☆ 総合案内(そろばん式脳トレーニング教室/そろばん教室)
  ⇒ WakuWaku@Soroban/川西珠算学院

☆ 初めての方はお読み下さい
  ⇒ 当ブログの脳トレーニングについて
  ⇒ 当ブログの脳トレーニングをご利用される方へ

☆ そろばん教材ダウンロード
  ⇒ コチラから

☆ そろばん式脳トレーニングの本
  ⇒ そろばん式 脳トレーニングBOOK

  ⇒ 脳がどんどん若返るそろばん不要のそろばん式トレーニング

2006年02月28日

脳トレーニング54 音読と記憶の出し入れ (2)

 現在の脳トレーニングのテーマは「音読と記憶の出し入れ」です。



 下記に、課題文として文章が書かれています。これをまずは音読して下さい。大体覚えたなと思えるまで何度か音読します。何回音読するかは人によりますが、目安は「文章の内容は大体覚えられたな」と思えるくらいです。5回でも10回でも、それ以上でも構いません。

 音読が終わったら、少しだけ時間(3分〜5分程度)を置いて、課題文に対しての設問に取り組んで下さい。



 大切なことは、

音読すること
漠然と読むのではなく意識して覚えようと脳を使うこと
思い出そうと脳を使うこと

です。



 よろしいですか? では、始めましょう。





【課題文】
 小学校3年生の前川くんはお母さんに頼まれて買い物に行きました。2千円を持って出かけ、ニンジン、玉ねぎは八百屋で買い、茄子、牛肉、牛乳、バナナはスーパーで買いました。牛肉は安いもので250円、高いものだと500円しましたが、前川くんは400円のものを買いました。レシートを見ると、ここまでの買い物で1150円を使ったはずなのですが、どうやらどこかでつり銭間違いがあったらしく、手元には900円残っています。お母さんからは200円以内なら、お菓子を買ってもいいと言われていたので、大好きなチョコレートとスナック菓子とキャンディーを買おうとしましたが、それだと予算をオーバーしてしまうので、チョコレートとスナック菓子だけを買って帰りました。





問題文は見えてしまわないように、少し間を空けておきます。

=============================================

☆ 当サイトは、ブログランキングで2月27日現在、
   健康と医療(全般)部門で第3位
   健康と医療(福祉・介護 )部門で第6位です。
   ありがとうございます。

   ランキングはこちら ⇒ Blog Ranking

☆ 脳トレーニングが役に立ってるという方は
   是非、ランキングサイトへの一票をお願いします。
     ⇒ コチラをクリック (1日1クリックのみ有効)

  また、このランキングサイトでは、様々なブログが、
  カテゴリ毎・人気順に掲載されているのでおススメです。

☆ 感想やご意見など、よろしければお気軽にコメントお寄せ下さい。


=============================================



では、問題です。

1.前川くんは何年生ですか?
2.最初に持たされたお金はいくらですか?
3.八百屋で買ったものは何ですか?
4.お菓子は何を買おうとしましたか?
5.牛肉はどこでいくらの物を買いましたか?



どうですか? いくつできましたか?
こうして毎日「覚える⇒思い出す」という訓練をすることも大切なことです。



さて、最後の問題です。

6.あなたは一昨日の晩御飯は何を食べましたか?



健康関連ブログなら ⇒ 人気blogランキング
このブログのトップへ

posted by わくわく先生 at 14:31 | 大阪 ☁ | Comment(0) | 脳トレ−海馬トレーニング(記憶の出し入れ)系
2006年02月27日

脳トレーニング53 音読と記憶の出し入れ (1)

 今日から、また新しいシリーズの脳トレーニングです。是非、頑張って毎回チャレンジして下さいね。


 今回のテーマは「音読と記憶の出し入れ」です。



 下記に、課題文として文章が書かれています。これをまずは音読して下さい。大体覚えたなと思えるまで何度か音読します。何回音読するかは人によりますが、目安は「文章の内容は大体覚えられたな」と思えるくらいです。5回でも10回でも、それ以上でも構いません。

 音読が終わったら、少しだけ時間(3分〜5分程度)を置いて、課題文に対しての設問に取り組んで下さい。



 大切なことは、

音読すること
漠然と読むのではなく意識して覚えようと脳を使うこと
思い出そうと脳を使うこと

です。



 よろしいですか? では、始めましょう。





【課題文】
 山田さんは小学校5年生。いつも仲良しの三宅さんと一緒に学校に行きます。得意な教科は算数と体育ですが、算数はあまり好きではありません。学校が終わると週に3日、塾に行きます。塾はお隣の川島さんと同じクラスの上田くんと3人で行きます。塾では英語も習っていて、3人の中で一番英語が得意なのが上田くんです。川島さんは塾だけでなくスイミングスクールにも行っています。この地域では夏休み期間は毎年、市営プールで無料の水泳教室も開かれるのですが、川島さんはどちらかというと勉強より運動の方が好きなので、年中泳げるスイミングスクールに通うのが楽しみなようです。山田さんも運動が好きなので、何かスポーツを習いたいなと思っています。





