 4本(よんほん  = 4HON)
 5本(ごほん   = 5HON)
 6本(ろっぽん  = 6PON)
 7本(ななほん  = 7HON)
 8本(はっぽん  = 8PON)
 9本(きゅうほん = 9HON)
  ・
  ・
  ・


※表記上、濁点と半濁点がわかりにくいのでローマ字でも示しています。





1本の時は、「ぽん(PON)」
2本の時は、「ほん(HON)」
3本の時は、「ぼん(BON)」
  ・
  ・
  ・



数字によって、「ぽん(PON)」であったり「ほん(HON)」であったり「ぼん(BON)」であったりします。


現在の脳トレーニングのテーマはこんなことを利用しての脳トレーニングです。



下記には15個の数字が書いてあります。書いてあるのは数字だけですが、それぞれを、○本という数え方に頭の中で変換します。そして、「ぽん(PON)」の時は「○」を、「ほん(HON)」の時は「△」を、「ぼん(BON)」の時は「×」を書いていって下さい。

 印刷のできる方は、このページを印刷して、その数字の上に「○」「△」「×」を書いていって下さい。プリンタが無いなど印刷できる環境の無い方は、まずは紙に15個の数字を書いて、書いた数字の上に「○」「△」「×」を書いていって下さい。


※8本は「はちほん(8HON)」とも「はっぽん(8PON)」とも数えられますが、ココでは「はっぽん(8PON)」と数えることにします。また、他にも方言によって違う数え方をする場合もあるかと思いますが、上記の例に沿った数え方をして下さい。



 さぁ、要領はわかりましたか?


もう一度ルールを再確認。

 ぽん(PON)と数える時は「○」
 ほん(HON)と数える時は「△」
 ぼん(BON)と数える時は「×」


です。

大切なことは上記のルールをしっかり覚えること、および覚えたルールを引き出す為に脳を使うことです。これが脳の訓練になります。

おもしろそうだけど、難しいから今回のはやめとうこうと思ったあなた。それでは脳は衰えるばかりですよ。脳の筋肉を鍛えるには、毎日、脳を使うことが一番大切なことです。頑張りましょう。




さぁ、よろしいですか?
では、はじめましょう。



9  3  6  7  5


1  2  8  4  3


4  9  3  6  2





答えは一番下に。
==============================================
答え合わせをする前に・・・

 当サイトはブログランキングに参加しています。
 当サイトの脳トレーニングが役に立った、面白かったいう方は
 1日1回ランキングへの投票をお願いします。

     ⇒ コチラをクリック
(クリックで投票となります。)

 毎日、こうして脳トレーニングを更新する気になれるのも、
 皆様方の応援があってこそです。ありがとうございます。

==============================================




【解答】
△  ×  ○  △  △

○  △  ○  △  ×

△  △  ×  ○  △
posted by わくわく先生 at 13:08 | 大阪 ☔ | Comment(0) | 脳トレ−読み替え系
2006年05月18日

脳トレーニング108 本数の読み替え (4)

例えば、さくらの本数を数える時は、


  1本、2本、3本、・・・、10本


と数えますね。

読み方は、


 1本(いっぽん  = 1PON)
 2本(にほん   = 2HON)
 3本(さんぼん  = 3BON)
 4本(よんほん  = 4HON)
 5本(ごほん   = 5HON)
 6本(ろっぽん  = 6PON)
 7本(ななほん  = 7HON)
 8本(はっぽん  = 8PON)
 9本(きゅうほん = 9HON)
  ・
  ・
  ・


※表記上、濁点と半濁点がわかりにくいのでローマ字でも示しています。





1本の時は、「ぽん(PON)」
2本の時は、「ほん(HON)」
3本の時は、「ぼん(BON)」
  ・
  ・
  ・



数字によって、「ぽん(PON)」であったり「ほん(HON)」であったり「ぼん(BON)」であったりします。


現在の脳トレーニングのテーマはこんなことを利用しての脳トレーニングです。



下記には15個の数字が書いてあります。書いてあるのは数字だけですが、それぞれを、○本という数え方に頭の中で変換します。そして、「ぽん(PON)」の時は「○」を、「ほん(HON)」の時は「△」を、「ぼん(BON)」の時は「×」を書いていって下さい。

