☆ 総合案内(そろばん式脳トレーニング教室/そろばん教室)
  ⇒ WakuWaku@Soroban/川西珠算学院

☆ 初めての方はお読み下さい
  ⇒ 当ブログの脳トレーニングについて
  ⇒ 当ブログの脳トレーニングをご利用される方へ

☆ そろばん教材ダウンロード
  ⇒ コチラから

☆ そろばん式脳トレーニングの本
  ⇒ そろばん式 脳トレーニングBOOK

  ⇒ 脳がどんどん若返るそろばん不要のそろばん式トレーニング

2005年06月30日

認知症と健忘症

 健忘症認知症は厳密には違います。健忘症は主に老化現象から現れるような物忘れで、加齢により脳の働きが低下したことで起こります。また最近はパソコンやゲーム、テレビの見過ぎ等の要因で、若くしてなる若年性健忘症なども増えています。

 健忘症では忘れたことを自覚でき、認知症では忘れたこと自体を自覚できません。分かりやすい例で言うと、健忘症では昨日の夕食を食べたことは覚えているが、何を食べたかは思い出せません。認知症では夕食を食べたこと自体を覚えていません。
 ただし、「健忘症=ただの物忘れ」と安易に考えてはいけません。物忘れがどんどん進行していくのも、認知症の特徴だからです

 さて、昨日の晩御飯は何でしたか?思い出せますか?
毎日の夕食時に昨日の晩御飯が何だったか思い出してみましょう。
また、今日の夕食のメニューを明日言えるように意識して覚えましょう。
それだけでも、ちょっとした脳の訓練になりますよ。


ランキングサイトでも「認知症や健忘症」に関する記事が見つかります。

  こちらから ⇒ Blog Ranking




posted by わくわく先生 at 00:00 | Comment(0) | 頭(脳)の健康
2005年06月29日

記憶力の低下を感じたら・・・

 認知症は大きく分けて「脳血管性認知症」と「アルツハイマー型認知症」があるというお話は前回した通りですが、脳梗塞や脳出血などの病気や、高血圧、糖尿病などで脳の血管が障害を受けたことが主な要因となるのが「脳血管性認知症」です。一方、「アルツハイマー型認知症」は、原因がはっきり特定されているわけではありません。脳が病的に萎縮することで起こります。また近年は、アルツハイマー病の発症割合が増えてきています。

 医学的な療法は他のサイトや専門の医師にお任せするとして、このサイトでは予防のための日々の活動に焦点を当てています。脳は身体の筋肉と同じで鍛えれば必ず機能がアップします。だからこそ、物忘れや記憶力の低下を感じ始めたらなるべく早く、このサイトで取り上げるようなことを取り入れて、脳の訓練を始めてみましょう。訓練しなければしないほど、認知症などのリスクは高まるのですから・・・。


ランキングサイトでは、「健康と医療」に関するサイトが
カテゴリ毎・人気順に掲載されているのでおススメです。 ⇒ コチラから


posted by わくわく先生 at 00:00 | Comment(0) | 頭(脳)の健康
2005年06月28日

女性に急増中 認知症での要介護

 シニアの皆さんが老後を考えたときに真っ先に心配なのが、寝たきり認知症のようです。認知症とは2004年から使われだした言葉で、それまで「痴呆症」と呼ばれていたものです。日本は世界一の長寿国となりましたが、認知症の患者さんも増えていて、残念ながら認知症が原因で要介護となる人が年々増えています。できるだけ多くの人がいつまでも健脳(健康な脳)を維持できればと願っていますが、この認知症に対しての正しい知識を身につけておきましょう。

 認知症とは、「脳や身体の疾患を原因として、記憶・判断力などの障害がおこり、普通の社会生活がおくれなくなった状態」と定義されています。普通の物忘れとは違い、病気の一つであり、症状が進行します。また自覚症状がないという特徴も挙げられます。様々な原因が考えられるのですが、大きくは「脳血管障害タイプ」と「アルツハイマータイプ」に分けられます。