問題文は見えてしまわないように、少し間を空けておきます。

=============================================

☆ 当サイトは、ブログランキングで2月26日現在、
   健康と医療(全般)部門で第3位
   健康と医療(福祉・介護 )部門で第7位です。
   ありがとうございます。

   ランキングはこちら ⇒ Blog Ranking

☆ 脳トレーニングが役に立ってるという方は
   是非、ランキングサイトへの一票をお願いします。
     ⇒ コチラをクリック (1日1クリックのみ有効)

  また、このランキングサイトでは、様々なブログが、
  カテゴリ毎・人気順に掲載されているのでおススメです。

☆ 感想やご意見など、よろしければお気軽にコメントお寄せ下さい。


=============================================



では、問題です。

1.山田さんは誰と一緒に学校に行っていますか?
2.3人の中で英語が一番得意なのは誰ですか?
3.山田さんは何年生ですか?
4.無料の水泳教室はいつ、どこで開かれますか?
5.お隣に住んでいるのは誰ですか?



どうですか? いくつできましたか?
こうして毎日「覚える⇒思い出す」という訓練をすることも大切なことです。



さて、最後の問題です。

6.あなたは一昨日の晩御飯は何を食べましたか?



健康関連ブログなら ⇒ 人気blogランキング
このブログのトップへ

posted by わくわく先生 at 11:48 | 大阪 ☁ | Comment(0) | 脳トレ−海馬トレーニング(記憶の出し入れ)系
2006年02月25日

現在のメールマガジンのテーマ

 当ブログでの脳トレーニングのテーマは次週から新しいものになりますが、手指を使った脳トレーニングは概ね好評のようです。

 ただ、同じようなものばかりだと飽きてしまいますので、色々なタイプの課題をご用意しています。次週からは記憶の出し入れの訓練をテーマとして考えています。

 週二回発刊しているメールマガジンの方では、現在は手指を使った脳トレーニングがテーマになっています。今週までの当ブログでのテーマ(指体操)を気に入られた方は、こちらも楽しんで取り組めるかもしれませんので、もしよろしければ、購読してみて下さい。もちろん無料です。参考までにメールマガジンの前回分を掲載しておきます。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆ 脳トレーニングのトピック 〜数字じゃんけん(パターンA)(1)



【説明】
じゃんけんで出す指の本数は、

 「グー」の時は、「0」
 「チョキ」の時は、「2」
 「パー」の時は、「5」

ですね。

問題文には数字が15個書いてありますが、次のうちのいずれかです。

0   2   4   5   7   10



あなたは、右手と左手でじゃんけんをします。ただし、じゃんけんで出す指の
合計が、その問題文にある数になるようにして下さい。

「0」だと、両手とも「グー」。
「2」だと、片方が「チョキ」で、もう片方が「グー」。
「4」だと、両手とも「チョキ」。
「5」だと、片方が「パー」で、もう片方が「グー」。
「7」だと、片方が「パー」で、もう片方が「チョキ」。
「10」だと、両手とも「パー」。


ですね。

15個の数字があるので、15回じゃんけんすることになります。どちらの手
が勝っても構いません。もし、簡単に感じる方は、勝ち負けが決まる場合は、
どちらの手が勝つかを決めてからチャレンジしてみて下さい。また、一定のリ
ズムでやることを心がけて下さい。



では、準備はよろしいですか?
じゃあ、はじめましょう。


じゃーんけーん ぽん



===ここから問題===

 2   5   4   0   7


10   7   0   5   2


10   4   5   0   7



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「メルマガ版 介護保険をぶっとばせ」の購読申し込みはコチラ


☆ 当サイトは、ブログランキングで2月24日現在、
   健康と医療(全般)部門で第3位
   健康と医療(福祉・介護 )部門で第9位です。
   ありがとうございます。

   ランキングはこちら ⇒ Blog Ranking

☆ 今日の脳トレーニングが役に立ったという方は
   是非、ランキングサイトへの一票をお願いします。
     ⇒ コチラをクリック (1日1クリックのみ有効)

  また、このランキングサイトでは、様々なブログが、
  カテゴリ毎・人気順に掲載されているのでおススメです。

☆ 感想やご意見など、よろしければお気軽にコメントお寄せ下さい。


このブログのトップへ

posted by わくわく先生 at 14:31 | 大阪 | Comment(2) | その他
2006年02月24日

脳トレーニング52 指体操(パターンA) (10)

 現在の脳トレーニングのテーマは「指体操(パターンA)」です。

 課題には数字が書いてあります。この数字を声に出して読みながら、手指で同じ数を作ります。指は5本なので、5までだと片手でできますが、6以上だと両手を使うことになりますね。
 片手を使う場合は、5までは利き手と逆の手(右利きの方は左手)で、6以上は利き手で残りの数を作りましょう。
 また、赤色で書いてある数字のところは、逆に5までは利き手で、6以上は利き手と逆の手(右利きの方は左手)で、その数を作ります。