 印刷のできる方は、このページを印刷して、その数字の上に「○」「△」「×」を書いていって下さい。プリンタが無いなど印刷できる環境の無い方は、まずは紙に15個の数字を書いて、書いた数字の上に「○」「△」「×」を書いていって下さい。


※8本は「はちほん(8HON)」とも「はっぽん(8PON)」とも数えられますが、ココでは「はっぽん(8PON)」と数えることにします。また、他にも方言によって違う数え方をする場合もあるかと思いますが、上記の例に沿った数え方をして下さい。



 さぁ、要領はわかりましたか?


もう一度ルールを再確認。

 ぽん(PON)と数える時は「○」
 ほん(HON)と数える時は「△」
 ぼん(BON)と数える時は「×」


です。

大切なことは上記のルールをしっかり覚えること、および覚えたルールを引き出す為に脳を使うことです。これが脳の訓練になります。

おもしろそうだけど、難しいから今回のはやめとうこうと思ったあなた。それでは脳は衰えるばかりですよ。脳の筋肉を鍛えるには、毎日、脳を使うことが一番大切なことです。頑張りましょう。




さぁ、よろしいですか?
では、はじめましょう。



4  7  1  3  8


9  5  6  2  3


6  4  3  7  1





答えは一番下に。
==============================================
答え合わせをする前に・・・

 当サイトはブログランキングに参加しています。
 当サイトの脳トレーニングが役に立った、面白かったいう方は
 1日1回ランキングへの投票をお願いします。

     ⇒ コチラをクリック
(クリックで投票となります。)

 毎日、こうして脳トレーニングを更新する気になれるのも、
 皆様方の応援があってこそです。ありがとうございます。

==============================================




【解答】
△  △  ○  ×  ○

△  △  ○  △  ×

○  △  ×  △  ○
posted by わくわく先生 at 12:24 | 大阪 ☁ | Comment(2) | 脳トレ−読み替え系
2006年05月17日

脳トレーニング107 本数の読み替え (3)

例えば、さくらの本数を数える時は、


  1本、2本、3本、・・・、10本


と数えますね。

読み方は、


 1本(いっぽん  = 1PON)
 2本(にほん   = 2HON)
 3本(さんぼん  = 3BON)
 4本(よんほん  = 4HON)
 5本(ごほん   = 5HON)
 6本(ろっぽん  = 6PON)
 7本(ななほん  = 7HON)
 8本(はっぽん  = 8PON)
 9本(きゅうほん = 9HON)
  ・
  ・
  ・


※表記上、濁点と半濁点がわかりにくいのでローマ字でも示しています。





1本の時は、「ぽん(PON)」
2本の時は、「ほん(HON)」
3本の時は、「ぼん(BON)」
  ・
  ・
  ・



数字によって、「ぽん(PON)」であったり「ほん(HON)」であったり「ぼん(BON)」であったりします。


現在の脳トレーニングのテーマはこんなことを利用しての脳トレーニングです。



下記には15個の数字が書いてあります。書いてあるのは数字だけですが、それぞれを、○本という数え方に頭の中で変換します。そして、「ぽん(PON)」の時は「○」を、「ほん(HON)」の時は「△」を、「ぼん(BON)」の時は「×」を書いていって下さい。

 印刷のできる方は、このページを印刷して、その数字の上に「○」「△」「×」を書いていって下さい。プリンタが無いなど印刷できる環境の無い方は、まずは紙に15個の数字を書いて、書いた数字の上に「○」「△」「×」を書いていって下さい。


※8本は「はちほん(8HON)」とも「はっぽん(8PON)」とも数えられますが、ココでは「はっぽん(8PON)」と数えることにします。また、他にも方言によって違う数え方をする場合もあるかと思いますが、上記の例に沿った数え方をして下さい。



 さぁ、要領はわかりましたか?


