☆ 総合案内(そろばん式脳トレーニング教室/そろばん教室)
  ⇒ WakuWaku@Soroban/川西珠算学院

☆ 初めての方はお読み下さい
  ⇒ 当ブログの脳トレーニングについて
  ⇒ 当ブログの脳トレーニングをご利用される方へ

☆ そろばん教材ダウンロード
  ⇒ コチラから

☆ そろばん式脳トレーニングの本
  ⇒ そろばん式 脳トレーニングBOOK

  ⇒ 脳がどんどん若返るそろばん不要のそろばん式トレーニング

2005年08月28日

いつでも始められるはいつまでも始めない

 このサイトでは主に脳の健康についての述べていて、特に予防に重点を置いています。

 私の父は脳梗塞で倒れ、長い闘病生活で最後は随分と苦しい思いをしました。身近で家族の苦しそうな姿を見て、本当に予防の大切さを実感しました。だからこそ、同じような苦しい思いをする人を少しでも減らしたい。そういう思いでこのサイトを運営しています。

 上手に予防をしていれば、かなりの病気は防げます。厚生労働省調査の最新(平成16年)の「国民生活基礎調査」によると、介護が必要になった原因の一位が「脳血管疾患(脳卒中など)」であり、二位が「認知症」です。また、「脳血管疾患」および「認知症」の二つは、要介護度が高い程、割合も高くなっています。

 今、健康に対しての関心が高まっていて、それはそれでいいことなのですが、この調査からもわかるように、身体だけを鍛えていればよいわけではなく、脳もしっかり鍛えることが必要だということもわかります。さらには、うつ病にならないような心の健康も大切で、身体・脳・心の三つのバランスの取れた健康を維持することが、健康寿命を延ばすには必要不可欠だと言えるでしょう。
 実際に病気になってしまうと多額のお金が必要になります。また、経済的な負担以上に、精神的な負担が、ご本人およびご家族を苦しめてしまいます。

 だからこそ、今日から、いえ今から。始められることを始めて下さい。予防というのはいつでも始めることができますが、実際に具合が悪くなったり病気の症状が出ていないうちは、なかなか始められません。しかし、実際に具合が悪くなったり病気の症状が出てきてからでは遅いのです。

 せっかく、このサイトを訪れてくださったのですから、是非これをきっかけに健康のためのよい習慣・予防を意識して始めて下さい。私の父と同じように、闘病や寝たきりで苦しむ人を見たくありません。一人でも二人でも健康な人が増えますように。また一日でも一週間でも皆様方の健康寿命が延びますように。私自身も、そんな願いを持って、これからも頑張りたいと思います。


ランキングサイトでも、「健康と医療」に関するサイトが
カテゴリ毎・人気順に掲載されています。

  こちらから ⇒ Blog Ranking



posted by わくわく先生 at 11:30 | Comment(0) | 全般
2005年08月26日

脳トレーニング6

 下記の画像には6×5の30のマスがあり、各マスには平仮名が1つ入っています。その中から、問題に書いてある単語(全部で20個あります)を探して下さい。できれば指やペンで一文字ずつ指しながらやって下さい。


【注意点】
1.声を出しながらやるのも効果的です。

2.毎回時間を計って下さい。

3.やるごとに少しずつでもタイムが早くなるように頑張って下さい。

4.何度も挑戦しましょう。


次第に文字の場所を覚えていくと思いますが、それが頭の訓練になります。
できれば一日に3回、毎日やって下さい。



さぁ、準備はいいですか? さぁ、それでは始めましょう。

【問題】
次の20個の単語を、下の平仮名の表から探しましょう。

ふじさん、とけい、ぼうし、ひこうき、かばん、
こうえん、くるま、しんぶん、はさみ、りんご、
つくえ、みなと、めがね、やかん、うつぼ、
こんぶ、いりえ、めかぶ、ごぼう、つまみ



表はクリックすると大きくなります。
050826_単語探し.jpg


ランキングサイトでも、脳トレーニングおよび、脳の健康に関する記事が見つかります。

  こちらから ⇒ Blog Ranking






このブログのトップへ
posted by わくわく先生 at 17:15 | Comment(0) | 脳トレ−文字探し系
2005年08月24日

レザークラフトで脳の老化をぶっとばせ

 便利な世の中になり、編み物をしたり家の棚を自分で作ったりということも非常に少なくなりました。読者のみなさんには「便利になる=自分の体や脳が衰える」と考えて頂きたいと思います。逆に「不便・面倒=自分の体や脳を使う」ということになります。