 ややこしいですが、例題がこのテーマの1回目にあります。例題をやれば、やり方はわかると思うので、是非、そちらを参照して下さい。


  第1回はこちら




下記、課題の数字は全部で15個あります。
上の段の左から右へ、次に中段の左から右へ、最後に下段の左から右へという順で取り組んで下さい。


さぁ、準備はいいですか?
最初はゆっくりでも構いませんので、頑張ってやりましょう。
また、早くやるよりも、リズムよく同じテンポでやるように心がけて下さい。

では、始めましょう。



 0    7  2  


 3    5  0  7


   8  9  2  




☆ 当サイトは、ブログランキングで2月23日現在、
   健康と医療(全般)部門で第3位
   健康と医療(福祉・介護 )部門で第9位です。
   ありがとうございます。

   ランキングはこちら ⇒ Blog Ranking

☆ 今日の脳トレーニングが役に立ったという方は
   是非、ランキングサイトへの一票をお願いします。
     ⇒ コチラをクリック (1日1クリックのみ有効)

  また、このランキングサイトでは、様々なブログが、
  カテゴリ毎・人気順に掲載されているのでおススメです。

☆ 感想やご意見など、よろしければお気軽にコメントお寄せ下さい。


このブログのトップへ

posted by わくわく先生 at 18:39 | 大阪 ☁ | Comment(0) | 脳トレ−指体操系
2006年02月23日

脳トレーニング51 指体操(パターンA) (9)

 現在の脳トレーニングのテーマは「指体操(パターンA)」です。

 課題には数字が書いてあります。この数字を声に出して読みながら、手指で同じ数を作ります。指は5本なので、5までだと片手でできますが、6以上だと両手を使うことになりますね。
 片手を使う場合は、5までは利き手と逆の手(右利きの方は左手)で、6以上は利き手で残りの数を作りましょう。
 また、赤色で書いてある数字のところは、逆に5までは利き手で、6以上は利き手と逆の手(右利きの方は左手)で、その数を作ります。



 ややこしいですが、例題がこのテーマの1回目にあります。例題をやれば、やり方はわかると思うので、是非、そちらを参照して下さい。


  第1回はこちら




下記、課題の数字は全部で15個あります。
上の段の左から右へ、次に中段の左から右へ、最後に下段の左から右へという順で取り組んで下さい。


さぁ、準備はいいですか?
最初はゆっくりでも構いませんので、頑張ってやりましょう。
また、早くやるよりも、リズムよく同じテンポでやるように心がけて下さい。

では、始めましょう。



 6    7  1  


 4  6  4    0


 5  3    3  8




☆ 当サイトは、ブログランキングで2月22日現在、
   健康と医療(全般)部門で第3位
   健康と医療(福祉・介護 )部門で第10位です。
   ありがとうございます。

   ランキングはこちら ⇒ Blog Ranking

☆ 今日の脳トレーニングが役に立ったという方は
   是非、ランキングサイトへの一票をお願いします。
     ⇒ コチラをクリック (1日1クリックのみ有効)

  また、このランキングサイトでは、様々なブログが、
  カテゴリ毎・人気順に掲載されているのでおススメです。

☆ 感想やご意見など、よろしければお気軽にコメントお寄せ下さい。




posted by わくわく先生 at 13:57 | 大阪 ☁ | Comment(3) | 脳トレ−指体操系
2006年02月22日

脳トレーニング50 指体操(パターンA) (8)

 現在の脳トレーニングのテーマは「指体操(パターンA)」です。

 課題には数字が書いてあります。この数字を声に出して読みながら、手指で同じ数を作ります。指は5本なので、5までだと片手でできますが、6以上だと両手を使うことになりますね。
 片手を使う場合は、5までは利き手と逆の手(右利きの方は左手)で、6以上は利き手で残りの数を作りましょう。
 また、赤色で書いてある数字のところは、逆に5までは利き手で、6以上は利き手と逆の手(右利きの方は左手)で、その数を作ります。



 ややこしいですが、例題がこのテーマの1回目にあります。例題をやれば、やり方はわかると思うので、是非、そちらを参照して下さい。


  第1回はこちら




下記、課題の数字は全部で15個あります。
上の段の左から右へ、次に中段の左から右へ、最後に下段の左から右へという順で取り組んで下さい。


さぁ、準備はいいですか?
最初はゆっくりでも構いませんので、頑張ってやりましょう。
また、早くやるよりも、リズムよく同じテンポでやるように心がけて下さい。

では、始めましょう。



 2    7    5


 3  6  1    2


 5  1    5  0




☆ 当サイトは、ブログランキングで2月21日現在、
   健康と医療(全般)部門で第3位
   健康と医療(福祉・介護 )部門で第9位です。
   ありがとうございます。

   ランキングはこちら ⇒ Blog Ranking

☆ 今日の脳トレーニングが役に立ったという方は
   是非、ランキングサイトへの一票をお願いします。
     ⇒ コチラをクリック (1日1クリックのみ有効)

  また、このランキングサイトでは、様々なブログが、
  カテゴリ毎・人気順に掲載されているのでおススメです。

☆ 感想やご意見など、よろしければお気軽にコメントお寄せ下さい。




posted by わくわく先生 at 15:00 | 大阪 ☁ | Comment(0) | 脳トレ−指体操系
2006年02月21日

脳トレーニング49 指体操(パターンA) (7)