 次回以降ではもう少し詳しく見て行きましょう。


ランキングサイトでは、「健康と医療」に関するサイトが
カテゴリ毎・人気順に掲載されているのでおススメです。 ⇒ コチラから


posted by わくわく先生 at 00:00 | Comment(2) | 頭(脳)の健康
2005年06月27日

介護する側の心の健康

 私事ですが、先月実父が亡くなりました。6年間の闘病生活でずっと介護が必要な状況でした。そういう実経験から、身体と頭(脳)と心の3つのバランスの取れた健康を維持し、介護が不要なまま一生を終えることができることがどれだけ本人にとっても、家族にとっても幸せかという強く感じています。

 ということで、今日は介護をする側のことについてのお話。介護をする側が倒れてしまっては、元も子もありません。身体の健康もそうですが、ありがちなのが、気持ちが滅入ってしまい、心のゆとりがなくなってしまうこと。こうなると介護する側、される側に色んな問題が出て悪循環になりがちです。

 ポイントは「生活の100%全力で介護」というのではなく、70〜80%で頑張るということに尽きるような気がします。100%となれる方はそれは立派だと思いますし、そうできるならばそれに越したことはないかもしれませんが、気持ち的に余裕が少なくなってしまいます。なので、1週間に1〜2回は自分の趣味のための時間を持ったり、相談相手を持ったり、施設(ショートステイやデイサービスなど)をうまく活用して、心のゆとりをなくさないように心がけて下さい。そうすることで介護される方への思いやりも増して、双方共に良い状態が続きます。特に介護期間が長くなればなるほど、うまく付き合っていくことが大切です。介護される方の為にも、上手に心の健康を維持しましょう。


☆今日のお薦めサイト
ランキングサイトから「介護日記」で検索してみて下さい。このサイトでは介護する側の生の声が掲載されていておすすめです。


☆他にも健康関連の人気ブログを探すなら ⇒ こちらへ

ランキングサイトでは、「健康と医療」に関するサイトが
カテゴリ毎・人気順に掲載されているのでおススメです。 ⇒ コチラから


posted by わくわく先生 at 00:00 | Comment(0) | 心の健康
2005年06月26日

カレンダーを使った脳の体操

 みなさんのお宅のカレンダーは色々な書き込みができるタイプでしょうか?
もし書き込みができるタイプならこれを利用して脳を刺激してみましょう。

 まず、色々な予定(趣味、仕事、遊び、お友達との約束など)を一か月分書いてみて下さい。そしてそれぞれの分類に応じて色ペンなどで該当する日に印をつけていきます。(例:趣味が青、仕事は赤、約束は黄色など)

 それを一日一回、次のような色々な角度から覚えようとしてみましょう。

◎色別(分類別)で該当する日数が何日あったのか。

◎その色(分類)は、具体的にはどの日だったか?(複数あれば全て)

◎全ての色の全ての用事を合わせると何個あったか?

◎その予定は具体的に何だったか?

など。

どういう角度で覚えようとされても構いません。実際に覚えることができるかどうかよりも、一番大切なのは覚えようとして頭を働かせることです。
また、何か予定が空いてるか聞かれた時などに、その日が空いていたかどうかを、まずは頭の中で、どうだったかを思い出してみて下さい。手帳やカレンダーを真っ先に見るのではなく、どうだったかな?と考えてから手帳やカレンダーをチェックしましょう。

こうした普段の心がけが案外、脳のトレーニングになりますよ。


ランキングサイトでは、「健康と医療」に関するサイトが
カテゴリ毎・人気順に掲載されているのでおススメです。 ⇒ コチラから


posted by わくわく先生 at 00:00 | Comment(0) | 頭(脳)の健康
2005年06月24日

手紙を書く

 介護保険関連の記事ではトラックバックを頂きました。このサイトでは、「いつまでも健康で介護保険など必要ない」という状態を目指した情報発信をしてますから、介護保険の詳しい内容などは、斜め読み介護ニュースなどのサイトでご覧になって下さい。