もう一度ルールを再確認。

 ぽん(PON)と数える時は「○」
 ほん(HON)と数える時は「△」
 ぼん(BON)と数える時は「×」


です。

大切なことは上記のルールをしっかり覚えること、および覚えたルールを引き出す為に脳を使うことです。これが脳の訓練になります。

おもしろそうだけど、難しいから今回のはやめとうこうと思ったあなた。それでは脳は衰えるばかりですよ。脳の筋肉を鍛えるには、毎日、脳を使うことが一番大切なことです。頑張りましょう。




さぁ、よろしいですか?
では、はじめましょう。



5  1  7  6  9


3  2  1  4  8


7  6  3  2  1





答えは一番下に。
==============================================
答え合わせをする前に・・・

 当サイトはブログランキングに参加しています。
 当サイトの脳トレーニングが役に立った、面白かったいう方は
 1日1回ランキングへの投票をお願いします。

     ⇒ コチラをクリック
(クリックで投票となります。)

 毎日、こうして脳トレーニングを更新する気になれるのも、
 皆様方の応援のおかげです。ありがとうございます。

==============================================




【解答】
△  ○  △  ○  △

×  △  ○  △  ○

△  ○  ×  △  ○
posted by わくわく先生 at 12:46 | 大阪 🌁 | Comment(0) | 脳トレ−読み替え系
2006年05月16日

脳トレーニング106 本数の読み替え (2)

例えば、さくらの本数を数える時は、


  1本、2本、3本、・・・、10本


と数えますね。

読み方は、


 1本(いっぽん  = 1PON)
 2本(にほん   = 2HON)
 3本(さんぼん  = 3BON)
 4本(よんほん  = 4HON)
 5本(ごほん   = 5HON)
 6本(ろっぽん  = 6PON)
 7本(ななほん  = 7HON)
 8本(はっぽん  = 8PON)
 9本(きゅうほん = 9HON)
  ・
  ・
  ・


※表記上、濁点と半濁点がわかりにくいのでローマ字でも示しています。





1本の時は、「ぽん(PON)」
2本の時は、「ほん(HON)」
3本の時は、「ぼん(BON)」
  ・
  ・
  ・



数字によって、「ぽん(PON)」であったり「ほん(HON)」であったり「ぼん(BON)」であったりします。


現在の脳トレーニングのテーマはこんなことを利用しての脳トレーニングです。



下記には15個の数字が書いてあります。書いてあるのは数字だけですが、それぞれを、○本という数え方に頭の中で変換します。そして、「ぽん(PON)」の時は「○」を、「ほん(HON)」の時は「△」を、「ぼん(BON)」の時は「×」を書いていって下さい。

 印刷のできる方は、このページを印刷して、その数字の上に「○」「△」「×」を書いていって下さい。プリンタが無いなど印刷できる環境の無い方は、まずは紙に15個の数字を書いて、書いた数字の上に「○」「△」「×」を書いていって下さい。


※8本は「はちほん(8HON)」とも「はっぽん(8PON)」とも数えられますが、ココでは「はっぽん(8PON)」と数えることにします。また、他にも方言によって違う数え方をする場合もあるかと思いますが、上記の例に沿った数え方をして下さい。



 さぁ、要領はわかりましたか?


もう一度ルールを再確認。

 ぽん(PON)と数える時は「○」
 ほん(HON)と数える時は「△」
 ぼん(BON)と数える時は「×」


です。

大切なことは上記のルールをしっかり覚えること、および覚えたルールを引き出す為に脳を使うことです。これが脳の訓練になります。

おもしろそうだけど、難しいから今回のはやめとうこうと思ったあなた。それでは脳は衰えるばかりですよ。脳の筋肉を鍛えるには、毎日、脳を使うことが一番大切なことです。頑張りましょう。




さぁ、よろしいですか?
では、はじめましょう。



2  5  8  4  3


6  9  3  1  7


6  3  9  4  1





答えは一番下に。
==============================================
答え合わせをする前に・・・

 当サイトはブログランキングに参加しています。
 当サイトの脳トレーニングが役に立った、面白かったいう方は
 1日1回ランキングへの投票をお願いします。

     ⇒ コチラをクリック
(クリックで投票となります。)
==============================================




【解答】
△  △  ○  △  ×

○  △  ×  ○  △

○  ×  △  △  ○
posted by わくわく先生 at 13:33 | 大阪 ☁ | Comment(0) | 脳トレ−読み替え系
2006年05月15日