 現在の脳トレーニングのテーマは「指体操(パターンA)」です。

 課題には数字が書いてあります。この数字を声に出して読みながら、手指で同じ数を作ります。指は5本なので、5までだと片手でできますが、6以上だと両手を使うことになりますね。
 片手を使う場合は、5までは利き手と逆の手(右利きの方は左手)で、6以上は利き手で残りの数を作りましょう。
 また、赤色で書いてある数字のところは、逆に5までは利き手で、6以上は利き手と逆の手(右利きの方は左手)で、その数を作ります。



 ややこしいですが、例題がこのテーマの1回目にあります。例題をやれば、やり方はわかると思うので、是非、そちらを参照して下さい。


  第1回はこちら




下記、課題の数字は全部で15個あります。
上の段の左から右へ、次に中段の左から右へ、最後に下段の左から右へという順で取り組んで下さい。


さぁ、準備はいいですか?
最初はゆっくりでも構いませんので、頑張ってやりましょう。
また、早くやるよりも、リズムよく同じテンポでやるように心がけて下さい。

では、始めましょう。



 3  6  1    0


   4  7  3  1

  
 5    3  1  




☆ 当サイトは、ブログランキングで2月20日現在、
   健康と医療(全般)部門で第3位
   健康と医療(福祉・介護 )部門で第12位です。
   ありがとうございます。

   ランキングはこちら ⇒ Blog Ranking

☆ 今日の脳トレーニングが役に立ったという方は
   是非、ランキングサイトへの一票をお願いします。
     ⇒ コチラをクリック (1日1クリックのみ有効)

  また、このランキングサイトでは、様々なブログが、
  カテゴリ毎・人気順に掲載されているのでおススメです。

☆ 感想やご意見など、よろしければお気軽にコメントお寄せ下さい。




posted by わくわく先生 at 14:06 | 大阪 ☁ | Comment(0) | 脳トレ−指体操系
2006年02月20日

脳トレーニング48 指体操(パターンA) (6)

 現在の脳トレーニングのテーマは「指体操(パターンA)」です。

 課題には数字が書いてあります。この数字を声に出して読みながら、手指で同じ数を作ります。指は5本なので、5までだと片手でできますが、6以上だと両手を使うことになりますね。
 片手を使う場合は、5までは利き手と逆の手(右利きの方は左手)で、6以上は利き手で残りの数を作りましょう。
 また、赤色で書いてある数字のところは、逆に5までは利き手で、6以上は利き手と逆の手(右利きの方は左手)で、その数を作ります。



 ややこしいですが、例題がこのテーマの1回目にあります。例題をやれば、やり方はわかると思うので、是非、そちらを参照して下さい。


  第1回はこちら




下記、課題の数字は全部で15個あります。
上の段の左から右へ、次に中段の左から右へ、最後に下段の左から右へという順で取り組んで下さい。


さぁ、準備はいいですか?
最初はゆっくりでも構いませんので、頑張ってやりましょう。
また、早くやるよりも、リズムよく同じテンポでやるように心がけて下さい。

では、始めましょう。



 7    5  3  


 2  6  1    6


 4  7  3  0  




☆ 当サイトは、ブログランキングで2月19日現在、
   健康と医療(全般)部門で第3位
   健康と医療(福祉・介護 )部門で第13位です。
   ありがとうございます。

   ランキングはこちら ⇒ Blog Ranking

☆ 今日の脳トレーニングが役に立ったという方は
   是非、ランキングサイトへの一票をお願いします。
     ⇒ コチラをクリック (1日1クリックのみ有効)

  また、このランキングサイトでは、様々なブログが、
  カテゴリ毎・人気順に掲載されているのでおススメです。

☆ 感想やご意見など、よろしければお気軽にコメントお寄せ下さい。




posted by わくわく先生 at 12:15 | 大阪 ☁ | Comment(0) | 脳トレ−指体操系
2006年02月19日

認知症予防

 このサイトで主に取り扱っているテーマは介護予防であり、その中でも特に脳機能の低下を予防することです。認知症予防と言い換えてもいいでしょう。

 認知症を発症してしまった場合は、その程度に応じて、様々な形式の学習療法を行い、脳機能の維持もしくはQOL(Quality Of Life=生活の質)改善を目指します。こういったことに取り組まれている方々も多く知っていますし、その努力も実を結びつつあります。

 しかし、少なくとも、現在の医学では、一度認知症を発症してしまうと、完全に治癒することはできません。だからこそ、私はいつも口癖のように言っているのが予防の重要性なのです。身体を蝕む病も同様です。

 糖尿病などの生活習慣病は、その予防については言い尽くされていますが、認知症については、まだまだだと私は感じています。認知症も予防はできます。

 現在は便利さと引き換えに、人間が頭や身体を使わなくなりました。電卓然り、コンピューター然り、電車やバス、自家用車然りです。言い換えると、今の時代は意識しないと頭や身体を使えない世の中なのです。


 自分の子供や孫の世話になりたくない、迷惑をかけたくないと思う方が非常に多くなっているようです。是非、意識して身体も頭(脳)も使うようにしたいものですね。



☆ 当サイトは、ブログランキングで2月18日現在、
   健康と医療(全般)部門で第4位
   健康と医療(福祉・介護 )部門で第11位です。
   ありがとうございます。