 先のそろばんもそうですが、電卓やパソコンなどで計算ができることで自分の脳を使わなくなっています。交通網の発達で自分の足で歩くことが減っています。なんでもできあがったものを売っているので手作りが減り、自分で工夫をせずに脳に楽をさせてしまっています。

 楽しみながら脳や体を活性化させましょう。例えばレザークラフトレザークラフトとは革を主原料としたモノ作りのことです。革手芸、革工芸、革細工などと言い換えてもいいでしょう。色んなものが手作りで作れるのですが、できあがりを想像しながらモノを作ったり、手を動かしたり、段取りを考えたりで非常に頭を使います。レザークラフトでなくても、今欲しいモノは安易に買うのではなく、自分で作れないか一度考えて見ましょう。考えるだけでも十分に脳の体操になりますよ。

 実際に手作りを始めるとこれが楽しくなり趣味となることも非常に多いです。そうなればシメタもの。趣味として楽しく続けることが脳の老化予防になるのですから、こんなにいいことはありませんよね。



☆今日のお薦めサイト
ランキングサイトから「皮革研究社」で検索してみて下さい。このサイトには、革を使った手作り雑貨に関する記事が掲載されていておすすめです。


☆他にも健康関連の人気ブログを探すなら ⇒ こちらへ

ランキングサイトでは、「健康と医療」に関するサイトが
カテゴリ毎・人気順に掲載されているのでおススメです。 ⇒ コチラから






posted by わくわく先生 at 17:15 | Comment(0) | 頭(脳)の健康
2005年08月19日

本格焼酎で血栓をぶっとばせ

 焼酎はその製法によって、大きく2つに分けられます。連続式蒸留器で純粋なアルコールに近い無味無臭なお酒として造られるのが甲類焼酎、昔ながらの単式蒸留器で原料の風味を大切に造られるのが乙類焼酎です。乙類焼酎は日本に伝来して五百年に及ぶ歴史と伝統を有することから本格焼酎と呼ばれています。

この本格焼酎はビールなどの醸造酒に比べて体内でのアルコール分解が早い為、酔い覚めが良く二日酔いがしにくいお酒です。

その上、血栓症予防に効果があります。焼酎を飲むとウロキナーゼという酵素が血液中に増大します。ウロキナーゼというのは、納豆にも含まれる酵素で、血栓を溶かして血液の循環をよくする効果があり、血栓溶解剤として世界的に使用されている薬でもあります。

 赤ワインもそれに含まれるポリフェノールが血栓を防ぐ役割があるのですが、血栓溶解酵素を増やす働きが強いのは、実は焼酎の方なのです。

 焼酎を飲んで、つまみは納豆。これ血液サラサラコンビ。血栓をぶっとばしましょう。



            

☆今日のお薦めサイト
ランキングサイトから「おすすめ本格焼酎日記」で検索してみて下さい。このサイトには、焼酎関連の様々な情報が掲載されていておすすめです。


☆他にも健康関連の人気ブログを探すなら ⇒ こちらへ

ランキングサイトでは、「健康と医療」に関するサイトが
カテゴリ毎・人気順に掲載されているのでおススメです。 ⇒ コチラから




posted by わくわく先生 at 17:15 | Comment(2) | 身体の健康
2005年08月17日

料理で老化をぶっとばせ

 料理を作るということは実は非常に脳を刺激します。

段取りを考えることで脳が働きます。
常に手を動かすことで血流が良くなります。
切る、炒める、盛り付けるなどの繰り返しでも脳機能の一部が活性化します。


皆さんも100歳になろうかという高齢の方が、元気で料理をしている姿をテレビで見たこともあるでしょう。あれは元気だから料理ができるという点も確かにありますが、逆に料理をずっと自分でやってきたから健康を保つことができたということも言えるのです。

また、料理は色んな食材や調味料を組み合わせることで、自分のオリジナル料理を作ることができます。これはさらに脳を働かせることになるので、是非一度チャレンジしてみてくださいね。