脳トレーニング105 本数の読み替え (1)

先週までの脳トレーニングでは、さくらの本数を数えましたね。


  1本、2本、3本、・・・、10本


突然ですが、日本語って難しいと思いませんか?
上記のさくらを数えてみて下さい。


 1本(いっぽん  = 1PON)
 2本(にほん   = 2HON)
 3本(さんぼん  = 3BON)
 4本(よんほん  = 4HON)
 5本(ごほん   = 5HON)
 6本(ろっぽん  = 6PON)
 7本(ななほん  = 7HON)
 8本(はっぽん  = 8PON)
 9本(きゅうほん = 9HON)
  ・
  ・
  ・


※表記上、濁点と半濁点がわかりにくいのでローマ字でも示しています。





1本の時は、「ぽん(PON)」
2本の時は、「ほん(HON)」
3本の時は、「ぼん(BON)」
  ・
  ・
  ・



数字によって、「ぽん(PON)」であったり「ほん(HON)」であったり「ぼん(BON)」であったりしますね。


今日からの脳トレーニングはこんなことを利用しての脳トレーニングです。



下記には15個の数字が書いてあります。書いてあるのは数字だけですが、それぞれを、○本という数え方に頭の中で変換します。そして、「ぽん(PON)」の時は「○」を、「ほん(HON)」の時は「△」を、「ぼん(BON)」の時は「×」を書いていって下さい。

 印刷のできる方は、このページを印刷して、その数字の上に「○」「△」「×」を書いていって下さい。プリンタが無いなど印刷できる環境の無い方は、まずは紙に15個の数字を書いて、書いた数字の上に「○」「△」「×」を書いていって下さい。


※8本は「はちほん(8HON)」とも「はっぽん(8PON)」とも数えられますが、ココでは「はっぽん(8PON)」と数えることにします。また、他にも方言によって違う数え方をする場合もあるかと思いますが、上記の例に沿った数え方をして下さい。



 さぁ、要領はわかりましたか?


もう一度ルールを再確認。

 ぽん(PON)と数える時は「○」
 ほん(HON)と数える時は「△」
 ぼん(BON)と数える時は「×」


です。

大切なことは上記のルールをしっかり覚えること、および覚えたルールを引き出す為に脳を使うことです。これが脳の訓練になります。

おもしろそうだけど、難しいから今回のはやめとうこうと思ったそこのあなた。そう、あなたです。それでは脳は衰えるばかりですよ。時間がかかっても、できなくても、挑戦することに意味があるのです。




さぁ、よろしいですか?
では、はじめましょう。



3  7  1  6  9


2  8  3  4  1


5  7  2  8  3





答えは一番下に。
==============================================
答え合わせをする前に・・・

 当サイトはブログランキングに参加しています。
 当サイトの脳トレーニングが役に立った、面白かったいう方は
 1日1回ランキングへの投票をお願いします。

     ⇒ コチラをクリック
(クリックで投票となります。)
==============================================




【解答】
×  △  ○  ○  △

△  ○  ×  △  ○

△  △  △  ○  ×
posted by わくわく先生 at 12:44 | 大阪 | Comment(0) | 脳トレ−読み替え系
2006年05月13日

ボケ防止に最適な教材とは?

色んな脳トレーニングの教材が売っていますが、脳の活性化、脳の老化防止には、一体どれが一番良いのでしょうか? 将来、ボケて家族に迷惑をかけたくないので教えて下さい。


このようなご質問を頂きました。


過去にも同様のご質問を頂いた事もあり、また、同じような疑問をお持ちの方もいらっしゃるかと思い、ご本人様の了承を得て、その質問と回答を掲載します。


 なかなか答えにくい質問ですが、脳トレーニングにどんな教材が良いかについては目的によって違ってきます。脳の血流を増やしたいのか、脳細胞を増やしたいのか、既に認知症を発症している方に対する教材なのか、物忘れがひどいのでそれを改善したいが為の教材なのか・・・など、目的によって使用すべき教材は変わってきます。誤解を招くといけないので具体的な教材名などはココでは書けませんが、覚えておいて頂きたい、とても大切なことがあります。