   ランキングはこちら ⇒ Blog Ranking


  このランキングサイトでは、様々なサイトが、
  カテゴリ毎・人気順に掲載されているのでおススメです。

☆ 感想やご意見など、よろしければお気軽にコメントお寄せ下さい。

posted by わくわく先生 at 22:28 | 大阪 ☁ | Comment(2) | 頭(脳)の健康
2006年02月18日

お詫び2

 当ブログをご愛顧頂いている皆様、いつもありがとうございます。

 当ブログで利用させて頂いているSeesaa様でシステムトラブルが続いており、緊急メンテナンスを実施しています。このブログの読者のみなさんには大変ご不便をおかけ致しまして本当に申し訳ありません。

 また、今後もメンテナンスの為に利用できない時間がでてきますので、Seesaa様からの案内の一部抜粋を参考までに掲載しておきます。



=====以下、Seesaa様からの案内の抜粋=====
Seesaaサービスをご利用いただき、ありがとうございます。

Seesaaでは本日2月18日に、2月16-17日および17-18日にかけて障害の発生したファイルサーバのメンテナンス作業を実施いたします。
本作業は、連続して障害の発生した当該サーバの信頼性回復を目的に、主要部品の交換を行うものであります。

本作業に伴い、下記の時間帯にてSeesaa ショッピング、Seesaa ブログおよびアカウントサービスが一時利用停止となりますのでお知らせいたします。

■ 作業期間
第一回メンテナンス:2月18日(土) 午前09:00 - 17:00
第二回メンテナンス:2月19日(日) 午前03:00 - 09:00


===中略


■ メンテナンス完了後の注意
メンテナンス完了後もブラウザの種類によっては画像などのファイルの表示がキャッシュとして保存され、正常に表示されない場合がございます。その場合、ブラウザのキャッシュをクリアした後に再度アクセスしてください。

Microsoft IEをお使いの方は、以下の手順でキャッシュの削除を行ってください。
1.ブラウザの起動後、上部ツールバーにある[ツール]をクリックして、内部にある[インターネットオプション]を表示
2.新規ウィンドウにて[インターネットオプション]が開くので、[全般]内にある[ファイルの削除]を選択
3.終了後[OK]ボタンを押下
以上の操作でブラウザのキャッシュは削除されます。


本作業の終了予定時刻につきましては、作業の進捗状況により変更する場合がございます。

Seesaaサービスご利用のみなさまには度重なるサービス一時停止により、多大なご迷惑をおかけしておりますが、本作業は障害の再発防止策の一環として必要な作業でありますので、何卒ご理解ご協力のほど宜しくお願い致します。


=====Seesaa様からの案内の抜粋 ここまで=====



度々、ご不便をおかけ致しまして本当に申し訳ありません。



posted by わくわく先生 at 17:24 | 大阪 ☀ | Comment(0) | その他
2006年02月17日

脳トレーニング47 指体操(パターンA) (5)

 現在の脳トレーニングのテーマは「指体操(パターンA)」です。

 課題には数字が書いてあります。この数字を声に出して読みながら、手指で同じ数を作ります。指は5本なので、5までだと片手でできますが、6以上だと両手を使うことになりますね。
 片手を使う場合は、5までは利き手と逆の手(右利きの方は左手)で、6以上は利き手で残りの数を作りましょう。
 また、赤色で書いてある数字のところは、逆に5までは利き手で、6以上は利き手と逆の手(右利きの方は左手)で、その数を作ります。



 ややこしいですが、例題がこのテーマの1回目にあります。例題をやれば、やり方はわかると思うので、是非、そちらを参照して下さい。


  第1回はこちら




下記、課題の数字は全部で15個あります。
上の段の左から右へ、次に中段の左から右へ、最後に下段の左から右へという順で取り組んで下さい。


さぁ、準備はいいですか?
最初はゆっくりでも構いませんので、頑張ってやりましょう。
また、早くやるよりも、リズムよく同じテンポでやるように心がけて下さい。

では、始めましょう。



 4    2  8  3


   7  2  0   


 1  4    8  3




☆ 当サイトは、ブログランキングで2月16日現在、
   健康と医療(全般)部門で第4位
   健康と医療(福祉・介護 )部門で第11位です。
   ありがとうございます。

   ランキングはこちら ⇒ Blog Ranking

☆ 今日の脳トレーニングが役に立ったという方は
   是非、ランキングサイトへの一票をお願いします。
     ⇒ コチラをクリック (1日1クリックのみ有効)

  また、このランキングサイトでは、様々なブログが、
  カテゴリ毎・人気順に掲載されているのでおススメです。

☆ 感想やご意見など、よろしければお気軽にコメントお寄せ下さい。




posted by わくわく先生 at 16:55 | 大阪 ☁ | Comment(0) | 脳トレ−指体操系

お詫び

 当ブログをご愛顧頂いている皆様、いつもありがとうございます。


 昨日は午後以降、システムトラブルにより利用できない時間が続きました。毎日、ご利用頂いている皆様にはご不便をおかけ致しまして申し訳ありませんでした。

 気を取り直して、また本日から脳トレーニングを発信していきますので、今後とも、変わらぬご愛顧をよろしくお願いいたします。



  ペコリ   m(._.)m


posted by わくわく先生 at 02:07 | 大阪 ☔ | Comment(2) | その他
2006年02月15日

脳トレーニング46 指体操(パターンA) (4)