☆健康関連の人気ブログを探すなら
 ⇒今、健康関連の人気のブログはこちらから探せます。

このサイトもおかげさまでランキング上位を維持しています。
ありがとうございます。わーい(嬉しい顔)

ランキングサイトでは、「健康と医療」に関するサイトが
カテゴリ毎・人気順に掲載されているのでおススメです。 ⇒ コチラから


posted by わくわく先生 at 17:00 | Comment(0) | 頭(脳)の健康
2005年08月15日

脳トレーニング5

 今日の課題はちょっと難しいですが、頑張ってチャレンジしてくださいね。

下記の画像には6×5の30のマスがあります。その一つ一つは、「進め」「止まれ」「注意」という言葉が入っているか、赤、青、黄色のいずれかで塗りつぶされたマスになっています。お気づきだと思いますが、交通信号を思い浮かべて下さい。赤は止まれ、青は進め、黄色は注意ですね。

 ということで、次のマスを左上から順番に読みかえていって下さい。

つまり、

 「進め」という文字が書かれたマスは「青」と読みかえて言う。
 「止まれ」という文字が書かれたマスは「赤」と読みかえて言う。
 「注意」という文字が書かれたマスは「黄色」と読みかえて言う。

逆に
 青で塗りつぶされたマスは、「進め」と読みかえて言う。
 赤で塗りつぶされたマスは、「止まれ」と読みかえて言う。
 黄色で塗りつぶされたマスは、「注意」と読みかえて言う。


【注意点】
1.職場でやってらっしゃる方は難しいかもしれませんが、できるだけ
  実際に声に出して言って下さいね。そのほうが遥かに効果があがります。

2.次の課題が出るまで、毎日やって下さい。

3.毎回時間を計ってやって下さい。少しずつタイムは上がっていくと
  思いますが、早くやることよりも正確に読みかえることを
  心掛けて下さい。


さぁ、準備はいいですか?それでは始めて下さい。

画像はクリックすると大きくなります。
050815_信号.jpg



ランキングサイトでも、脳トレーニングおよび脳の健康に関する記事が見つかります。

  こちらから ⇒ Blog Ranking
 



posted by わくわく先生 at 22:00 | Comment(0) | 脳トレ−読み替え系
2005年08月11日

そろばんで認知症をぶっとばせ

 いつか書こうとは思ってましたが、今回はそろばん脳の老化防止に、非常に効果があるというお話です。

 そろばんのトレーニングというのは脳を働かせるという意味では非常に効果的な方法です。

1.指先を細かく動かすことで脳の血流を増やします。
昔から手や指先を動かすことは脳に刺激を与えてボケないと言われています。これは科学的な実験からも明らかになっている通りです。

2.そろばんを覚えていく過程では左脳を使い、身につくと右脳を使う。
そろばん
はよく、右脳を鍛えると言います。確かにその通り、そろばんは右脳を活発に使います。また、そろばんを覚えていく過程では左脳も使いますので、脳をバランスよく鍛えることができます。

3.進級などで目標があることで継続しやすい。
脳の老化予防にとって一番大切なことが、継続することです。今、流行の計算や音読も、もちろん効果的なのですが、何よりも大切なのが継続することです。その点、そろばんは進級などの目標もあるので、継続しやすく、とてもおすすめなのです。


 実は脳の老化予防にとって、そろばんほど適したものはありません。
なかなか、そろばんをできる環境にない方も多いと思いますが、もし、そんな環境があるのなら、脳の老化防止のために、練習されることをおすすめします。

独学となると少し難しいですが、下記教材あたりで一度チャレンジされると良いかと思います。ちなみに、認知症を発症してしまった後でも、そろばんのトレーニングは症状改善に一定の効果があったという報告もされています。


   

ランキングサイトでは、「健康と医療」に関するサイトが
カテゴリ毎・人気順に掲載されているのでおススメです。 ⇒ コチラから


posted by わくわく先生 at 17:30 | Comment(0) | 頭(脳)の健康
2005年08月09日

筋トレで寝たきりをぶっとばせ

 厚生労働省の調べによると、日本人が寝たきりになる原因は、1位が「脳血管疾患」、2位が「認知症」、3位が「転倒・骨折」です。

 「脳血管疾患」の予防のためには食事や運動などの生活習慣を見直すことが大切です。「認知症」はこのサイトやメールマガジンでも取り上げているように、日頃から脳を使い、鍛えておくことが大切です。そして「転倒・骨折」も脳と同様に足の筋力を鍛えておくことが必要です。