 それは、


「何をやるか」も大切ですが、それ以上に、「継続してやる」ということが非常に大切だということです。



 誤解を恐れずに言えば、「脳に良い」とされている知的活動(学習活動)を継続的に行っている方は、ボケる可能性がかなり低くなりますし、仮に万が一、ボケ始めても、早期に発見ができますので適切な治療が可能です。


 私共は、「大人の為のそろばん教室」、「大人の為のそろばん&脳トレーニング教室」を運営しています。そろばんは脳内で細かい計算をしますし、指先を細かく使ったり、数字の記憶の出し入れもある上に、進級することでやりがいもあって継続しやすいので、脳の老化予防に相当な効果があります。

 しかし、そんな「そろばん」もやっぱり継続しないと意味がありません。逆に言うと、何らかの知的活動(学習活動)を継続的に行っていける方は、別に私共が運営するような教室にわざわざ通われる必要もありません。

 今は脳トレーニングはブームですね。しかし、一時のブームの時に、あるいは思い出した時にだけ、ちょろちょろとやるだけでは脳の老化予防という観点ではほとんど意味がないとさえ言えます。是非、自分に合った、継続的にできる知的活動(学習活動)を早く見つけられて、それに取り組まれることをお勧めします。


人気ブログランキングへ
posted by わくわく先生 at 12:30 | 大阪 ☔ | Comment(1) | 頭(脳)の健康
2006年05月12日

脳トレーニング104 数え読み上げ(10)

 現在の脳トレーニングのテーマは「数え読み上げ」です。

問題中の単語を順番に声を出して読み上げていって下さい。

ただし、「さくら」という単語の入っている所だけは、そのまま読むのではなく、1本、2本、3本、・・・というように数字に読み替えます。
「さくら」という単語はいくつも出てきますので、最初の「さくら」では「1本」、2番目の「さくら」では「2本」、3番目の「さくら」では「3本」、というように、何本目の「さくら」かという数字で読み替えます。


ちょっと練習してみましょう。


(例題)

さくら、時計、花、はさみ、水、

さくら、1本、帽子、自動車、3本、

さくら、カメラ、自転車、さくら、電話



これを順番に読んでいき、読み上げる時は、

1本、時計、花、はさみ、水、
2本、1本、帽子、自動車、3本、
3本、カメラ、自転車、4本、電話



というように読み上げます。途中で、ひっかけで「1本」や「3本」というのがあり、これはそのまま読み上げますが、それまでにあった「さくら」が何本かをちゃんと覚えておいて、「さくら」の本数を読み間違えないようにしましょう。

どうしても無理な人以外は、さくらのところで指を折って数えたりしないで、頭の中だけで数えるようにして下さい。



さぁ、要領わかりましたか?



では、本番です。さくらは何本あるでしょうか?
リズムに気をつけて、テンポ良くできるように頑張って下さい。


(問題)

練習、紅茶、中学校、さくら、燃料、

さくら、パーティー、花束、ロケット、さくら、

2本、日本、1本、柔道、さくら、

ドレス、2着、シチュー、水槽、4匹、

さくら、散歩、動物、金庫、ビスケット




読み上げ方(解答)は、この記事の最後に載せておきます。
さて、あなたが数えた「さくら」は何本だったでしょうか?

答えは一番下に。

数えたさくらの本数は覚えておいて、少し時間を置いてから解答(さくらの本数)を確認すると、さらに脳は働きますよ。



==============================================


 当サイトはブログランキングに参加しています。
 当サイトの脳トレーニングが役に立った、面白かったいう方は
 1日1回ランキングへの投票をお願いします。

     ⇒ コチラをクリック
(クリックで投票となります。)

==============================================



さて、こう読み上げられましたか?