 現在の脳トレーニングのテーマは「指体操(パターンA)」です。

 課題には数字が書いてあります。この数字を声に出して読みながら、手指で同じ数を作ります。指は5本なので、5までだと片手でできますが、6以上だと両手を使うことになりますね。
 片手を使う場合は、5までは利き手と逆の手(右利きの方は左手)で、6以上は利き手で残りの数を作りましょう。
 また、赤色で書いてある数字のところは、逆に5までは利き手で、6以上は利き手と逆の手(右利きの方は左手)で、その数を作ります。



 ややこしいですが、例題がこのテーマの1回目にあります。例題をやれば、やり方はわかると思うので、是非、そちらを参照して下さい。


  第1回はこちら




下記、課題の数字は全部で15個あります。
上の段の左から右へ、次に中段の左から右へ、最後に下段の左から右へという順で取り組んで下さい。


さぁ、準備はいいですか?
最初はゆっくりでも構いませんので、頑張ってやりましょう。
また、早くやるよりも、リズムよく同じテンポでやるように心がけて下さい。

では、始めましょう。



 8  4    6  2


 0  9  4    7


   6  2    2




☆ 当サイトは、ブログランキングで2月14日現在、
   健康と医療(全般)部門で第3位
   健康と医療(福祉・介護 )部門で第10位です。
   ありがとうございます。

   ランキングはこちら ⇒ Blog Ranking

☆ 今日の脳トレーニングが役に立ったという方は
   是非、ランキングサイトへの一票をお願いします。
     ⇒ コチラをクリック (1日1クリックのみ有効)

  また、このランキングサイトでは、様々なブログが、
  カテゴリ毎・人気順に掲載されているのでおススメです。

☆ 感想やご意見など、よろしければお気軽にコメントお寄せ下さい。




posted by わくわく先生 at 14:23 | 大阪 ☁ | Comment(0) | 脳トレ−指体操系
2006年02月14日

脳トレーニング45 指体操(パターンA) (3)

 現在の脳トレーニングのテーマは「指体操(パターンA)」です。

 課題には数字が書いてあります。この数字を声に出して読みながら、手指で同じ数を作ります。指は5本なので、5までだと片手でできますが、6以上だと両手を使うことになりますね。
 片手を使う場合は、5までは利き手と逆の手(右利きの方は左手)で、6以上は利き手で残りの数を作りましょう。
 また、赤色で書いてある数字のところは、逆に5までは利き手で、6以上は利き手と逆の手(右利きの方は左手)で、その数を作ります。



 ややこしいですが、例題がこのテーマの1回目にあります。例題をやれば、やり方はわかると思うので、是非、そちらを参照して下さい。


  第1回はこちら




下記、課題の数字は全部で15個あります。
上の段の左から右へ、次に中段の左から右へ、最後に下段の左から右へという順で取り組んで下さい。


さぁ、準備はいいですか?
最初はゆっくりでも構いませんので、頑張ってやりましょう。
また、早くやるよりも、リズムよく同じテンポでやるように心がけて下さい。

では、始めましょう。



 1  7  2  8  


 3    2    7


 4    5    3




☆ 当サイトは、ブログランキングで2月13日現在、
   健康と医療(全般)部門で第3位
   健康と医療(福祉・介護 )部門で第10位です。
   ありがとうございます。

   ランキングはこちら ⇒ Blog Ranking

☆ 今日の脳トレーニングが役になったという方は
   是非、ランキングサイトへの一票をお願いします。
     ⇒ コチラをクリック (1日1クリックのみ有効)

  また、このランキングサイトでは、様々なブログが、
  カテゴリ毎・人気順に掲載されているのでおススメです。

☆ 感想やご意見など、よろしければお気軽にコメントお寄せ下さい。




posted by わくわく先生 at 13:43 | 大阪 ☀ | Comment(0) | 脳トレ−指体操系
2006年02月13日

脳トレーニング44 指体操(パターンA) (2)

 現在の脳トレーニングのテーマは「指体操(パターンA)」です。

 課題には数字が書いてあります。この数字を声に出して読みながら、手指で同じ数を作ります。指は5本なので、5までだと片手でできますが、6以上だと両手を使うことになりますね。
 片手を使う場合は、5までは利き手と逆の手(右利きの方は左手)で、6以上は利き手で残りの数を作りましょう。
 また、赤色で書いてある数字のところは、逆に5までは利き手で、6以上は利き手と逆の手(右利きの方は左手)で、その数を作ります。



 ややこしいですが、例題がこのテーマの1回目にあります。例題をやれば、やり方はわかると思うので、是非、そちらを参照して下さい。


  第1回はこちら




下記、課題の数字は全部で15個あります。
上の段の左から右へ、次に中段の左から右へ、最後に下段の左から右へという順で取り組んで下さい。


さぁ、準備はいいですか?
最初はゆっくりでも構いませんので、頑張ってやりましょう。
また、早くやるよりも、リズムよく同じテンポでやるように心がけて下さい。

では、始めましょう。



 6  4    8  3


 5    6  0  1


 7  3    9  7
  



ランキングサイトでも、脳トレーニングおよび脳の健康に関する記事が見つかります。

  こちらから ⇒ Blog Ranking




posted by わくわく先生 at 13:38 | 大阪 ☀ | Comment(0) | 脳トレ−指体操系
2006年02月11日

アルツハイマー病薬の開発

 現在、日本国内ではアルツハイマー型認知症の患者さんは100万人以上いると言われていますが、アルツハイマー型認知症治療薬の製品化計画に遅れが出ているようです。この病気の根本的な原因が、まだはっきり判っていない為に、臨床試験などで有効性を証明するのが難しいとのこと。