 よく「老化は足からはじまる」と言われていますが、筋力の衰えと言う意味では的を得ています。20歳代に比べた時の60歳代の筋力の割合は、腕などよりも足の方が少なくなる割合が高いのです。

 転倒などを増やすためには、ある程度の筋力をつけておく必要がありますが、これはウォーキングなどの弱い運動ではあまり効果はありません。少し強度のある運動が必要になります。

 医学博士の久野譜也さんらの研究によると、転倒予防のカギとなる筋肉は「大腰筋(だいようきん)」という、腰の奥にある筋肉だそうです。ここをうまく鍛えることで、転倒を防ぎ、骨折などによる寝たきりを防げるとのこと。

 50歳からの若返り筋トレや、中高年からのらくらく筋トレ―太らない!転ばない!老けない!に大腰筋をうまく鍛える体操などが載っているので、是非、参考にして筋力の衰えを防いで下さい。

 ただ、ウォーキングは筋力維持と言う意味では弱い運動ではありますが、脳血管疾患の予防の意味では非常に有効な有酸素運動なので、現在ウォーキングをされている方は、是非続けていって下さいね。


ランキングサイトでは、「健康と医療」に関するサイトが
カテゴリ毎・人気順に掲載されているのでおススメです。 ⇒ コチラから


posted by わくわく先生 at 17:00 | Comment(0) | 身体の健康
2005年08月04日

脳トレーニング4

 大体、週に一度のペースで脳トレーニングの課題をお出ししていますが、今日も脳トレーニングの課題です。

 下記の画像には6×5の30のマスがあります。その一つ一つのマスの中に、じゃんけんのグー、チョキ、パーがそれぞれ一つずつあります。左上から順番に、このマスの中の手に勝つように、じゃんけんをして下さい。ただし、赤く塗りつぶされている枠の時だけは負けてあげて下さいね。30回のじゃんけんなので、ま〜5回くらいは負けてあげましょうよ。


 【注意点】
   1.必ず、ご自身で「じゃんけんポン」と言いながら一定のリズムでやって下さい。
   2.時間を計って下さい。
   3.これをこの一週間の課題としますので、毎日やって下さい。
   4.できるだけ毎日同じ時間にやって下さい。できれば朝一番がおすすめです。
     次第にタイムがあがっていくはずです。
   5.早くやることよりも、最初から最後まで一定のリズムでできるように心掛けて下さい。


さぁ、準備はいいですか。それでは始めてください。

画像はクリックすると大きくなります。
050804_じゃんけん1.jpg



ランキングサイトでも、脳トレーニングおよび脳の健康に関する記事が見つかります。

  こちらから ⇒ Blog Ranking
 


このブログのトップへ
posted by わくわく先生 at 17:45 | Comment(0) | 脳トレ−じゃんけん系
2005年08月03日

ワインで認知症をぶっとばせ

 ワインポリフェノール抗酸化作用については多く語られているところです。機会があればこのあたりのお話も一度述べたいとは思いますが、今回は実は
ワインはアルツハイマー病の予防にも効くというお話です。

 やはりワインに含まれるポリフェノールには、神経伝達物質アセチルコリンを減らさないようにする働きがあります。このアセチルコリン、記憶や認知能力に関係し、アルツハイマー型の認知症に影響を及ぼすと言われています。

 よくワインは赤が健康には良いとされますが、アセチルコリンへの作用という意味では、赤でも白でもロゼでも同じ効果があります。

 しかし、何事も過ぎたるは及ばざるが如し。飲みすぎはNGです。一日にワイングラス1杯が目安になります。

 適度にワインを飲むことで認知症もぶっとばしましょう。

バナー 10000019

☆今日のお薦めサイト
ランキングサイトから「日々のワイン蔵」で検索してみて下さい。このサイトでは、様々なワインやその感想が掲載されていておすすめです。


☆他にも健康関連の人気ブログを探すなら ⇒ こちらへ

ランキングサイトでは、「健康と医療」に関するサイトが
カテゴリ毎・人気順に掲載されているのでおススメです。 ⇒ コチラから


posted by わくわく先生 at 22:00 | Comment(0) | 頭(脳)の健康
2005年08月02日

旅行で老化をぶっとばせ

 同じことをするにも、色々と意識的に頭(脳)や身体を使うことで老化の進行を遅らせたり、若返ったりすることができます。
 例えば、旅行。子供たちは夏休みに入ったので、ご家族またはお友達との旅行を計画されている方も多いのではないでしょうか。

   安易にパッケージ旅行に頼ったりしてませんか?
   丸一日、観光バスで周遊するコースを安易に選んでませんか?