 さて、今日は手紙を書くということを取り上げたいと思います。このサイトをご覧になっている方であれば、メールも使いこなしてらっしゃる方が多いと思います。メールって便利ですよね。ただ皮肉なもんでメールやインターネット、パソコンが使いこなせるようになるまでの過程では新しいことを覚えようとすることによって、脳は活発に働きますが、完全に自分のものにしてしまった方にとっては、逆に手紙なんかを書くほうが良い場合があります。メールだと途中から何度でも書き直しなどができますが、手紙だとじっくりと時間をかけて推敲したりすることで前頭前野の働きが活発化します。絵を入れたりするのもいいですし、季節の言葉などを書くことでも、脳がそういう状況を認識しようと働きます。また、特に手指が動くのが非常に良いのです。そろばんも脳と指先を動かすので、脳が活発に動きます。
 さらに、手紙ですませるだけでなく、状況が許せば、直接その相手に会いに行くのが全てにおいて効果的にです。人に会うということで脳はある程度の緊張を持ちますし、会いに行くための道順を調べたりで脳を使います。行くときは車ではなく、電車や歩きで行くと身体の運動にもなります。さらに先方と会って、楽しいお話ができれば心も満たされます。歳を重ねるにつれ、家に引き篭りがちになる方が多いのですが、引きこもってしまうことでの鬱病などが発症することも多いのです。
 さぁ、懐かしい人に手紙を書いて見てください。会う約束をして実際に会ってみて下さい。それだけで心も頭(脳)も身体も健康的になれますよ。くれぐれも道中は気をつけていってらっしゃい。


☆今日のお薦めサイト
ランキングサイトから「ケア情報バンク」で検索してみて下さい。このサイトでは、介護保険改正や介護予防に関連した民間や行政の動向をわかりやすく伝えていておすすめです。


☆他にも健康関連の人気ブログを探すなら ⇒ こちらへ

ランキングサイトでは、「健康と医療」に関するサイトが
カテゴリ毎・人気順に掲載されているのでおススメです。 ⇒ コチラから


posted by わくわく先生 at 00:00 | Comment(0) | 全般
2005年06月23日

改正介護保険法成立

 改正介護保険法が成立しました。高齢化で給付金が増加していくことに一定の歯止めをかけようとの目的で、現在の利用者の負担は基本的には増えることになります。また予防給付が導入され、現時点ではまだ軽度の要支援認定の方に対して、筋力トレーニング、食事指導、口腔ケア(口内を清潔に保ち病気を防ぐ)の3種類がメニューとして用意されます。

 今後はさらに給付が抑制され、自己負担が増えていくことが予想されます。
このサイトは「介護保険をぶっとばせ」という過激なタイトルが付いてますが、介護保険のお世話にならなくてよいように予防をしっかりしていく為のヒントをみなさんにご提供しています。もちろん介護保険は、制度としてあるのですから、使う必要が出てくればもちろん使うべきですが、今後、自己負担もさらに増える可能性が大きいことを考えるといつまでも健康を維持して使わずに済むのが最も幸せな状況には違いありません。

 予防というのは本当にやらなければやらないで済んでしまいます。特に、今、具合が悪くなければ、面倒なだけに見えてしまいます。でも、予防に勝る治療はありません。さぁ、今日から。そう、今から。思い立ったその時から、予防になるような何かを始めてみましょう。


☆今日のお薦めサイト
ランキングサイトから「介護日記」で検索してみて下さい。このサイトには、老健施設の実態と介護保険の利用価値などの生の声が掲載されていておすすめです。