 現在、日本で唯一効能が認められているのは、「アリセプト(エーザイ)」ですが、現状では軽中度のアルツハイマー型認知症の進行を遅らせる効果はあるものの、根本的な治療薬ではありません。また、急性腎不全を併発する恐れのある横紋筋融解症になったとみられる副作用の報告もあり、投与には安全性に留意することが必要との発表が厚生労働省からも出されています。

 より治療効果の高い薬の開発も、各社が進めており、主なところでは、エクセロン(ノバルティスファーマ/小野薬品工業)、ガランタミン(ヤンセンファーマ)、メマンチン(第一製薬)、T−588(富山化学工業)、エパデール(持田製薬)などがあります。しかし、これらはアメリカでは発売されているが、日本国内では有効性の検証が不十分とされていたり、開発遅れや中断、中止になったりで、アルツハイマー型認知症の治療薬は、前途多難と言わざるを得ません。

 アルツハイマー病の治療薬は日本国内だけでも数千億規模の大型市場に成長するとの予測もあります。確かに認知症の患者さんは現状でも多いですし、さらに増加するとも言われています。また、若年認知症(若年性認知症)も年々増加しており、非常に深刻な状況です。


 製薬メーカーや研究している方々には、頑張って根本原因や治療薬、治療法の開発に力をいれてもらいたいものですが、それを期待して待つよりも、まずは個々人が認知症予防、脳の老化予防を心掛け、実践していきたいものですね。



ランキングサイトでも、認知症や医療に関する記事が見つかります。

  こちらから ⇒ Blog Ranking



posted by わくわく先生 at 14:07 | 大阪 ☁ | Comment(0) | 頭(脳)の健康
2006年02月10日

脳トレーニング43 指体操(パターンA) (1)

 今日からは新しいテーマの脳トレーニング、「指体操(パターンA)」です。

 課題には数字が書いてあります。この数字を声に出して読みながら、手指で同じ数を作ります。指は5本なので、5までだと片手でできますが、6以上だと両手を使うことになりますね。
 片手を使う場合は、5までは利き手と逆の手(右利きの方は左手)で、6以上は利き手で残りの数を作りましょう。
 また、赤色で書いてある数字のところは、逆に5までは利き手で、6以上は利き手と逆の手(右利きの方は左手)で、その数を作ります。



 ややこしいので、例題で説明しましょう。例題での説明は、右利きの場合です。左利きの方は、説明文中の左手と右手を逆に読んで下さい。


【例題】
7  3  5    8    0



まず、1つ目は7ですので、
「7」と声に出して読みながら、左手で「5」、右手で「2」を出します。
じゃんけんで言うと、左手がパー、右手がチョキのような形になります。


2つ目は3。
「3」と声に出して読みながら、左手で「3」、右手は「0」です。
左手は3本の指を立て、右手はじゃんけんで言うと、グーのようにします。


3つ目は5。
「5」と声に出して読みながら、左手で「5」、右手は「0」です。
同様に左手はパー。右手はグーの形ですね。


4つ目も5。
「5」と声に出して読むのは同じですが、これは赤字になってますので、
左手は「0」、右手が「5」です。
左手はグー。右手はパーの形ですね。


5つ目は8。
「8」と声に出して読みながら、左手で「5」、右手は「3」です。
左手はパー、右手は3本の指を立てる形になります。


6つ目は7。
「7」と声に出して読み、左手は「2」、右手は「5」ですね。
赤字の「7」ですから、左右の手が逆になりますね。


7つ目は0。
「0」と声に出して読みながら、左手も右手も「0」、すなわち
両手とも、じゃんけんのグーのような形を作ります。





 例題を一回やって頂くと、やり方は大体わかると思います。
下記、課題の数字は全部で15個あります。
上の段の左から右へ、次に中段の左から右へ、最後に下段の左から右へという順で取り組んで下さい。


さぁ、準備はいいですか?
最初はゆっくりでも構いませんので、頑張ってやりましょう。
また、早くやるよりも、リズムよく同じテンポでやるように心がけて下さい。

では、始めましょう。


 3  8    2  4


 1      6  


 5  0    2  7







このブログのトップへ

posted by わくわく先生 at 15:39 | 大阪 ☀ | Comment(0) | 脳トレ−指体操系
2006年02月08日

脳トレーニング42 じゃんけんゲーム(パターンA) (10)

 現在の脳トレーニングのテーマ「じゃんけんゲーム(パターンA)」は、今日で一旦終了です。

 下記の画像には15個のマスがあり、それぞれのマスには、「グー」、「チョキ」、「パー」のいずれかが入っています。この手と順番にじゃんけんをします。(順番は上段の左端から右に行き、1段目が終わったら、2段目を左から右に。2段目が終わったら3段目(同様に左から右)の順)