練習、紅茶、中学校、1本、燃料、
2本、パーティー、花束、ロケット、3本
2本、日本、1本、柔道、4本
ドレス、2着、シチュー、水槽、4匹、
5本、散歩、動物、金庫、ビスケット



今日のさくらは全部で5本でしたね。




このブログのトップへ

posted by わくわく先生 at 12:18 | 大阪 | Comment(8) | 脳トレ−読み上げ系
2006年05月11日

脳トレーニング103 数え読み上げ(9)

 現在の脳トレーニングのテーマは「数え読み上げ」です。

問題中の単語を順番に声を出して読み上げていって下さい。

ただし、「さくら」という単語の入っている所だけは、そのまま読むのではなく、1本、2本、3本、・・・というように数字に読み替えます。
「さくら」という単語はいくつも出てきますので、最初の「さくら」では「1本」、2番目の「さくら」では「2本」、3番目の「さくら」では「3本」、というように、何本目の「さくら」かという数字で読み替えます。


ちょっと練習してみましょう。


(例題)

さくら、時計、花、はさみ、水、

さくら、1本、帽子、自動車、3本、

さくら、カメラ、自転車、さくら、電話



これを順番に読んでいき、読み上げる時は、

1本、時計、花、はさみ、水、
2本、1本、帽子、自動車、3本、
3本、カメラ、自転車、4本、電話



というように読み上げます。途中で、ひっかけで「1本」や「3本」というのがあり、これはそのまま読み上げますが、それまでにあった「さくら」が何本かをちゃんと覚えておいて、「さくら」の本数を読み間違えないようにしましょう。

どうしても無理な人以外は、さくらのところで指を折って数えたりしないで、頭の中だけで数えるようにして下さい。



さぁ、要領わかりましたか?



では、本番です。さくらは何本あるでしょうか?
リズムに気をつけて、テンポ良くできるように頑張って下さい。


(問題)

コーヒー、さくら、韓国、ラケット、3本、

帽子、影絵、曇り空、パソコン、さくら、

7本、虹、ハワイ、マンション、子猫、

さくら、1本、さくら、5本、さくら、

日記、さくら、掃除機、学生、東京大学




読み上げ方(解答)は、この記事の最後に載せておきます。
さて、あなたが数えた「さくら」は何本だったでしょうか?

答えは一番下に。

数えたさくらの本数は覚えておいて、少し時間を置いてから解答(さくらの本数)を確認すると、さらに脳は働きますよ。



==============================================

☆ボケない脳を作るには「そろばん&脳トレーニング教室」へ

☆脳を活性化させたいあなたは「大人の為のそろばん教室」へ




 当サイトはブログランキングに参加しています。
 当サイトの脳トレーニングが役に立った、面白かったいう方は
 1日1回ランキングへの投票をお願いします。

     ⇒ コチラをクリック
(クリックで投票となります。)

==============================================



さて、こう読み上げられましたか?

コーヒー、1本、韓国、ラケット、3本、
帽子、影絵、曇り空、パソコン、2本
7本、虹、ハワイ、マンション、子猫、
3本、1本、4本、5本、5本
日記、6本、掃除機、学生、東京大学



今日のさくらは全部で6本でしたね。




このブログのトップへ

posted by わくわく先生 at 12:12 | 大阪 ☔ | Comment(0) | 脳トレ−読み上げ系
2006年05月10日

脳トレーニング102 数え読み上げ(8)

 現在の脳トレーニングのテーマは「数え読み上げ」です。

問題中の単語を順番に声を出して読み上げていって下さい。

ただし、「さくら」という単語の入っている所だけは、そのまま読むのではなく、1本、2本、3本、・・・というように数字に読み替えます。
「さくら」という単語はいくつも出てきますので、最初の「さくら」では「1本」、2番目の「さくら」では「2本」、3番目の「さくら」では「3本」、というように、何本目の「さくら」かという数字で読み替えます。


ちょっと練習してみましょう。


(例題)

さくら、時計、花、はさみ、水、

さくら、1本、帽子、自動車、3本、

さくら、カメラ、自転車、さくら、電話



これを順番に読んでいき、読み上げる時は、

1本、時計、花、はさみ、水、
2本、1本、帽子、自動車、3本、
3本、カメラ、自転車、4本、電話



というように読み上げます。途中で、ひっかけで「1本」や「3本」というのがあり、これはそのまま読み上げますが、それまでにあった「さくら」が何本かをちゃんと覚えておいて、「さくら」の本数を読み間違えないようにしましょう。

どうしても無理な人以外は、さくらのところで指を折って数えたりしないで、頭の中だけで数えるようにして下さい。



さぁ、要領わかりましたか?