☆他にも健康関連の人気ブログを探すなら ⇒ こちらへ

ランキングサイトでは、「健康と医療」に関するサイトが
カテゴリ毎・人気順に掲載されているのでおススメです。 ⇒ コチラから


posted by わくわく先生 at 00:00 | Comment(0) | 全般
2005年06月22日

昼寝(仮眠)のススメ

 みなさん、昼寝の習慣がアルツハイマー病の発症リスクを低下させることをご存知でしょうか。国立精神・神経センターの研究・発表によると、30分間の規則的な昼寝を続けると、発症の危険性は5分の1にまで下がるそうです。また、アルツハイマー病の発症リスクを高める因子として知られているアポリポ蛋白E4遺伝子を持つ人も,定期的な昼寝によって発症リスクは低下していたとのこと。
 ただし、これは非常に重要なことですが、昼寝は30分以内にして下さい。別にいじわるで言ってる訳ではないですよ。1時間以上の昼寝だと逆に発症リスクが2.6倍に高まることも併せて報告されています。また1時間以上の昼寝となると、眠りが深くなって寝つきが悪くなったり、睡眠のリズムが乱れてしまいます。ポイントは熟睡ではなく、あくまでも仮眠というレベルの昼寝をすることです。 わざわざ布団を敷いてカーテンを閉めて・・・なんていうのは避けましょう。目覚まし時計をかけて必ず30分以内に起きれるようにしましょう。
 時間的にはちょうど眠くなる午後1時〜2時くらいがいいようです。また、週に3回程度は行い、習慣化することが大切なようですね。

 昼寝するだけでアルツハイマーの予防になるなら、今からでもお休みになりますか? でも目覚まし時計のセットはくれぐれもお忘れなく。


ランキングサイトでは、「健康と医療」に関するサイトが
カテゴリ毎・人気順に掲載されているのでおススメです。 ⇒ コチラから


posted by わくわく先生 at 00:00 | Comment(0) | 頭(脳)の健康
2005年06月20日

歩く

 初回なのでこのサイトの趣旨を簡単にご説明しておきましょう。
 昨今、ちょっとした健康ブームでフィットネスクラブなどはシニア会員も増えています。また脳トレーニングもちょっとしたブームになっていて、本屋に行くとそれ関係の書籍が山積みになっています。人間が幸せに生きていくための健康とは、身体と頭(脳)と共に心の健康も欠かせません。この3つのバランスの取れた健康を維持し、楽しく充実した毎日を送るための情報をご提供したいと考えています。

 初回の今回は歩くということ。みなさん歩いてますか?うちの近所の85才になる方は毎日リュックサックに2kgのオモリとスケッチブックを持って、近くの公園(歩くと片道20分程度)まで歩かれています。そこまでとは言いませんが、今まで車で行っていた所は電車や自転車で、自転車で行っていたところは歩いて行ってみましょう。面倒かもしれませんが、普段の生活の中で身体を動かせるならば、そんなに良いことはありませんよ。わざわざお金を出してフィットネスクラブに歩きに行かなくても、普段の生活の中で身体を動かすことを是非考えてみて下さい。


 今回取り上げた内容は言い古されたあたり前の事柄ですが、当たり前のことを当たり前に実行することの大切さを再認識して頂きたいと思います。
 身体、頭(脳)、心の健康をいつまでも保ち、楽しく充実した日々を送るために、一番有効なのは悪くなってからの対処療法的なものではなく予防です。しかしこの予防はいつからでも(もちろん今からでも)始められることなのですが、実際に元気なうちはなかなか始められないものです。せっかくこのサイトに訪れて頂いたあなたなのですから、このサイトで取り上げていくことで、できそうなものはすぐにでも(そう、今からですよ)、心がけ、実践してみて下さい。

 次回以降は当たり前の事柄だけでなく、みなさんにできるだけ有益な情報をご提供できればと考えていますので、今後ともこのサイトを宜しくお願いします。


ランキングサイトでは、「健康と医療」に関するサイトが
カテゴリ毎・人気順に掲載されているのでおススメです。 ⇒ コチラから


posted by わくわく先生 at 00:00 | Comment(0) | 身体の健康
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。