 そうではなくて、自分で地図を見て、自分で企画して、自分で調べる旅行で本来の旅の楽しみを満喫しませんか? 脳も使い、身体も動かし、楽しむことで心が躍る。こういう旅行は、印象にも残り楽しい旅行となること間違いなしです。

 行きたいと思ってる場所がなければ、一緒に行きたい人と色々調べる。今はインターネットでも色々な情報が集められますし、国内格安旅行ガイド―お得な『きっぷ』完全利用術 (2005)とか、国内旅行の裏ワザ・隠しワザ―お得!充実!の超実用本などの本は色々と裏技的なことも載っているので、調べることには事欠きません。行きたい場所が見つかれば、その場所の色んなこと(文化的背景、歴史的背景など)を調べたりして、どういう順番で行くかを考える。もちろん時間の制約もあるでしょうから全部を見て回ることは難しいと思いますので、優先順位をつける。どういるルートで行くのかを考えたり、どういうところに泊まりたいかを考え、そういうところを探す・・・等々、やることはいっぱいありますが、そこで色々と頑張れば、旅行の楽しさは間違いなく増大します。国内No.1の宿泊予約サイト「楽天トラベル(旅の窓口)」や、近畿日本ツーリストの『楽宿(らくやど)』など、ネット上でも色々と調べられます。私なんかは色々と見てるだけで旅行気分になり幸せになってきますけど・・・。

 また、旅行は移動が多くなるので必然的に足腰を鍛えることにもなります。楽しさが心の健康に寄与します。連れて行ってもらう旅行ではなく、自分で企画する旅行は心にも、身体にも、頭(脳)にも良い刺激を与え、老化を遅らせることに役立ちますよ。楽しみながら老化をぶっとばしましょう



☆今日のお薦めサイト
ランキングサイトから「e-旅ブログ」で検索してみて下さい。このサイトには、旅行に纏わる様々な話題や情報が掲載されていておすすめです。


☆他にも健康関連の人気ブログを探すなら ⇒ こちらへ

ランキングサイトでは、「健康と医療」に関するサイトが
カテゴリ毎・人気順に掲載されているのでおススメです。 ⇒ コチラから



旅館トップ  



posted by わくわく先生 at 22:00 | Comment(0) | 全般
2005年08月01日

ウコンで老化をぶっとばせ

 肝臓に良いとされ一躍有名になったウコンですが、それ以外にも実に様々な効用が認められています。

 ウコンには大きく、春ウコン秋ウコン紫ウコン(ガジュツ)の3種類があります。

 春ウコンには、肝機能強化二日酔い防止などの肝臓への効用のほか、体に対して有害な活性酸素を除去する抗酸化作用があり、殺菌や抗菌作用に留まらず、免疫力を高める働きがあり、老化予防にも効果があります

 秋ウコン肝機能強化に加え、高血圧症高コレステロールに効くとされ、紫ウコン(ガジュツ)は胃を浄化し糖尿にも効用があります。

 ここにウコンの抗酸化作用について図入りで記述されている興味深い研究が掲載されていますので、興味のある方はご覧になってください。

 沖縄の人たちはブームになる以前からウコンを日常的に利用していましたが、長寿の秘訣がウコンにあるのではないかと研究をしている学者さんもいるようですね。

 実は、私の妻も、以前仕事が忙しかった時にウコンを飲んでいて、普段疲れていない時に飲んでも実感はなかったようですが、疲れている時のウコンの効果は抜群だったと言っていました。老若男女問わず、様々な効用があるようですね。


ランキングサイトでは、「健康と医療」に関するサイトが
カテゴリ毎・人気順に掲載されているのでおススメです。 ⇒ コチラから









posted by わくわく先生 at 21:15 | Comment(0) | 身体の健康
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。