では、本番です。さくらは何本あるでしょうか?
リズムに気をつけて、テンポ良くできるように頑張って下さい。


(問題)

パトカー、サッカー、さくら、洋服、ピンク、

障子、さくら、3枚、飛行機、さくら、

焼酎、さくら、保険、配当、ハンバーガー、

時間、2本、柔道、公務員、計画、

経済、イラク、移動、さくら、スコップ




読み上げ方(解答)は、この記事の最後に載せておきます。
さて、あなたが数えた「さくら」は何本だったでしょうか?

答えは一番下に。

数えたさくらの本数は覚えておいて、少し時間を置いてから解答(さくらの本数)を確認すると、さらに脳は働きますよ。



==============================================

☆ボケない脳を作るには「そろばん&脳トレーニング教室」へ

☆脳を活性化させたいあなたは「大人の為のそろばん教室」へ




 当サイトはブログランキングに参加しています。
 当サイトの脳トレーニングが役に立った、面白かったいう方は
 1日1回ランキングへの一票をお願いします。

     ⇒ コチラをクリック
(クリックで投票となります。)

==============================================



さて、こう読み上げられましたか?

パトカー、サッカー、1本、洋服、ピンク、
障子、2本、3枚、飛行機、3本
焼酎、4本、保険、配当、ハンバーガー、
時間、2本、柔道、公務員、計画、
経済、イラク、移動、5本、スコップ



今日のさくらは全部で5本でしたね。




このブログのトップへ

posted by わくわく先生 at 12:08 | 大阪 🌁 | Comment(2) | 脳トレ−読み上げ系
2006年05月09日

脳トレーニング101 数え読み上げ(7)

 現在の脳トレーニングのテーマは「数え読み上げ」です。

問題中の単語を順番に声を出して読み上げていって下さい。

ただし、「さくら」という単語の入っている所だけは、そのまま読むのではなく、1本、2本、3本、・・・というように数字に読み替えます。
「さくら」という単語はいくつも出てきますので、最初の「さくら」では「1本」、2番目の「さくら」では「2本」、3番目の「さくら」では「3本」、というように、何本目の「さくら」かという数字で読み替えます。


ちょっと練習してみましょう。


(例題)

さくら、時計、花、はさみ、水、

さくら、1本、帽子、自動車、3本、

さくら、カメラ、自転車、さくら、電話



これを順番に読んでいき、読み上げる時は、

1本、時計、花、はさみ、水、
2本、1本、帽子、自動車、3本、
3本、カメラ、自転車、4本、電話



というように読み上げます。途中で、ひっかけで「1本」や「3本」というのがあり、これはそのまま読み上げますが、それまでにあった「さくら」が何本かをちゃんと覚えておいて、「さくら」の本数を読み間違えないようにしましょう。

どうしても無理な人以外は、さくらのところで指を折って数えたりしないで、頭の中だけで数えるようにして下さい。



さぁ、要領わかりましたか?



では、本番です。さくらは何本あるでしょうか?
リズムに気をつけて、テンポ良くできるように頑張って下さい。


(問題)

ネコ、もみじ、3本、さくら、花見、

お酒、さくら、犬、金魚、さくら、

2本、ラケット、2本、お箸、ビール

さくら、さかな、マラソン、1km、さくら

カーテン、ふくろう、かばん、カメラ、パソコン




読み上げ方(解答)は、この記事の最後に載せておきます。
さて、あなたが数えた「さくら」は何本だったでしょうか?

答えは一番下に。

数えたさくらの本数は覚えておいて、少し時間を置いてから解答(さくらの本数)を確認すると、さらに脳は働きますよ。



==============================================

☆ボケない脳を作るには「そろばん&脳トレーニング教室」へ

☆脳を活性化させたいあなたは「大人の為のそろばん教室」へ




 当サイトはブログランキングに参加しています。
 当サイトの脳トレーニングが役に立った、面白かったいう方は
 1日1回ランキングへの一票をお願いします。

     ⇒ コチラをクリック
(クリックで投票となります。)

==============================================



さて、こう読み上げられましたか?