【ルール】
◎それぞれの手に、あなたが勝つようにじゃんけんをします。
但し、赤枠で囲まれた手にはあなたが負けるようにじゃんけんをします。




【注意点】
◎ご自身で「じゃんけんポン」と言いながら一定のリズムでやって下さい。
◎できれば利き手と逆の方の手(右利きの方は左手、左利きの方は右手)でやってみましょう。
◎何度かチャレンジして、段々と早くできるように頑張りましょう。
◎もし余裕のある方は、じゃんけんをしない方の手を、画像の手とは全く無関係に、「グー」、「チョキ」、「パー」、「グー」、「チョキ」、「パー」・・・と順番に出していってください。(じゃんけんをする手と同じリズムでやって下さい)。こちらの手は必ず最後は「パー」になるはずです。





さぁ、準備はいいですか? それでは始めて下さい。

画像はクリックすると大きくなります。
060208_じゃんけんP1.jpg



ランキングサイトでも、脳トレーニングおよび脳の健康に関する記事が見つかります。

  こちらから ⇒ Blog Ranking
 

このブログのトップへ
posted by わくわく先生 at 13:00 | 大阪 ☀ | Comment(2) | 脳トレ−じゃんけん系
2006年02月07日

脳トレーニング41 じゃんけんゲーム(パターンA) (9)

 現在の脳トレーニングは「じゃんけんゲーム(パターンA)」です。

 下記の画像には15個のマスがあり、それぞれのマスには、「グー」、「チョキ」、「パー」のいずれかが入っています。この手と順番にじゃんけんをします。(順番は上段の左端から右に行き、1段目が終わったら、2段目を左から右に。2段目が終わったら3段目(同様に左から右)の順)



【ルール】
◎それぞれの手に、あなたが勝つようにじゃんけんをします。
但し、赤枠で囲まれた手にはあなたが負けるようにじゃんけんをします。




【注意点】
◎ご自身で「じゃんけんポン」と言いながら一定のリズムでやって下さい。
◎できれば利き手と逆の方の手(右利きの方は左手、左利きの方は右手)でやってみましょう。
◎何度かチャレンジして、段々と早くできるように頑張りましょう。
◎もし余裕のある方は、じゃんけんをしない方の手を、画像の手とは全く無関係に、「グー」、「チョキ」、「パー」、「グー」、「チョキ」、「パー」・・・と順番に出していってください。(じゃんけんをする手と同じリズムでやって下さい)。こちらの手は必ず最後は「パー」になるはずです。





さぁ、準備はいいですか? それでは始めて下さい。

画像はクリックすると大きくなります。
060207_じゃんけんP1.jpg



ランキングサイトでも、脳トレーニングおよび脳の健康に関する記事が見つかります。

  こちらから ⇒ Blog Ranking
 

このブログのトップへ

posted by わくわく先生 at 12:39 | 大阪 ☁ | Comment(0) | 脳トレ−じゃんけん系
2006年02月06日

脳トレーニング40 じゃんけんゲーム(パターンA) (8)

 現在の脳トレーニングは「じゃんけんゲーム(パターンA)」です。

 下記の画像には15個のマスがあり、それぞれのマスには、「グー」、「チョキ」、「パー」のいずれかが入っています。この手と順番にじゃんけんをします。(順番は上段の左端から右に行き、1段目が終わったら、2段目を左から右に。2段目が終わったら3段目(同様に左から右)の順)



【ルール】
◎それぞれの手に、あなたが勝つようにじゃんけんをします。
但し、赤枠で囲まれた手にはあなたが負けるようにじゃんけんをします。




【注意点】
◎ご自身で「じゃんけんポン」と言いながら一定のリズムでやって下さい。
◎できれば利き手と逆の方の手(右利きの方は左手、左利きの方は右手)でやってみましょう。
◎何度かチャレンジして、段々と早くできるように頑張りましょう。
◎もし余裕のある方は、じゃんけんをしない方の手を、画像の手とは全く無関係に、「グー」、「チョキ」、「パー」、「グー」、「チョキ」、「パー」・・・と順番に出していってください。(じゃんけんをする手と同じリズムでやって下さい)。こちらの手は必ず最後は「パー」になるはずです。





さぁ、準備はいいですか? それでは始めて下さい。

画像はクリックすると大きくなります。
060206_じゃんけんP1.jpg



☆ 当サイトは、ブログランキングで2月5日現在、
   健康と医療(全般)部門で第4位
   健康と医療(福祉・介護 )部門で第10位です。
   ありがとうございます。

   ランキングはこちら ⇒ Blog Ranking

☆ 今後も定期的な脳トレーニングの掲載をご希望の方は
   ランキングサイトへの一票をお願いします。
     ⇒ コチラをクリック (1日1クリックのみ有効)

  このランキングサイトでは、様々なサイトが、
  カテゴリ毎・人気順に掲載されているのでおススメです。

☆ 感想やご意見など、よろしければお気軽にコメントお寄せ下さい。




posted by わくわく先生 at 13:29 | 大阪 ☁ | Comment(0) | 脳トレ−じゃんけん系
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。