ネコ、もみじ、3本、1本、花見、
お酒、2本、犬、金魚、3本
2本、ラケット、2本、お箸、ビール、
4本、さかな、マラソン、1km、5本
カーテン、ふくろう、かばん、カメラ、パソコン



今日のさくらは全部で5本でしたね。




このブログのトップへ

posted by わくわく先生 at 12:08 | 大阪 ☁ | Comment(0) | 脳トレ−読み上げ系
2006年05月08日

脳トレーニング100 数え読み上げ(6)

 現在の脳トレーニングのテーマは「数え読み上げ」です。

問題中の単語を順番に声を出して読み上げていって下さい。

ただし、「さくら」という単語の入っている所だけは、そのまま読むのではなく、1本、2本、3本、・・・というように数字に読み替えます。
「さくら」という単語はいくつも出てきますので、最初の「さくら」では「1本」、2番目の「さくら」では「2本」、3番目の「さくら」では「3本」、というように、何本目の「さくら」かという数字で読み替えます。


ちょっと練習してみましょう。


(例題)

さくら、時計、花、はさみ、水、

さくら、1本、帽子、自動車、3本、

さくら、カメラ、自転車、さくら、電話



これを順番に読んでいき、読み上げる時は、

1本、時計、花、はさみ、水、
2本、1本、帽子、自動車、3本、
3本、カメラ、自転車、4本、電話



というように読み上げます。途中で、ひっかけで「1本」や「3本」というのがあり、これはそのまま読み上げますが、それまでにあった「さくら」が何本かをちゃんと覚えておいて、「さくら」の本数を読み間違えないようにしましょう。

どうしても無理な人以外は、さくらのところで指を折って数えたりしないで、頭の中だけで数えるようにして下さい。



さぁ、要領わかりましたか?



では、本番です。さくらは何本あるでしょうか?
リズムに気をつけて、テンポ良くできるように頑張って下さい。


(問題)

水着、プール、1着、財布、さくら、

辞典、ぎょうざ、くじゃく、ランプ、くじら、

さくら、アルバム、教会、海水浴、さくら、

つきみ、貴重品、ラケット、2本、にっぽん、

さくら、愛犬、めがね、4本、本屋さん




読み上げ方(解答)は、この記事の最後に載せておきます。
さて、あなたが数えた「さくら」は何本だったでしょうか?

答えは一番下に。

数えたさくらの本数は覚えておいて、少し時間を置いてから解答(さくらの本数)を確認すると、さらに脳は働きますよ。



==============================================

☆ボケない脳を作るには「そろばん&脳トレーニング教室」へ

☆脳を活性化させたいあなたは「大人の為のそろばん教室」へ




 当サイトはブログランキングに参加しています。
 当サイトの脳トレーニングが役に立った、面白かったいう方は
 是非、ランキングサイトへの一票をお願いします。(1日1回のみ有効)

     ⇒ コチラをクリック
(ランキングサイトにとびます)

==============================================



さて、こう読み上げられましたか?

水着、プール、1着、財布、1本
辞典、ぎょうざ、くじゃく、ランプ、くじら、
2本、アルバム、教会、海水浴、3本
つきみ、貴重品、ラケット、2本、にっぽん、
4本、愛犬、めがね、4本、本屋さん



今日のさくらは全部で4本でしたね。




このブログのトップへ

posted by わくわく先生 at 12:33 | 大阪 ☁ | Comment(0) | 脳トレ−読み上げ系
2006年05月07日

相互リンクサイト追加

下記の2サイトを相互リンクに追加しました。(右サイドバー参照)


「女性の健康」 お役立ち情報

女性の健康生活に役立てるために、女性に多い「病気」や「症状」などの予防・改善に役立つ情報を提供しているサイトです。



「ジェネリック医薬品」普及研究所

ジェネリック医薬品(じぇねりっくいやくひん)って何?そんなあなたの疑問にわかりやすくおこたえします。後発品と呼ばれるジェネリック医薬品に関する基礎知識をご紹介。毎月の薬代に頭を悩ませているあなたのために・・・



皆さんのお役にも立てるサイトかと思いますので、ご紹介しておきます。
posted by わくわく先生 at 23:18 | 大阪 ☔ | Comment(0) | 相互リンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。